新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

ユーリン・ホームNews 3

ラガーマン

こんにちは。

今週の水曜日も事務仕事日和なので
午後から頑張ろうと思う千です。
午後からかいっ!
事務所で一人で楽しく仕事しています。
ラグビーのこと、書こうかなぁと思っていたら
今回のW杯で日本でもラグビーが盛り上がり、
本当に良かったなぁと思っています。
盛り上がったので
高校ラグビーや大学ラグビーも
またTV放送してくれるかなぁと期待。
昔はお正月にしていたのに、
最近はあまりしてくれなくなっていたので。
TV放送が減るとともに、あまり見なくなっていて
今回の代表選手の中で分かったのは五郎丸選手ぐらい。
高校ラグビーのときに見ていて、
変わった苗字だったので覚えていました。
当時からキックの上手な選手だなぁと思っていましたが、
気が付けば代表入りして、大活躍。
若かったあの子が...と、遠い親戚のおばちゃんのような気持ちでした。
弱かった日本のイメージしかなかったおばちゃんには、
今回の3勝は、天変地異のような出来事。
ラグビー人口が増えて、
岡山でも授業でラグビーをするようになればいいなぁ。
ラガーマン、格好いいです。
ラガーマンと付き合いたいと思ってたけど、
実現できなかったなぁと、どうでも良いことを思い出したり、
早明戦を見に行ったことを懐かしく思ったり
あぁ、平尾誠二さんも年やなぁとTV見てしみじみ感じたり
いろんなことを思ったW杯でもありました。
それにしても、今まであまり注目されていなかったのに、
急にこんなになるなんて、マスコミの報道が
ちょっと過剰すぎるような気も。
一過性のものでなく、もう少し抑え目にして
長く続いてほしいなと願っています。

カテゴリ

頑張れニッポン!!!

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

最近、気ぶっせいな事が多い中
日本ラグビーがワールドカップ
予選ラウンドで3勝1敗
残念ながら決勝ラウンドには
進出できませんでしたが
『最強の敗者』はひとつの称号でしょう。

日米戦をユーチューブを見ていると
イギリス国民の日本への肩入れもすごかった。

「JAPAN・JAPAN」で見ている方が面映い感じでした。

予選ラウンド初戦で日本が
南アフリカに勝った試合の
ヨーロッパ世界に与えたショックは
日露戦争で日本が勝利し
欧米先進国に与えた衝撃に
等しいと思いますね。

勝ち方が僅差であり
攻めの姿勢が勝利をもたらしたことも
日露戦争と日本・南アフリカ戦とは
似ているような気がします。

しかし
期待過剰傾向の強い日本人に対して
日本のラグビーチームは
重責を担ってしまいました。

              頑張れニッポン!!!

ラグビーチームの帰国記者会見を見ていてそう思いました。


カテゴリ

いい加減な塗装屋

こんにちは。

連休明け、何だか眠たい千です。
ガマさんは元気ないし。
今日は、事務仕事したり、
現場行ったり、お客様とお話したりしていたら
時間があっという間に終わってしまいました。
これからまた現場です。
リフォームのお話、有難いです。
さて、今日は本当に頭にくることがありました。
ネタにしていいよ、というので書くけど、
従姉妹の家の外壁工事。
県外に住む従姉妹はこのたび
塗り替えをしたらしいのですが、
聞けば聞くほど腹立たしい。
151013.jpg
玄関や車にペンキ飛び散ってそのまんま。
とか
トタン屋根と瓦屋根とあり、
きちんとした説明もないまま
トタン屋根だけ塗って終わり
とか。
来ると言った日に入らない
とか。
途中経過を聞きながら、
まぁ、天気が悪かったら入れないから、とか
年配の人だから、アバウトなんかなぁ、とか
言ったり思ったりしていたけど、
本当にいい加減な塗装屋さん。
同じ業種の人間として、もっとちゃんとしてよ、
と言いたくなります。
車についたペンキはどうしたらいい?と聞かれたので、
うちの塗装屋さんに確認。
シンナーでふいたらクリアの塗膜が痛むから
シンナーでふいたらダメ。
粘土で地道に落とすしかないけど、大変だから
車屋さんに落としてもらってお金を請求した方がよい、
と言われたので、そのまま伝えていたのですが、
結局、シンナーでふかれたっぽい、とか言うし!
うちの塗装屋さんは、
「車に養生もせずに塗装するような塗装屋なら
シンナーでふくだろうからなぁ」
と言っていたけど、まさにその通りになり、
もう~という気持ちです。
従姉妹が怒ってないから私が怒ることもないのですが、
歯がゆいですねぇ。

カテゴリ

笹塚の大國家

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

私は大学生の頃
中野区方南町に住んでいて
京王線笹塚駅を利用して
御茶ノ水の中央大学に
通学していました。

(時々でしたが・・・)

daikokuya.jpg

その笹塚駅近くに
大國家という居酒屋があり
神谷君と一緒に
呑んだものでした。

その大國家が
先日テレビで
紹介されていました。

私たちが呑みに
行っていたのは
45年前後前のことで
もう少し薄汚れていたような記憶があるのです。

それに今は
老姉妹が接客をしておられるようですが
当時は中年の板前さんが
注文を聞いて肴も出しておられました。

それにしても懐かしく
今日はブログに
そのことを書こうと
思っていました。

会社に来てみると
小林君がメールで
神谷君の訃報を
知らせてきていました。

10月4日に亡くなったとのことでした。

昨年の8月に
同窓会で会い

1kafeteria1.jpg


昨年の11月に
神谷君・小林君・
益田君で来岡し
今年の5月に
神田祭りに行き
これからも逢えると
楽しみに
していただけに
心の底から
残念です。

東京も
遠くなりました。             

              今年の5月御茶ノ水のカフェテラスにて・・・          

カテゴリ

トート・タロット

こんばんは。

3連休は仕事半分、遊び半分だった千です。
今日は午前中、現場打ち合わせ、
その後、お客様と打ち合わせ。
午後からは、友だちが遊びに来て
2時間ぐらいしゃべって帰っていったのかな。
いつまででもしゃべっていられる感じでした。
昨日は、タロットの4講座目のスタートでした。
1講座が半年で1年半が終わり、次の半年が始まります。
151012.jpg
ウェイト版から
トート・タロットへ。
カードが変わり、
意味も若干変わってくるそう。
プロの方はほとんどこちらの
トートのタロットを使われているとのこと。
カードからくるインスピレーションが違う、と
先生はおっしゃっていましたが、
さてそこまで感じられるようになるのは
いつのこっちゃ。
とりあえず、毎晩寝る前に1枚ずつひくように、
と教わりました。
分からないながらも、ワクワクしています。

カテゴリ

今朝の編集手帳

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

今朝の読売新聞朝刊の編集手帳。

◆――略――思い起こされるのは、今年6月に文部科学省が出した国立大学の組織見直しを求める通知のことだ◆教員養成系と人文社会科学系の学部・大学院に対し、「組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換」を求めていた。これには、経団連までが、「大学には人文社会系を含む幅広い教育が必要」と声明を出した◆当時の下村文科相は、「誤解を与える表現だった」「人文系の廃止まで言ったわけではない」と釈明した。文系学部の存亡にかかわる話が、あまりに軽く扱われていたのではないか

制度改革に対して
一括で絶対反対の論調が
気にかかりました。

戦前
日本海軍は画期的な戦術を考案していました。
航空母艦と潜水艦と航空機による一体的な攻撃です。

この戦術により
パールハーバーでは米軍戦艦を沈没座礁させ
マレー沖海戦では
英軍のプリンスオブウェールズとレパルスの
2戦艦を瞬時に撃沈しました。

この結果
米海軍は日本の戦術を取り入れましたが
日本海軍は相も変わらずの
大鑑巨砲主義にとらわれていて
大和・武蔵を建造していました。

源田実という人がいました。

戦中は航空参謀で
戦後は参議院議員になった人です。

この源田氏が戦後
日本海軍が大鑑巨砲主義から抜けられなかった理由を
尋ねられたことがありました。

「水兵がたくさんいましたから・・・」

また
日本の英語では
読本と文法偏重教育のために
中高6年間も学びながら
英会話ができない点を
欠点とされています。

変革の是非を問われた時に文部省は
「読本と文法を教えている英語教師が
たくさんいますので・・・」と
答えたといいます。

幕末の維新が成功し
近代国家が成り立ったのは
武士階級が自分たちの身分を否定したから・・・
そして
四民平等をうたったからだと考えています。

変革の時には誰がが痛みを味わうのです。

それが
維新から70~80年経過すると
もう変革ができない民族になってしまっていた。

それは
他者に対する日本人の優しさかもしれません。

しかし
「組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換」を求めることが
頭から否定されるほど悪いことなのでしょうか・・・。

今朝の編集手帳を読んで
考え込んでしまいました。

カテゴリ