新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 2016年2月

「お」 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

奥さんと外食をして
定食を注文したとき
私は必ず尋ねます。

「ご飯のお代りはできますか?」

奥さんは(また聞いている・・・)と
鼻先で笑っています。

しかし
私がご飯のお代りを尋ねるのは
2杯以上食べたいからではなくて
お茶碗に一粒のご飯も残っていない様に
お茶碗をお茶で漱(すす)ぎたいからなのです。

そのためには
一杯のご飯では残った量が少なすぎ
二杯目のご飯をお茶漬けにして
「香の物」で締めるのが良いのです。

ご飯は「お米」を炊いたものです。

そして 私は
「お米」は お百姓が
八十八回もの苦労を重ねて
収穫したものだと教えられて
育ってきた年代です。

私が京都育ちだから
そう言う言い回しが
残ってかもしれませんが
私の小さな頃には
食べ物に「お」を付けて
呼んでいました。

「お魚」「お肉」「お野菜」「お豆腐」
エトセトラ・・・エトセトラ・・・。

だから 今でも ついつい
「お」を付けて言ってしまいます。

「お父さん 今日の晩御飯・・・何が欲しい?」

ごく自然に
(オナベ)
と答えようとして
「鍋!!!」
と大きな声で返事をしました。

(オナベ)だと 湯気が
ホモ・セクシュアルな匂いになりそうです。

カテゴリ

和製漢字(国字) 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

私の朝食は昔からコーヒーとトーストと決まっていましたが
朝 血圧の薬を飲むようになってから
奥さんが白湯(さゆ)を湯呑みに入れて
出してくれるようになりました。

yunomi1.jpgそれが このお寿司屋でもらったような湯呑みです。

6×8の48の魚の名前が書いてあります。

この魚の名前の漢字はほとんどが国字です。

国字というのはというのは日本で作られた和製漢字です。

鰆(さわら)・鰍(かじか)・鮗(このしろ)

魚編に夏という字が無いのが残念です。



......................................................

yunomi2.jpg

湯呑みの中には
鮃(ひらめ)・鮭(さけ)・鯒(こち)
鯱(しゃち)・鯰(なまず)・鰯(いわし)
鰤(ぶり)・鰰(はたはた)・鱈(たら)
鰹(かつお)・鱚(きす)・鯛(たい)
鯉(こい)などの文字も見えますが
読めない魚の文字もあり
日本人と魚との関わりの深さが
よくわかります。



...............................................................

yunomi3.jpg

和製漢字といえば
「嬶(かかあ)」という字も国字です。

「嬶」の成り立ちは知りません。

国字で美しい文字といえば
「躾(しつけ)」と「働(はたらく)」でしょう。

人が動くと書いて「働」で
「はたらく(はたを楽にする)」と読む。

身を美しくと書いて「躾」も美しい文字です。

いかにも日本人らしい発想の文字です。

カテゴリ

テッセイ

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

「テッセイ」という会社があります。

以前の名称は「鉄道整備株式会社」といって
新幹線車輛の掃除の会社です。

『子ども連れの母親にこんなことをいわれたことがありました。
「親のいうことを聞かないと、あんな人になるのよ」』

『私の両親は私がどこで働いているかを他人には言いませんでした。
娘が清掃会社で働いているのは恥ずかしいことだ、と考えていたからです』

従業員がこのような意識の会社に矢部輝夫氏が
取締役経営企画部長に就任されました。

「どうせ行くなら、楽しい会社にしたい」と
矢部氏は思うことにしたそうです。

「自分たちはしょせん清掃スタッフ」という意識が
従業員の中には蔓延していました。

「失礼だがみなさんは、社会の川上から流れ着いて今、テッセイという川下にいる。
でも、川下と卑下しないでほしい。みなさんがお掃除をしないと新幹線は動けないのです。
だから、みなさんは、お掃除のおばちゃん、おじちゃんじゃない。世界最高の技術を誇る
JR東日本の新幹線のメンテナンスを、清掃という面から支える技術者なんだ」
           (『奇跡の職場 新幹線清掃チームの"働く誇り"』矢部輝夫著、あさ出版)

こうして一人が一車輛を7分で清掃する奇跡の会社ができあがりました。

tessei.jpg

今 この「テッセイ」という会社が
ハーバード大学の教材として
使われているらしいのです。

キリスト教ではイブが禁断のリンゴを食べ
アダムと一緒にエデンの園から追放されて以来
男は日々の糧の為に「労働」を強いられ
女は出産の時に「陣痛」を伴うようになりました。

「労働」も「陣痛」も英語ではレイバー(labor)です。

「労働」や「仕事」は「陣痛」と同じように苦痛なのです。

..................................................................................................................

『テッセイの従業員は皆、情熱を持って仕事をしている。それはお金のためというよりは、
「人のために役立っているのが楽しい」と感じているからである。
3K(きつい、汚い、危険)と呼ばれ、一般的には敬遠されるような職場で、
やりがいを持って仕事をしている。それこそがまさに「奇跡」なのだ』

「人のために役立っているのが楽しい」
という労働観を持っている民族は世界の中でも
日本人ぐらいしかいないのではないでしょうか。

漢民族や朝鮮民族は
額に汗して働くことを卑しいと思い
欧米の高官が自分で椅子を動かしただけで軽蔑し
テニスをする高官を見て
何故好んで汗をかくようなことをするのか
疑問に思うような民族です。

私が住宅会社を創ったのも
「家を建てる人が幸せな人生を送れるように・・・」
微力ながら
その一助になれればという気持ちがありました。

今でも
その気持ちに
変わりはありません。

ハーバードを席巻するテッセイ
『とにかくテッセイは人々を感動させるすごい事例になっています』
(ハーバードでいちばん人気の国・日本 佐藤智恵著、PHP新書)

カテゴリ

ハーバードでいちばん人気の国・日本 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

『ハーバードでいちばん人気の国・日本』
を読み終わりました。

倫理を教えるニエンハ・シェ准教授
「世界にはほかにも長い歴史をもつ国があります。でも考えてみてください。
世界最古の会社はどの国にありますか。日本です(筆者注:金剛組、578年創業)。
日本の企業史は世界で最も長いのです。これほどビジネスの歴史を学ぶのに
適した国はありません。アメリカ式ビジネスが永遠に主流であるとは限りません。
ビジネスには盛衰があります。歴史から学ばないと未来に対応できない。
そのために日本の歴史が世界に教えられることはたくさんあるとおもいます」

金融史を教えるデビット・モス教授
「日本はとてつもない力を秘めた国です。政治システムも安定しています。
経済状態が悪くなっても、暴力的な事件や、暴動が起きるわけではありません。
日本がいかに平和で安定しているかというのは、経済問題を抱える他国と
比較してみればよくわかります。日本は『平和で安定した国家をつくる』という
偉業に成功した国なのです」

日本では「失われた20年」と言われ
経済成長のないバブル崩壊後の時代を
否定的にとらえていますが
その20年の間でもインフラは整備され
荒れ果てたビルや崩落しそうな橋はありません。

それは
日本人の物を美しくしようという意識の賜物です。

日本という国の財産は日本人なのです。

この本を読んで
まだまだ書きたいことがあるのですが
今日はここまでにしておきます。

カテゴリ

世界に比類なき日本文化 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

ichibannnihonn.jpg

『ハーバードでいちばん人気の国・日本
なぜ世界最高の知性はこの国に魅了されるのか
(佐藤智恵 著・PHP新書)』

『英国記者が見た 世界に比類なき日本文化
(ヘンリー・S・ストークス 加瀬英明 著・
祥伝社新書)』

2冊の本が届きました。

今回は日本を外から見てみようと考えました。


.......................................................................................................................................

〇ハーバードの【帯】
日本はとてつもない力を秘めている。
日本の人々が思っているよりも、
はるかに日本経済は強い。
           デビット・モス教授

  学生たちを心から感動させた
白熱講義で何が教えられているのか?
「ハーバードでいま、いちばん人気のある国は日本なんですよ」と
現地の日本人留学生から聞いた。なんでも日本への研修旅行は
毎年、100名の予約枠がすぐに埋まってしまうほどの人気ぶりだという。
なぜハーバードの教員も学生も、日本に魅みせられるのだろうか。
ハーバードではどんな授業が人気を集め、何を日本から学ぼうとしているのか、
それを解き明かそう、というのが本書の目的である。・・・・・・(「はじめに」より抜粋)

〇英国人記者の【帯】
和の心、自制の文化、文化の粋としての日本女性、
相談で物事を決める神々、天皇と日本刀、
日常的な美への心配り、一輪挿しの衝撃――
世界に発信すべき、
日本と日本人の魅力とは
1964年「ファイナンシャル・タイムズ」
    東京支局長として来日
私が日本に、50年住むことになった理由

世界に伝えるべき日本人の「和の心」
           へンリー・S・ストークス
 日本に住み始めて、日本人と接すると、
日本人が、相手を慮って、察することを通じて、
「和」を大切にする人々であることが、肌で
感じられるようになった。歴史と伝統に誇りを持ち
独特の洗練された豊かな文化や芸術を、
大切に育んできた人たちであることも分かった。
それどころか、世界に、これほどすばらしい歴史と
伝統をもった国は、他にないと思うようになった。
私は日本に、イギリス人として、心からの慈しみを
感じるようになった。           (本文より)

カテゴリ

アリの世界 

ユーリン・ホームの住宅は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準としています。

「働かぬアリも必要アリ」

読売新聞にそんな見出しの記事が
一週間ばかり前に載っていました。

アリの世界でも「2:8の法則」がいきており
2割くらいの働かない働きアリがいるらしい。

しかし それは必要悪。

働きアリがミンナ同時に働き始めると
ミンナが同時に疲れてしまい
種が絶滅する可能性が
高いのだそうです。

例えば
アリの卵などは地中の高湿度で
細菌雑菌だらけのところで
孵化を待つのですから
一分一秒の休みもなく
働きアリが卵を舐めて
清潔にしておかないと
すぐに菌に置かされカビが生え
卵は死に絶えるらしいのです。

だから
熱心な働きアリは休む暇はないのですが
いずれ働きアリも疲れてしまいます。
そうしたときに
働かない働きアリの働くスイッチが
オンになり働き始めるのです。

「反応閾値」

働く腰の軽いものと重いもの
働くフットワークの早いものと遅いもの
それを「反応閾値」というのです。

アリの社会には働くことへの反応の差異があり
素早く働き始める働きアリと
働き始めるのが鈍い働きアリがおり
それを万遍なくならしていくと
いつか誰かが働いている体制が
できているようなのです。

また
私たちが「兵隊アリ」と呼んでいる
体が大きくてアゴの張ったアリも
実際は働きアリで
彼らの仕事は大きな餌をかみ砕き
小さな働きアリが運びやすくすることなので
種類の違うアリと出会うと
一番に逃げるといいます。

というのも
体が大きい分小さな働きアリよりも
成長させるのに手間暇が掛かっているので
つまらない争い事で死んでしまってもらったら
今まで掛けた費用が無駄になるからです。

そして
働きアリは若い時には内勤の仕事で
年が行くと外回りの仕事に
従事させられるらしいです。

外回りの仕事の方が危険負担が多くて
死ぬ確率が大きくなるからだそうです。

アリの社会は人間界より合理的です。

私もユーリン・ホームの女王アリから
ソロソロ外回りを命じられるかなァ・・・???。

カテゴリ