新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 2016年3月

餓鬼っぽい抵抗 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

「なにしよん・・・お父さん・・・
バッチイなァ・・・子供みたいじゃねぇ」

朝から奥さんに叱られました。

トイレに行き
トイレ用のスリッパを履き
トイレ用のスリッパであることを忘れて
トイレ用のスリッパで居間に
戻って来ていたのです。

「早くトイレに返してきねっ・・・
早く早く早く返してきねっ・・・バッチイ」

子供みたいという言葉が癪に障り
(無視・・・無視・・・無視)です。

下駄で天候を占うように
足に突っかけている左右のスリッパを
遠くに飛ばしてやりました。

「今日も明日も雨じゃ・・・」と叫んで 
あとは(無視・・・無視・・・無視)。

「なにしよん・・・バッチイ
ホンマに子どもじゃねぇ」

そう言うと
奥さんはスリッパを持って
居間を出ていきました。

奥さんがナカナカ
居間に帰ってきませんので
聞こえるように言いました。

「オ~ィ お母さん・・・すごいぞォ・・・
あのスリッパ・・・勝手にトイレに帰っていったぞォ」

バッカみたい・・・」

呟きにしては大きな声が
廊下越しに聞こえてきました。

奥さんの頭ごなしの叱りに対する
私の餓鬼っぽい抵抗でした。

fukasitabakari.jpgnakusuzumuri.jpg【左の写真】
爪楊枝の先の左側に
卵から孵化したばかりの
白いスズムシ

【下の写真】
羽を擦り合わせ
リ~ンリ~ンと鳴く
成虫のスズムシ

今年は
春から秋にかけて
スズムシの鳴く声が
聞けそうです。
......................................................................................................

カテゴリ

旅館くらしきの『春の散歩道御膳』 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

今日の昼食は年末に奥さんが行って良かったということで 二人で
倉敷美観地区の『旅館くらしき』で『春の散歩道御膳』を食べてきました。

ryokannkurasiki.jpg春の散歩道御膳
  お献立

鮪 ゆば
南蛮漬
青菜浅利浸し
ぜんまい煮物
鰆味噌柚庵漬 くるみ
茶碗蒸し
山菜煮
ベーコン 春キャベツ煮
利久玄米
里芋饅頭
香の物
豆乳みるくゼリー

平成二十八年  弥生吉日
   旅館くらしき  料理長


美味しくいただいてきました。
...........................................................................................................................................................................

食後
倉敷デニムストリートで孫のミトに
デニムキッズベストとデニムキッズスカートを買ってやり
日本郷土玩具館で次女に
「ち」ひと文字の備前焼に印鑑を買い
KURASIKI珈琲館で一服がてら
コーヒーを飲んで帰ってきました。


下の写真は次女のお土産です。

siodaifuku.jpg巣鴨とげぬき地蔵
元祖 大福の歩み

  (有)みずの
東京都豊島区巣鴨3‐33‐3
 ℡.03‐3910‐4652

元祖塩大福の由来
 巣鴨にて一番早く塩大福を創め、
 大切に育んできたことが『元祖』の由来です。
 『みずの』初代・龍吉の巣鴨名物をつくりたいとの一念を、
 二代目三郎は戦後直後、千葉県九十九里浜にて・製塩を
 していた経験をいかし、龍吉の出身地に伝わる『塩あんびん餅』
 をヒントに試行錯誤の末、さっぱりした甘さの巣鴨ならではの
 独自の風味の大福餅が誕生いたしました。
 塩は古来より心を清める貴重な存在という事もあり、
 参拝みやげにふさわしい『塩大福』と三郎は名づけました。
                     発売当初は、名物と言われるにはほど遠く、甘みの強い他の菓子が
                     主流でした。そして、極端に甘さを好む時代から、ほどよい甘さが
                     好まれる時代に変わりつつあった昭和五十年代、親睦の深い
                     商店街二店の御尽力もあり巣鴨名物として、多くのお客様に
                     御支援を頂くことだできました。

                        ※塩大福を美味しく御賞味いただく為、
                         他の甘味の前にお召し上がり下さい。
.......................................................................................................................................................................................

パンフには
〇巣鴨と塩大福
〇『みずの』の歴史
〇心をこめて
などのことも書かれています。

少し重いですね。

カテゴリ

次女の帰省とスズムシと 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

朝の8時前に奥さんの携帯電話が鳴り
次女が茶屋町駅に着いたと知らせてきました。

放っておけばよいのに
奥さんは2~3日前から
2階の次女の部屋を掃除したり
布団を乾かしたり
『やっぱり母なのだ』と
感心させられるくらい
こまめに受け入れ準備を
していました。

嬉しいのでしょうね・・・
電話が鳴るとイソイソと
迎えにいっていました。

その次女
家に帰るとすぐに
パジャマに着替えて
くつろいでいました。
そして
何かに気付いて言いました。

私はヤッタと思って
感激の言葉を待ちました。

「アレ・・・ナニ・・・??? 
鳴いてるヤツッて・・・???
スズムシィ・・・???
ムシが季節を間違えたの・・・???」

「お父さんが暖房を
つけっぱなしにして
無理やり孵したんじゃ・・・」

「フ~ン・・・相変わらず変わってるネ・・・」

(ホッとけ・・・)
nakusuzumusi.jpg朝から
新しいケージを準備して
成虫になって
鳴き始めたオス3匹と
メス5匹を移しました。

これからも順次
成虫になったスズムシを
移していく予定です。

洗ったケージに
新しい土を入れると
スズムシまで
喜んでいるような
                          気になってきます。

カテゴリ

普代水門 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

この間読んでいた本に
「普代水門」のことが出ていました。

東日本大震災の直後に
人びとの耳目を集めた水門でした。

岩手県下閉伊部普代村にある水門です。

2011年の東日本大震災発生後
津波が水門の上を
2メートルほど乗り越えましたが
水門が決壊しなかったために
普代村では死者はゼロ
被災民家も無くて済みました。

この普代水門は普代川の河口から
約300メートルの場所にあり
高さ15,5メートル・幅205メートルの
コンクリート製の水門です。

しかし
この水門の建設に当たっては
多くの反発者がいました。

それを押し切って完成させたのが
村長の和村幸得氏でした。

普代村は
1896年の明治三陸地震の津波で1,010人の
1933年の昭和三陸地震の津波で約600人の
死者・行方不明者を出していました。

「二度あることは三度あってはいかん」と
反対意見に対しても和村村長は譲らず
「そこまでの高さが必要なのか」
という異論にも耳をかさずに
以前の津波の高さが14メートルあったので
15,5メートルの高さの水門を作らせました。

この普代水門と太田名部防潮堤を合わせた
総工費は約36億円だったといいます。

昨年は
鬼怒川堤防決壊という事故がありました。

これは 当時の民主党政権が
堤防の補強予算を削ったことによる
人災だといわれたものです。

「先人の津波防災にかける熱意が村民を救った」
和村村長のあとを受けた深渡宏村長の言葉です。

政治家の資質というものを考えさせられる言葉です。

musukari.jpg会社に行こうとした時に
庭の草花に水をやっていた奥さんが
手招きをするものですから
近付いて行くと咲いていました。

春の花は群生するといいます。

ムスカリです。

ブドウヒヤシンスともいいます。

【花言葉】
通い合う心・寛大な愛・明るい未来

その当たりにしておきましょう。

私の好きな春の花の一種でもあります。

カテゴリ

どこかで春が 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

今朝
タントと穏やかな空気の中を
漂うように歩いていて
自然に口の端に上ってきた唱歌です。

            どこかで春が

             どこかで春が
             生まれてる
             どこかで水が
             流れ出す
             どこかでひばりが
             ないている
             どこかで芽の出る
             音がする
             山の三月
             東風(こち)吹いて
             どこかで春が
             生まれてる

この歌で
『春風は東から吹いてくるのだ』
と分かった気がした記憶があります。

♪♪どこかで春が生まれてる♪♪
♪♪どこかで芽の出る音がする♪♪

擬人法という言葉も知らない幼い頃 歌いながら
『春は生まれてくるのだ』と目を凝らして探してみたり
『芽の出る音はどんな音』と静かに耳を澄ましてみたり
春の温かみに包まれていく喜びを感じたものでした。

その三月も今日を入れてあと三日。

気が付くと弥生三月もさっていきます。

カテゴリ

世界の名前 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

昼食を済まして事務所に行くと
郵便受けに本が届いていました。

sekainonamae.jpg 
『世界の名前
(岩波書店辞典編集部編
・岩波新書)』

【表紙の裏】
世界の人々はどのように子どもに
名前をつけているのでしょう?
どこでも名前は「姓」と「名」の
組み合わせでしょうか?
古代から現代にいたる世界の
地域、言語、神話、物語について
名前の仕組みやこめられた意味を
100のエッセイで紹介します。
想像もできないような起源や習慣、
歴史との意外な関係をお楽しみください。


.........................................................................................................................................................
【帯】
名前はどこから?
  どんな仕組み?
   『岩波 世界人名大辞典』から生まれた
        楽しい読み物

どこの名前かおわかりでしょうか?
▼月に守られた者
▼王の名は決意表明
▼決闘で首飾りを奪うと
▼頭は短く尻尾は長く
▼カミカゼ通り
▼なぜ姓・名の順なのか
▼姓ができない事情
▼ベーコンさんと脂肪さんの結婚
▼姓はどこにも住まない
▼東も西も 昔も今も
▼ドナルドの息子、マクドナルド
▼王の名の使い道
▼犬も食わない名前
▼古き良き名を求めて
▼禁じられた名前
▼名前は記録する
▼名前は生まれ変わる
▼似ていてはいけない
▼君の家の名は?
▼見えるルーツ、見えないルーツ
▼寂しい大王
▼本名は誰も知らない
▼君主の署名
▼カーターとゴアの本名は?
▼アイノの日
▼創造世界の名前の理屈

ドナルドの息子がマクドナルドというのは
ゲール語のMacが『~の息子』の意味があり
「スティーブ・マックイーン」は「MaQueen」で
「女王(Queen)の息子なんだ」と
感心したことを思い出していました。

カテゴリ