新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 2016年5月

楽しい一日 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

昨日は千と半日をともにしたのですが
岡山京山のK藤さんのお宅では
午後1時にお伺いをして
気が付くと2時半になっていました。

あっさりはっきりとした奥さんですから
何ごとも気負わず衒わずに話ができるので
ついつい長居してしまうようです。

お引渡をした家にお伺いをして
ゆったりとした時間を
施主さんと過ごせるほど
建築会社の者にとって
シアワセなことはありません。

夕刻には『東児の花窯』の黒崎氏が
手洗いの水を受ける備前焼の器を
ワザワザ持参してくださいました。
bizenntearaibachi.jpg 

私が
いま建築中のM浦さんに
黒崎氏の備前焼の
水受けをお奨めし
カタログでも送ってもらおうと
お電話したところ ご本人が
持って来て下さいました。

黒崎氏は 明日より
千葉の松戸で
個展を開かれるとのこと。

お忙しいのに恐縮でした。

.......................................................................................................................................................................................

gennkidama.jpg『桃太郎の元気玉』も
プレゼントして頂きました。

東児 の 備前焼
 元 気 玉

作家がひとつひとつ
手づくりしています。
手で握り、指先や手のひらの
ツボをマッサージしてください。

  備前焼の遠赤外線
備前焼に生けた花が長持ちする。
壷の酒がうまくなる・・・といった事が
昔より言い伝えられてきました。
近年、備前焼が遠赤外線を
放射していることが分かり、
その遠赤外線が酒や水の性格を変え
「酒がまろやかになる」「水がおいしい」などの
                    伝承を生み出していたのかもしれません。
............................................................................................................................................................
備前焼作家 
  黒崎 巌

岡山県東児に、登窯・半地下式穴窯を構え、制作活動している。 
穴窯による炎むらが生み出す器肌が特徴で、土味を生かした作品を狙う。
今後は次世代へ継承する物作りを目指したい。岡山、東京、埼玉、仙台、高知などで
定期的に個展開催。岡山、玉野市の小学校で特別非常勤講師として伝統工芸・土ひねりを指導。

<備前焼作家 黒崎 巌>
〒706‐0304 岡山県玉野市番田3205
TEL:0863‐66‐5195

昨日は楽しい一日でした。

                    今朝4時の月です。
31mikazuki.jpg

カテゴリ

『カラス寝入り』で『カラスにつままれる』 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

昨日の昼食後 
来店予定のお客さんを待つ間
実家で
ウツラウツラと午睡していますと
千からの電話。

「お父さん・・・カラスがもがいているんで・・・
すぐに事務所に来て下さい」

実家から事務所に行く間にも
事務所上空を3羽のカラスが
ガーガーと鳴きながら
飛びまわっている
少し異様な空気感がありました。

事務所に行くと
千が駐車場の隅で
お隣を覗きこんでいました。

隣家は空き家でその庭で
カラスが仰向けに倒れていました。

karasunosottou.jpg「ワタシが事務所に来たら
カラスがカーカー騒いでいて
そっちを見るとカラスがいて
そのそばに
倒れているカラスが
いたんですよ。
まだ生きてるでしょ・・・?
お父さん・・・
何とかしてやって下さいよ」

「嫌じゃ」

私は即答しました。

なるほど
まだ生きているようで
目をシロクロしていましたが
体は固まっていました。

血は流れていませんでしたので外傷はなさそうでした。

上空に3羽のカラスがいるということは
雌を争っていたのか テリトリー争いをしていたのか
雄どうしが競い合って誤って地上に落ちたのではないでしょうか。

いずれにしても放っておくことにしました。

ところが
雨が降り始め隣家の庭を見に行くと
そこにカラスはもういませんでした。

あれは『タヌキ寝入り』ならぬ『カラス寝入り』で
私たちは『キツネにつままれた』のではなくて
『カラスにつままれた』のでしょうか???

下の写真は佐藤圭一先生に描いて頂いたガマの絵です。
satoukeigama.jpg

カテゴリ

なんとなく考えたこと 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

この間テレビドラマをチラッと見た時に
ある家の奥さんが訪問客?に
息子が招集された話をする場面がありました。

「それはおめでとうございます」

それがお客さんの対応でした。

第二次大戦前の日本では
召集された人の家族に対して
「おめでとう」と言うのが
建前であったとしても
『正しい対応なのだ』と
変に今昔の感に打たれました。

今の日本で身内の者が
軍隊に取られた家族に
『めでたい』とする発想を抱く者は
ほぼ皆無でしょうし
『めでたい』と挨拶する者は
もっともっと少ないことでしょう。

思想が右であろうと左であろうと
戦争を肯定的に捉えている
日本人はいないでしょう。

それで考えが飛んだのですが
『江戸時代中期までの日本人は
今の私たちと似た反戦論者だったのだ』
ということでした。

1467年に応仁の乱がおこり
1573年に信長に足利義明が追放されるまで
戦国時代が続き 安土桃山時代となり
1603年に家康が征夷大将軍になって江戸幕府を開くまで
136年もの殺伐とした暗黒の時代が続いたのですから
江戸時代の日本人は根っからの平和主義者になっていたでしょう。

だから
江戸時代は264年も平和を保つことができた。

ところが
1867年大政奉還で江戸時代が終わり
1945年までの明治・大正・昭和の78年間の時代は
日本は絶えず戦禍にまみれていました。

第二次大戦敗戦後の日本人は
骨の髄からの反戦平和主義者になったと思います。

それから71年が経過しました。

オバマ米大統領が廣島を訪れ
核兵器のない世界と
未来の子どもたちの平和な生活を
願われました。

それは
すべての日本人の願いでもあると思います。

子どもたちが招集され
「おめでとうございます」と
言わなければならないような世の中は
まっぴらです。

世界の人々がそう考えられる時代はいつ来ることでしょうか・・・?

カテゴリ

新築住宅と庭の植栽 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

土地を買い 家を建て 後は外構となった時
庭の植栽のアドヴァイスとして
花は土に直接植えても良いですが
樹木は鉢植えをお勧めします。

樹木は想像するより早く大きく成長します。

上に高く伸びるということは
根の方も下に深く伸びているということです。

横に枝・葉を茂らせるということは
幹が倒れないように根も横に這わせていくということです。

nekko.jpg写真下中央の黒い物は
私の靴先です。

そして 靴先が
示しているのは
オリーブの木の根っこです。

根っこはオリーブの幹から横に伸びて
門扉から玄関までのアプローチの所で
コンクリに阻まれ
トグロを撒いた蛇のように太くなっています。

しかし
その根っこが大人しくコンクリで
止まっていてくれれば善いのですが・・・。

......................................................................................................................................................................................................

kiretu.jpg同じく私の靴先が示しているのは
コンクリート・アプローチの亀裂です。

コンクリの下に根が張り
コンクリを押し上げてしまったのです。

このような亀裂が
アプローチの中に3か所あります。

それらのどの亀裂も樹木の
根っこで生じたものです。

ムクゲ・キンモクセイ・オリーブ。

中でもオリーブの根の張り方は
強勢と言わざるを得ません。

家をお建てになって
庭をお造りになる時に
建物の近くに植樹をされると
根っこが基礎にどのような影響を及ぼすか
外構業者にお聞きになった方が良いと考えます。

私は鉢植えにされておくのが無難だと思っています。

isokasi1.jpg 

婿の大悟が点検に行き
山さんから頂いてきた
ショコラキャレです。

いつも有難うございます。

カテゴリ

ボディコロン 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

一昨日 倉敷テンマヤから
お遣い物にする品が届いたと連絡があり
昨日の午前中に奥さんと取りに行ってきました。

昨日から テンマヤは
内覧会か何かの催し物があったらしく
駐車場が満杯ですぐに入れず
クルクルクルクル車を転がしながら
駐車場を探して
結局最初の駐車場に入れるという
無駄な時間を費やしました。

人間という者は可笑しなもので
昨日は別段買いたい物も無く
昼食を済ませてお遣い物を受け取ると
すぐに帰る予定でいたのですが
催し物があったりすると
同じテンマヤの店内が
「ハレの世界」になっていて
プチ祭り気分になってしまって
奥さんと二人
店内をうろついてしまいました。

それで買った物といえば
孫のTシャツとボディコロン。

bodeikoronn.jpg   BODY
C o l o g n e
  grapefruit
HOUSE of ROSE

 ボディコロン GF
グレープフルーツの香り

グレープフルーツの果実の
はじけるようなみずみずしさを持つ
すっきりとしたさわやかな香りです。
気分をリフレッシュしたい時など
様々なシーンで気軽に香りを
お楽しみいただけます。
グレープフルーツ果皮油
(天然精油(芳香成分))配合。

先般 ある人とお逢いして
私より二回りほどお若いのに
加齢臭がひどくて
その方帰られた後も
部屋中に臭いが籠っていて
(気を付けんといかんなァ~
他人様はナカナカ教えてくれんからなァ~)
と思っていた時だけに
すぐに買いました。

今朝から
奥さんと一緒に体中に
振り撒いています。

たしかに爽やかな香りです。

ただし・・・うたかたのような香りです。

mitumerumi-.jpgミーです。

昨日
会社に行く時に
お風呂に入っている奥さんに
声掛けをしようと
洗面脱衣場を覗くと
脱衣籠で奥さんを
待っていたミーが
『何ごと?』という風に
顔を起して見てきました。

その表情が
可愛かったので
記念写真を撮りました。

カテゴリ

ゾウのはな子

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発砲ウレタン注入にして
長期優良住宅仕様を標準にしています。

今日27日(金)の読売新聞朝刊の記事。

はな子 大往生zounohanako.jpg
 1949年に戦後初めて日本にやってきたゾウとして
長年愛されてきた国内最高齢の「はな子」(メス、
69歳)が26日、飼育されていた東京都立井の頭
自然文化園(武蔵野市)で死んだ。ゾウの平均
寿命は60歳前後で、老衰とみられる』

この記事を読んで
あるジョークを思い出しました。

動物園の人気者だったゾウが
死んだときの飼育員の対応

●フランス人の飼育員
 ゾウの思い出を詩にしたためて涙した。

●日本人の飼育員
 一生懸命大粒の涙を流しながら、みんなで墓を掘り始めた。

●中国人の飼育員
 巧みに調理して食べてしまった。

今の東京都知事なら
都有財産だからと言って
食ってしまうかもしれません。

『はな子は1947年にタイで生まれ、49年に来日。
「平和の象徴」として大歓迎を受け、当初は
上野動物園で飼育された。――略――54年からは
井の頭自然文化園で飼育されていた』

大粒の涙を流しながら
はな子の冥福を祈ります。

カテゴリ