新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 2016年8月

本を買いました 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

お盆中に読了する予定だった積読本をやっと読み終わり
昨日は久しぶりに本を買ってきました。

honnsannsatutokao.jpg
『ニュースの"なぜ?"は世界史に学べ
日本人が知らない100の疑問
(茂木誠 著・SB新書)』

下・左
『『中国の論理
歴史から解き明かす
(岡本隆司 ちょ・中公新書)』

下・右
『ヒト――異端のサルの1億年
(島 泰三 著・中公新書(』


...................................................................................................................................................................................................

本を事務所のデスクの上においているとwagakao.jpg
DM作成の手伝いにやって来た奥さんが
帯を見て嬌声を発して笑い出しました。

「ワ~この写真・・・お父さんの寝顔とソックリ~」

『ホットケ!!!!!!』

心の中で舌打ちをしていました。

カテゴリ

悧巧なタント 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

今朝は二度寝をして階下に降りていくと
玄関の引き戸の前にミントとタントが
座り込んでいました。

玄関框の所に奥さんのスリッパが置いてあり
庭で水やりか草抜きをしているのだろうと
思いながら私も
庭の動物たちに餌をやろうと
台所の勝手口の開き戸を押し開けると
私の足元を素早くタントが
走り抜けていきました。

タントが外に出たくて玄関で待っていたところに
私が姿を現したものですから
『これはジイジイが外へ出るぞ・・・』と推測して
私の後ろに偲び寄っていたに違いありません。

庭では土が足の形に掘れるくらい元気よく走り回り
水やりの後ですからカラダも泥んこになってしまい
奥さんに大声で叱られていました。

すると
勝手口の所まで逃げてきて
『部屋に入れろ』と私に催促します。

こんな時には足を洗わないと
家に上げてもらえないのを
知っていますので
私が抱えて
外の流し台に連れていくのを
おとなしく待っているのです。

イヌも3年も一緒に暮らすと
家族のそれぞれの性格を見極め
上手に
自分の都合の良いように
接してくるものだと感心しますよ。

chichinomutannto.jpg

2014年5月16日生まれのタント。

この写真は
9月にお宮で拾った
目も開いていない仔猫に
哺乳瓶でお乳をやっていると
『ボクにも・・・ボクにも・・・』
とねだってきて
ネコを押しのけて
哺乳瓶の乳首を咥えるタントです。

タントは
まだ生後4ヶ月の赤ちゃん
だったのですねぇ。

可愛かったですが
買ったばかりの眼鏡や
ベルトをかじられたりして
困らされたものでした。

カテゴリ

只の人 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

午前3時前の
我が家に落ちたかのような雷鳴で
今朝は飛び起きてしまいました。

見知らぬ人には強いが
雷にはカッラキシ弱いシバイヌのアズキは
庭で助けを求めてキャンキャンと悲鳴を上げているし
クッションタイルの床に寝そべっていたフレンチブルのタントは
慌ててベットに飛び上がって来て
ブルブル震えながらすり寄ってくるし
老いても荒ぶる魂を持つパグのミントは
階下でワンワンワンワンと天に向かって吠えまくっているし
私は二度寝どころではありませんでした。

そんな時 ちょうど手元にあったのが この本です。

tanntowannchannsu.jpg表紙に黒のフレンチブルの写っている本。

『人生はワンチャンス!
Only One Chance at Life
「仕事」も「遊び」も楽しくなる65の方法
(水野敬也+長沼直樹・文響社)』

奥さんがずっと以前に買っていて
読む本が無いので昨
晩手に取っていた本です。

気楽に読めて
肩の凝らない内容の本です。

本の中で
黒のフレンチブルが載っているのは
HAPPINESS(幸せ)の章。


................................................................................................

 子どものころに、なりたかったものは?
Remember your childhood dreem

[クリスチャン・ディオール] ファッションデザイナー 1905~1957

クリスチャン・ディオールは子どもの頃、何よりもカーニバルを
楽しみにしていました。彼の目当ては「仮装」で、妹に貝殻で
作ったドレスを着せて「ネプチューン」に仕立て上げたり、
タータンチャックの柄を色鉛筆で作ったり、子どもとは思えない
才能を発揮していました。しかし、彼は外交官になってほしいという
両親の希望を受け、政治学校に進学。卒業後は芸術に携わる仕事が
したいと画廊を持ちますが、2年で手放してしまいます。その後、
デザインの下積みを続け、彼が独自のファッションブランド『Dior』を
立ち上げたのは41歳のときでした。
 子どものころになりたかったものを思い出してみましょう。情熱を
傾けられる分野が、そこに眠っているかもしれません。


この文章を読んで
『子どものころに、なりたかったもの』
を考えてみたのですが
何も思いつかなかったです。

十で神童 十五で才子 二十歳過ぎれば只の人

今日はこれから
総社のT部様邸新築間取りプラン④
に取り掛かります。

子どもの頃には考えてもいなかった仕事に付いていますが
これも父方の祖父の魂が導いてくれたからだと信じています。

今では住宅業が天職と思っています。

カテゴリ

お土産 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

今朝事務所に来ましたら
私のデスクにお土産が置いてありました。

omiyaomiyaomiya.jpgいじまし屋の私は早速開封しました。

上のお土産は4年前に家を
建てていただいたK岡さんからの
高知のお土産です。

四万十郷 水車亭の『芋名月』

下のお土産は業者の
H中さんからのお土産です。

ご夫婦で博多に遊びに行かれたらしい。

左が
博多菓子工房・仁鶴堂の『博多ぽてと』

右が
にわかせんぺい本舗・東雲堂の『二〇加煎餅』

niwakakamenn.jpg
箱の中には博多二和加のお面も入っていました。

                               行くも帰るも
                                 博多はうれし
                               にわかせんぺい
                                  手にさげて

みなさん
旅行に行かれてまで
お気遣いを頂き
ありがとうございます。

カテゴリ

秋来ぬと 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

27日(土)の朝は寝過ごしてしまい
散歩は奥さん任せにしてしまいました。

今朝はタントも催促しませんでしたので
4時までぐっすりと寝させてもらいました。

どうも夏バテ気味で疲れが取れません。

それでも4時過ぎに散歩に行きました。

いつもの調子で短パンと半袖シャツ姿でしたが
今朝は肌寒むいことに驚かされました。

              秋来ぬと 目にはさやかに 見えねども
                      風の音にぞ おどろかれぬる

私の場合は『風の音』ではなくて
『風の冷たさ』に『おどろかれぬる』でした。

昨日までならレタスを放り込んでやると
スタスタと歩出でねぐらから出て来るロシアリクガメも
鯉の餌を水面にばらまいてやると
首を伸ばしてパクつくクサガメも
今朝は全く姿を見せませんでした。

それだけ朝が秋めいてきたということなのです。

鯉の餌を貪欲に食っていたのは3匹のミドリガメでした。

日本のカメとなら生命力が違います。

自然繁殖で外来生物が日本の在来生物を駆逐してしまうのは
この生命力の差異から来るのだと実感しました。

今朝もまた散歩の途中で
汐入川の鴨が驚いて
羽をばたつかせて
飛び立って行きました

秋と鴨といえば
私にはいつも思い出す歌があります。

              心なき 身にもあわれは 知られけり
                      鴫立つ沢の 秋の夕暮


俗世間から離れた私のような身ではあっても
しみじみとした趣は自然と感じられるものだなあ。
鴫が飛び立つ沢の暮れよ

この歌の中の鳥が
鴨(カモ)ではなくて鴫(シギ)だと知った時
「どうして鴫なのですか・・・鴨じゃ駄目なんですか・・・?」
と愚問を発していました。

考えてみると
鴨では沢が泥っぽくなりますよね。

そんなことごとを思い出していた今朝でもありました。 

.......................................................................................................................................................................................................................................

昨日の日中に写しました。

hoteitosuirenntoazuki.jpgメダカのプラ舟で咲くpaponia.jpg
ホテイアオイと
姫スイレンの花。

その向こうで
へばって寝そべる
シバイヌのアズキ。

日中はまだまだ
残暑厳しく
13歳の老犬には
こたえるようです。

玄関脇の日陰に
パポニア・
インテルメディアの
花が咲いていました。

....................................................................................................................................................................................................................................

一昨年の秋に冬季の展示場のインテリアのために買い
冬越しはしたものの春には茎や枝が徒長し
バランスが悪くなったので実家に持って帰えり
忘れていた植物です。

奥さんの世話のお陰で
少し変わった花を
つけてくれていました。

.......................................................................................................................................................................................................................................

アフリカから友人がカバの家族の写真を送ってくれました。

kabakazoku1.jpg  

....................................................................................................................................................................................................................................................................

そんなはずが あるわけないですよね。

カテゴリ

白壁 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

昨日は
一天にわかに掻き曇り ざんざ・ざんざと降る雨に
6:30からアイビーで予定していた集まりを
急遽 白壁に変更しました。

sirakabahasi.jpg集まったのは
四季彩工務店の尾上社長
ビリーブの小野社長と山崎大工
上山工務店の山田社長
ネクサスアーキテクトの中藤社長と山部大工
ユーリン・ホームの私と大悟と千。

同程度の規模で
地域密着型のお客さんに
優しい工務店ばかりです。

昨年までは
忘年会だけでしたが
今年からは夏にも集まり
ビア・ガーデンで飲み放題と
考えていましたが
土砂降りの雨で
ビア・ガーデンはキャンセル。

山田社長と言う雨男に
他の者は完敗です。

それにしても
昨日の雨くらいでJRが止まるものなのですね。

そっちの方がおどろきでした。

昨日の集まりは
30代40代の気鋭ばかりで
60代は私一人でしたが
まだまだ
私も若い連中に伍して
飲み食いできるものだと
自信を持ちました。

しゃべっていて
呂律が回らないのは
酔いのためではなくて
入れ歯のせいです。

しかし
昨日の集まりで
入れ歯をしているのは
私だけだったでしょうね。

歳か・・・?


M原さんがお寄りになって
マスカットとイチジクを下さいました。

ありがとうございました。
masukattotoichijiku.jpg

カテゴリ