新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 2017年9月

流離抄板画柵(狐狼の柵)

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

M手女史からお便りをいただきました。

ネコズは、3才になりました。あれから3年。早いような
早いような(笑) 私もネコズに負けぬよう、楽しい日々を
めざしたいです。

M手家にもらわれ
目一杯かわいがられて
幸せ者のネコズです。

karibamyoujinn.jpg棟方志功 「流離抄板画柵(狐狼の柵)」
詩:吉井勇 1953 大原美術館

夕ざれなば 狩場明神 あらはれむ
         山深うして 犬の聲する

M手女史からいただいた絵はがきです。

大原総一郎と棟方志功とは
志功の激しい気性を総一郎が愛し
大原家の襖絵を頼み頼まれるほどの
間柄になっていました。

大原美術館に棟方志向の作品が多いのは
二人の深い交流によるものだそうです。

カテゴリ

2部の読売新聞

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

午前3時15分に犬に起こされて散歩に行き
3時50分になっても郵便受けに朝刊が無く
朝食を終えるとすることも思いつかず
寝室に戻って本を読んでいるうちに
いつの間にやらウトウトしてしまって
6時30分まで2度寝をしてしまいました。

9gatu30hiyomiuri2bu.jpg起きて郵便受けを覗くと
二つ折りの読売新聞朝刊が2部
重なって入っていました。

私はうるさい人間だと
新聞販売店の人からは
見られているんだと
実感し苦笑しました。

時間通り朝刊が配達されないと
朝食を食べながら新聞を読むという
その日の朝からの段取りが狂ってしまい
不愉快というより非常に不安定になり
今まで何度か配達の催促をしてきました。
.
「今日は配達の人 疲れてまだ寝てるんじゃわ・・・
そんな日もあるから怒ったらかわいそうじゃん」

今朝は奥さんの言葉に
素直に共感してしまい
催促をする気持も失せて
寝室に籠ったのですが
販売店の人は私からの電話の前に
気遣いをして下さった。

販売店の人と配達の人と
二人が郵便受けに入れてくださって
朝刊が2部になってしまったようです。

どうもありがとうございます

「6時半からでも読めるんじゃ・・・」

新聞を読んでいる私の姿を
奥さんは揶揄しましたが
そりゃぁ~何時でも読めますよ・・・。

その代り庭の生き物たちは
朝食をもらっていません。

やはり私の段取りは狂うのです。

それが何となく落ち着かず嫌だという
我儘といえば我儘なのです。

「小っちゃい男なんじゃから・・・」

小っちゃい男ついでに疑問符です。

二つ折りの新聞の
1部は表面を表に
1部は表面を内に
それぞれ折ってありましたが
どっちが正しい折り方なんでしょう。

「どう思う・・・???」

「どっちでもいいじゃん・・・そんな小っちゃいこと・・・」

奥さんには馬鹿にされましたが
変に気に掛かってしまいました。

カテゴリ

牛窓寒風焼の魚の絵皿と中庄のキャティ

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

『いかしの舎』に行ってきました。

2017ezara.jpg高見博氏の陶芸教室に来られている方の
魚の絵皿2枚とシチュー皿を2枚買ってきました。

シチュー皿は人にあげる予定で買ったもので
包を開けることはできませんが
縁の端をサッと一筆黒く刷いた柄の上品なお皿です。

魚の絵皿は我が家用です。

「お母さん・・・仕舞う前に洗っておいてよ」

「洗って大丈夫じゃろうか?」

奥さんは真剣に色落ちしないかを心配していました。
.
.
2017omiyageezara.jpg高見夫人の小皿とカエルの文鎮をいただき
アイスコーヒーに敷島堂の和菓子で接待を受けた上
今年はマグカップに植えられた
多肉植物までもらって帰ってきました。

高見さんご夫妻 お世話になりました。

昼食は 一度実家に戻り
事務所の千を迎えに行き
中庄のキャティでとりました。

奥さんも私も
20年ぶりぐらいの再訪でした。

私はBランチ
奥さんはパスタランチ
千は小エビのドリア。

サラダ・バーのためなのでしょう
女性客が次々に入って来る
人気店のまゝでした。

カテゴリ

高見博&メンバー作陶展(2017年)

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今日の午前中は早島の『いかしの舎』の2017takamihirosisakutoutenn.jpg
牛窓寒風焼・高見博&メンバー作陶展
奥さんと行ってきます。

毎年案内状をお送りいただいて
今年で4年目になりますでしょうか?

楽しみにしている作陶展です。

期間は今日から10月1日(日)までです。

作陶展の帰りには
久しぶりに奥さんと
外で食事をしてきます。

では・・・行ってきます。

カテゴリ

「もみじ」

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今朝 3時15分に目覚めると
下屋根を叩く雨音が
激しかったのですが
階下に降りて便所に行き
台所の勝手口を開けると
雨音が止んでいました。

急いでタントを連れ出して
朝の散歩に行きましたよ。

そのとき 口の端に浮かんできた歌。

   秋の夕陽に 照る山紅葉
   濃いも薄いも 数ある中に
   松をいろどる 楓や蔦は
   山のふもとの 裾模様

急いでいたこともあり
暗闇の中の散歩で
「解らんだろう」と
シャツとステテコ姿で
横着をかましたら
少し寒くて
「秋が来てたんじゃ」と
実感しましたね

それで
ある人を思い出し
尋ねたくなりました。

この唱歌「もみじ」の作詞者は高野辰之氏。

作曲家の岡野貞一氏と組んで
「故郷」「朧月夜」「春が来た」「春の小川」などの
私の好きな唱歌を作っておられます。

高野氏は長野県のご出身で
「もみじ」を作詞なさったのは
碓氷峠」だったそうです。

そのために
「濃いも薄いも」になったといいます。

冗句聞かん者こと駄洒落名人の
沖垣達先生・・・本当でしょうか?

カテゴリ

今日「三ちゃん便りVOL.110」をお送りいたします。

オンリー・ワンの家造り 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

三ちゃん便りVol.110」ができあがりsannchanndayori110.jpg
今日中の発送予定です。

一言 悟無好悪(さとればこうおなし)
     何にも縛られず判断しよう。
     あるがままを認められるようになったら
    好き嫌いはなくなります。

今月のトピックス
◎ガマにひとりごと   ・・・・・・古瓦の話
◎大工の大さん    ・・・・・・ニシンの骨
◎「ワン」「ニャン」「ケロ」
  にぎやか動物日記 ・・・・・・タントはママ似
◎千の夢       ・・・・・・姪っ子の成長

simadadoubutu.jpg10月には 千が企画をして
(株)ユーリン・ホーム展示場に
島田多純女史をお招きしての
有料セミナーがあるようです。

島田多純(シマダカズミ)女史は
千のお友だちで
誕生数秘學の講師で
カウンセラーでもある女性です。

ご自分は『尽くす猿』だそうです。

この個性心理学で・・・
●夫婦関係が3倍楽しくなります。
●子育てが3倍楽しくなります。
●毎日笑顔ですごせます。

千も当然 観ていただくことでしょう。

.
会社創業以来
1号1号と毎月積み重ねてきた「三ちゃん便り」が
Vol.110まで来たことに感慨を覚えます。

千と二人で会社を創業したものの
2年半は仕事らしい仕事も無く
千の笑顔と「三ちゃん便り」だけを縁(よすが)に
近い将来の仕事に夢と希望を託して
苦しい毎日を過ごしてきたことを思い出します。

それだけに
お客様ファーストを骨身にしみて知っていて
お客様を忘れた家づくりはしないという自負と
「三ちゃん便り」を重ねてきても
内容を安きに流さないというプライドだけは
心中に強く強く強く秘めています。

「三ちゃん便り」を続けられるということは
(株)ユーリン・ホームが存続しているということです。

これも皆様のおかげです。

感謝の気持ちを込めて 今日
「三ちゃん便りVol.110」をお送りいたします。

カテゴリ