新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ

明年の11月23日は大嘗祭

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今日は11月23日で
勤労感謝の日で祝日です。

この11月23日は戦前には
新嘗祭という祭日でした。

新嘗祭(にいなめさい・にいなめのまつり・しんじょうさい)は
天皇が五穀の新穀を天神地祇(てんじんちぎ)にお勧めになり
御自らもお食べになって
その年の収穫に感謝される日でもあります。

そして 
明年は今上陛下がご退位されて
皇太子殿下が新たに
天皇として即位されます。

天皇が即位され
初めての新嘗祭は
内容も呼び方も違ってきます。

大嘗祭(だいじょうさい・おほにへまつり・おほなめまつり)です。

明年の11月23は大嘗祭となるのです。

今上陛下も平成2年11月22日深夜から
23日未明にかけて大嘗祭を行われました。

亡き小室直樹氏の伝だと
天皇陛下は即位の礼の後
大嘗祭で天照大神と契りを結ばれるので
天照大神は先祖であると同時にお嫁さんになり
神をお嫁さんにするから天皇も神になる
のだそうです。

大嘗祭といい 新嘗祭といい
皇室の公的行事ですが
勤労感謝の日の方が一般庶民には
気楽でいいですね。

カテゴリ

職人が選んでくれる会社

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

kazukoetegami11.jpg朝 二度寝から目覚めて
台所に入って行きますと
食卓テーブルの上に
絵手紙が広がっていました。

奥さんが展示会に出品する作品を
並べていたのです。

絵手紙は絵を大きく書くのよ
文章が苦手な人が
文章を書かなくても
手紙を出せるようにするのが
絵手紙の良さなんよ

ホンマかいな?』というような
顔をしていたのでしょう。

先生が言っておられたんじゃ!!!
.
「それにしても・・・1年でうもうなったもんじゃねぇ~」

私は只々奥さんを誉めました。

『誉めて育てよ』というのは
子供だけではありません。

初期高齢者も一緒です。

私の場合は
絵手紙・英会話・バトミントン・・・このE・E・Bを
奥さんにずっと続けて頂いて
楽しく明るく世話をしてもらえる老後を
大過なく過ごしたいと思っています。

昨日の昼食はチヒロがおごってくれてchoccho11.jpg
私たち夫婦とチハヤを総社の
『PIZZERIA・CICCIO』に
連れて行ってくれました。


「ピッツェリア.チッチョ」は
次女にチハヤが初めてだということで
行くことに決めました。

ヒロトもイタリア風玉子焼きの欠片を
チヒロからもらっていました。 

ヒロトも もう そろそろ
みんなが食べている物に
興味をそそられるように
なって来たようです。

昨日 総社の帰りに
チヒロから嬉しい話を聞きました。

ユーリン・ホームに出入りしている
サイディング屋の職人さんの家の
2階のフロアーの張替えと間仕切り壁の
リフォームを大悟が依頼されたそうです。

この職人さんには以前も
玄関のリフォームを依頼されました。

職人さんの会社の関連会社は
建築・リフォームも手掛けているのに
職人さんは敢えてユーリン・ホームを
選択してくれているようです。

職人が選んでくれる会社創りが
私の目標のひとつでした。

大工が建てる人を紹介してくれたり
電気屋が新築をしてくれたり
サイディング屋がリフォームをしてくれたり
嬉しい限りです。

大悟は職人たちの信頼が厚いようです。

寡黙ですが誠実な人柄が
信頼を得ているようです。

ありがたいことです。

カテゴリ

「幻の名著」・病棟日記

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。



maborosinomeicho11.jpg佐藤圭一先生が
脊椎十二番目の圧迫骨折で
今年の5月10から7月28日まで
某病院に入院されていた日々を
「病棟日記」として残された原稿を
頂きました。

その原稿を
冊子にして見ました。

まだ読み始めたばかりで
「=入院まで=踏んだり蹴ったり」
までしか読めていませんが
私の出てくる箇所がありました。

「入院決断」の章です。
.
.
.
私が次女を連れて先生宅にお伺いをし
次女が「カイロプラクティック」の施術を先生にする前に
岡智氏の生歌を聞かせて頂いた時のことを書いておられました。

「天下の名優にここで歌を唱わすなどは、
先生よりほかにする人はおまへんですわ」

私は大阪商人ではありませんから
「おまへん」とは絶対に言いません。

また 大阪商人は「おまへん」の後に
「ですわ」を付けることはありません。

私が京都育ちであることを
表現したかったのかも知れませんが
違和感の残る箇所でした。

『某病院 病棟日記』は院内のことが
多岐にわたって書かれていたため
病院が発刊許可を躊躇し
佐藤圭一先生の
幻の名著
になってしまいました。

カテゴリ

ならぬことはならぬのです

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

juunosadame11.jpg越智雅彦氏に『什の定』を書いてもらい
額に入れました。

「什」とは幕藩時代の
会津藩の藩士の子弟を
教育する組織です。

十人一組が単位になっていたので
「什」という漢字が私用されていた
のではないでしょうか。

ヒロトが理非を少し判りだしたら
暗誦をさせるつもりです

戸外で夫人と言葉を
交えてはなりませぬ

.
この定めをご婦人方に
ご披露いたしますと皆さんが
「お爺ちゃんに似ないように
今からヒロト君に教えるのね」
と面白がられました。

悪事千里を走る

私の悪評も百里くらいは
走ってきているようです。

この定めの中で一番重要なのは
ならぬことはならぬものです
だと 私は思っています。

昨日の三斎市で
着いてすぐに
ある列に並びました。

「後ろの方・・・何にします?」

「日本蕎麦」

列の前の人が離れ
私の順番になり
オバサンが蕎麦を手早く作り
「ハイ」と渡してくれました。

「アリガトウ」と礼を言って
私は列を離れました。

「蕎麦」を食べ
屋台を冷やかしたり
買い物をしたりして
1時間半ばかり
時間を潰して
帰る段になり
スボンのポケットに
手を突っ込むと
チャラ銭が
入っていました。

素早くお金を支払うために
蕎麦代を小銭入れから出して
ポケットに入れ替えていたのに
オバサンの蕎麦づくりの手早さに
代金を出すのを忘れていたようでした。

帰るつもりで市の端まで来ていました。

屋台に戻るのも大儀だし
時間も経っているし
金額もたかがしれているし
オバサンも気付いていないかもしれないし
「どうしようか・・・」と正直 考えました。

「どうも・・・お父さん・・・
蕎麦代を払っていないようやわ・・・
払ってくるわ」

何も知らないヒロに話したのは
自分の行動を促すためでした。

人混みの中を小走りにすり抜け
蕎麦の屋台まで行きました。

「オバサン・・・
どうも代金を払ってない様なんじゃわぁ~」

「ウン・・・もらっとらんようじゃねぇ~」

「ゴメン・・・」

「エエヨォ~」

オバサンの笑顔に救われました。

支払いに戻って本当に良かった・・・。

ならぬことはならぬのです

昨日買った「華具楽」のさば寿司はsabazusikagura11.jpg
紅麹を使った酢飯が桃色で
少し固めでしたが
鯖の味が私の好みに
ピッタリと合いました。

美味しかったです。 

カテゴリ

倉敷三斎市と創心會のレストラン

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

先月は二日酔いで
参加できなかった
第三日曜日の
倉敷三斉市に
奥さんとハヤとで行き
現地でコブ付きのヒロと
落ち合いました。

テンマヤの跡地が
駐車場ではなくなり
隣りの駐車場に
入れようとしましたが
満車でした。

「ここを出て
右に曲がって
すぐに左折して
真っ直ぐに行くと
市営の駐車場が
ありますから
当たってみてください」

うちの奥さんが
そのように案内されて
駐車場を出て
右に曲がりました。

「ここ左・・・左・・・」

私がすぐの細い十字路で
アドヴァイスをしましたが
奥さんは直進しました。

「なんで左折せんの?」

「トラックがおったじゃん」

「待ってたら出るだろうが」

そんな遣り取りがあり
無駄に大回りをして
市営駐車場に
車を止めました。

asasaba11.jpg「もう来ん・・・
来月は一人で
行ったらええんじゃ!!!」

案の定 奥さんは
おおムクレです。

「カズチャン・・・
欲しいもんがあったら
なんでも買ったらええよ」

さっそくオリーブの
化粧水を買っていました。
.
.
その他・・・写真のように
たくさんの買い物をしました。

奥さんも最後はニコニコでした。

.年ふると 妻の笑顔に 金かかり

創心會の二神社長からsatokirishuugou11.jpg
――佐藤圭一先生復帰祝い――
の集合写真を
送っていただきました。

創心會にはいつも甘え
お世話になっています。

創心會では
管理栄養士による
疾患別レストラン
CHEER.FULLレストラン」を
オープンされるようです。
.

日時  2018年11月23日(金) 11時00分~14時00分
場所  創心會リハケアタウン北館.2階
対象  茶屋町地区にお住まいの方など
MENU A・貧血&鉄分ランチ(かつおの照り焼き)
    B・減塩ランチ(チキンソテーカレー風味)
              各食・500円(限定25食

カテゴリ

野鳥の写真とマンガと文章のコラボ

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

横浜の小林和夫氏の野鳥の写真と
トリノトリビアのマツダユカさんのマンガと
監修をされた鳥類学者の川上和人氏の
文章とをコラボさせてみました。

ヒヨドリhiyosha11.jpghiyoe11.jpg

 ボサボサ頭に赤らんだほお。
 からだも大きめで、、
 声も大きめ。
 ちょっと騒がしい
 ところもあるので
 ほかの小鳥に
 迷惑がかかることも??
 悪気はないのだろうけど。



メジロmejiroe11.jpg

 鮮やかなグリーンに、
 目の周りのmejirosha11.jpg
 白い縁取りが印象的。
 花の蜜が大好き。
 よくみると、目つきが鋭く、
 くちばしもとがっていて
 野性味を感じる。

.

.
.


シジュウカラsijuukarae11.jpgsijuukarasha11.jpg

 黒い頭に白いほお。
 枝から枝へせわしなく
 飛び移る器用な小鳥。
 ネクタイ模様は
 オスが太くて、メスは細い。
 シックな色と思いきや、
 背中はきれいな
 オリーブ色の羽毛がある。

.
ハシブトカラスhasibutokae11.jpg

 山林から市街地に
 進出してきた、大型の鳥。hasibusha11.jpg
 黒い武闘派のイメージだが、
 その真実はいかに。
 学習能力も高く、
 記憶力もいい。
 おでこが盛り上がって
 くちばしが太い。

.

.

.
ハヤブサhayabusae11.jpg20181117085056-d4af61203c058ff6a84d94768ed4de5ee82ac1ca.jpg

 小鳥たちが恐れる
 高速のハンター。
 絶壁の岩棚の
 くぼみなどに
 直接卵を産む
 ワイルドな営巣をする。
 しかして、
 彼らの親族は以外にも......
.
.
ウグイスuguisue11.jpg

 地味な見た目と
 裏腹に美しいuguisusha11.jpg
 声でさえずる。
 日本の春の象徴。

.

.

.
.

楽しいコラボができました。

カテゴリ