新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

スタッフブログ - よんだ本

百合と腹巻

こんばんは。

おできがなかなか治らない千です。

180107.jpgお正月休みに読んだ本。

田辺聖子さん「百合と腹巻」

窪美澄さん「よるのふくらみ」

どちらも短編集で、窪さんのは連作短編集。

どちらも恋愛小説で、自分の現在の生活とのギャップが良かったです...。

                                                                                                                     田辺さんの短編の一つ、珍しく読みづらいなぁと思ったら、解説に初めて書いた短編、と書かれており、あの田辺さんでも初めての短編はそうなのか...と妙なところで変な感心をしたのでした。

窪さんの小説は初めて読みましたが、面白かったので機会があれば他の作品も読んでみたいです。

カテゴリ

お仕事再開

こんばんは。

ご無沙汰しております千です。

今日の午後から仕事しています。

1週間の休暇をいただき、リフレッシュして戻ってまいりました。

休み中、ガマさんから借りていた「琥珀の夢 上下」と

岡山が舞台の「でーれーガールズ」

昭和三十年代を描いた「三丁目の夕日」

青春群像劇である「桐島、部活やめるってよ」

3本のDVDをみました。

久しぶりに映画をみると、映画館で映画がみたくなりました。

本当にのんびりとした楽しい1週間でした。

今朝、ご飯を食べながら、午後から日常生活に戻らないといけないんだなぁと思うとちょっと悲しかったです。

という訳で、また明日から働きますのでよろしくお願いします。

カテゴリ

「かくかくしかじか」

こんにちは。

今年の夏は「読書の夏」になりそうな千です。

といっても、今回は漫画ですが。

180807.jpg東村アキコさんの「かくかくしかじか」というエッセイ漫画を読みました。

漫画大好きだった東村さんが、美大受験を目指す中で絵の恩師と出会い、美大へ行き、社会人生活を経て漫画家になるまでを描いたもの。

アートの世界も、基礎を学ぶときはひたすら石膏像を描くスポ根ぶりにビックリしましたが、作者の恩師への想いと後悔に、ビービ―泣きながら読んでました。

世の中には、絵を描くために生まれてきた人がいて、その人たちはとにかく描きつづけていかないといけないんだな、ということをしみじみ実感しました。

いい恩師と出会えて、本当に幸せな作者です。

そして、先生も、いい教え子に出会えて草葉の陰から喜んでいらっしゃるだろうなと思いました。

カテゴリ

もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら

こんばんは。

暑いのでひきこもって本を読んで暇つぶしをしている千です。

170725.jpg

「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」

ガマさんの随筆の勉強の一助になれば(なるかどうかは分かりませんが)と思って買いました。

優しい娘です。

とはいえ、私自身かなり楽しみました。

文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら、というユニークな発想はなかったけれど、高校時代、文芸部でエッセイを書いていたときは、好きな作家さんの文体を真似て一人で遊んでいました。

それを思い出して、かなりテンション上がりました。

知らない作家さんもいますが、知っている人のは「そうそう、そんな感じ!」とか「いやいや、こんな文体ではないだろう」とか、突っ込みどころ満載です。

ネットで大反響、とあるように、検索すると、いろんな人がいろんな作家さんの文体を真似して書いていますね。

みんな好きなんですねぇ。

中の挿絵も、もし鳥山明が描いたら、もし西原理恵子が描いたら、って田中圭一さんが描いているのが入ってますが、絵は文体よりも分かりやすいので、それだけでも笑えます。

こうした意味があるようなないようなの、大好きです。

特徴がなさそうな人のでも、あぁそれっぽいって、文体って不思議で面白いです。

カテゴリ

「結婚」

こんにちは。

祝日なので、のんびり仕事している千です。

170717.jpg「結婚」という本を読みました。

作者の末井昭さんは、岡山出身の方らしい。

そして、フリーの編集者、作家、サックス奏者とのこと(ウィキュペディアより)。

本屋で手に取ったときの感想は、

「岡山出身にこんな人いたんだ、へぇ~」

パラパラ読んでみて

「なんかサイテ~だな、この人」

冒頭に、26年連れ添った糟糠の妻、浮気を黙認し、寂しい気持ちを犬や猫を飼うことで紛らわせ夫婦2人でずっと一緒に暮らしてきた妻を、

女装写真を撮られた縁で知り合った写真家と仲良くなり、あっさり捨ててしまったことが書いてあったから。

                 

                                                                                                                                                             読み終わったら、淡々と事実を書いている中にもいろいろと考えさせられる本でした。

西原理恵子さんの、「いろんな嘘と嘘のない結婚の話」という紹介は、秀逸です。

ほんと、嘘のない結婚の話です。

読み終わった後は、

「あぁ、いろいろあったんだなぁ、この人」

と、最初の最悪な印象は消えました。

結婚している人にも、結婚したいと思っている人にも、結婚の意味を考えさせてくれる本です。

お勧めです。

カテゴリ

鳥飼茜さんについて

170707.jpgこんにちは。

今日も元気な千です。

最近、ちょっとハマっている鳥飼 茜さんの漫画。

「おんなのいえ」

とはいえ、ツタヤで借りて読んでるだけですが。

姉妹と母、女3人の話。

とっても共感できるわぁと思って作者のプロフィールを見たら、なんと同い年。

おまけに実生活でもお姉ちゃんでした。

姉妹の会話や関係性がかなりリアルで「そうそう」と思って読んでました。

それ以外で、ちょっと違うな、というところももちろんあり、漫画読んで初めて、作者とその漫画について語ってみたい、と思いました。

登場人物3人は関西人で、私も父親が関西だからか、母親の子供に対する口癖や教育方針にも共通点があり、関西人だからなんか? と初めて思ったり。

いろいろと思うところの多い漫画でした。

珍しく追っかけたいと思った漫画家さんです。

カテゴリ