新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

施工事例 - 2013年11月

タイル 2

片岡 大です



連島のK様邸

KIMG0723.jpgタイルの続きsun 
土間にセメントの粉水を撒き、バッサと呼ばれる
タイル下地を敷きます

セメントと水が接着剤の役目をします







060501.jpg均したバッサの上にノロ(セメントを水で溶いた物)を
流してタイルを貼りつけて行きますsun







KIMG0722.jpg









外中の目地も揃っています




最後に目地の隙間にノロをいれて完成です









カテゴリ

タイル工事

片岡 大です


連島のK様邸

今日からタイル工事に入っています

KIMG0713.jpg
階段の形状の所にタイルを貼るのをまじまじ見るのは
正直初めてだったのでこちらも興味津々でしたsun


建物に対して基準となる縦横の直角のラインを出す
ここは一緒ですなhappy01




KIMG0712.jpg
蹴込みと呼ばれる立ち上がり部分を先に貼ります

天端に貼った糸に合わせ目地を均等に合わせつつ
ハンドレベルで寝起きを調節していっている模様ですsun

立ち上がりを先に貼った方が木口も隠れて目立たなく
なるし、水仕舞もええという訳ですなhappy01



KIMG0717.jpg
午前中であっという間に貼られてしまいましたshine


自分は訳あってここで現場を離れましたが
おそらく一日でポーチ部分の床まで貼ってしまわれると
思われますdelicious

上の段から下へ下へと貼って逃げるのだと思います

明日も見に来ねばcoldsweats01




外が終わると今度は玄関のなかですsun









カテゴリ

途中経過

片岡 大です


八王子のS様邸

KIMG0710.jpg
このお宅は基本的にご夫婦お二人で
住まわれます、二階の用途は主に現在出ておられる二人の子供さんが
帰って来られた時の為に設けてありますsun

上側の窓はロフト部分になります
右側に収納があり同じ間取りの部屋が左右対称に
ありますhappy01



そして広いベランダ
ブルーシートが取れるとかなり開放的に
なると思いますsun
KIMG0709.jpg









KIMG0711.jpg










玄関のサッシ
リクシルのカザスというICカードキーが付いていますsun
工事中は上の鍵穴で開け閉めします
えらいもんですなあcoldsweats01

担当の棟梁はここ数日所要で抜けておられますが
片づけがすごく行き届いています
ありがたいことですconfident







カテゴリ

久々のセミナー

片岡 大です


今日は昼からコンベックスにセミナーに行って来ましたsun

メインの内容はゼロエネルギー住宅についてでしたが
おもしろいエピソードを聞きました。

リクシルという建材屋さんのSW工法という工法があり
その工法で家を建てると65年間の点検保障があったけど
いつしかその保障が取り下げられたと、
その背景にはハウスメーカーの圧力が働いたとの事です

メーカーは35年位で建て替えてもらえる様な家を売っているので
そんな保障があったら自分たちはすごく困るからだそうです

組織の力を利用して
こつこつ努力している地場の工務店たちの
想いを踏みにじる様な大手の態度にひどく嫌悪感を
抱きましたpout

しかし、このエピソードを話して下さった米子の工務店の社長さんは
お客さんにうちの工法はこんだけしっかりしているんだと説明して
地元でさらに受注を増やされているそうです

めでたしめでたしsun




















カテゴリ

仕上げに向かう

片岡 大です


連島のK様邸


KIMG0707.jpg
今日は建具を一日入れていましたsun

強めの雨と風がほぼ一日続きましたが
ウレタンの断熱のせいか窓を閉めていると
寒いと感じる事はありませんでした





KIMG0706.jpgトイレの手洗い
水栓金具が付くとさらに雰囲気が出て来ましたhappy01



あと少しになって来たかなcoldsweats01






カテゴリ

水回り

片岡 大です


今日は次に建てられるH様ご夫妻と一緒に
住設(ユニットバス、キッチン、w・c、洗面化粧台)を見に
3つのメーカーさんのショウルームを廻って来ました

水回りは金額のかかる所なので使いやすさ、好み、コスト等ひっくるめて
決断をしなけれならないので施主さまは大分神経を使われたと思います

形になった時に喜んで頂ける様にこちらも細心の注意を払わねばならんなと
感じた一日でした

カテゴリ