新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

施工事例 - シンプル可愛いおうち

ユニットバス

千です。

片岡監督が大工工事で忙しいので
代わりにお送りします。
倉敷市茶屋町のIさま邸。
ユニットバスが据え付けられました。
1508211.jpg
浴室暖房乾燥機付きです。
タカラのお風呂。
手入れのしやすさから
ご主人さまが選ばれました。
1508212.jpg
メタル色、
やっぱりいいですね。
シャワーの受けは
手すりも兼ねています。
お風呂は、
ご主人さまが選ばれるご家庭が
多いなぁと、実感として思います。

カテゴリ

吹付する

片岡 千です。

茶屋町のIさま邸
昨日から発泡ウレタンの吹付け断熱工事に入っています。
1508051.jpg
窓周りをビニールで養生し
壁と天井を吹き付けていきます。
その上で、工事のおにいさんは
マスクにカッパ姿。
写真で分かりますかねぇ。
カッパの中は、
大雨が降ったような感じで
大汗をかかれています。
現場はまさに天然のサウナ。
私も、何もしていないのに面白いように
汗をかきました。
吹き付けた直後の断熱材は
ホカホカして、よけい暑い...。
1508052.jpg
吹付後のお部屋。
このモワモワが
家から暑さ寒さを
しのいでくれます。
お客様には
吹付前の
モワッと感を
覚えておいてくださいね、
とお伝えしていますが、
はたして反応やいかに!

カテゴリ

吹付に備える

片岡 大です

茶屋町の I様邸
連日うだる様な暑さが続いていますが
工事の方は順調に進んでおりますconfident
KIMG0543.jpg
電気配線の様子ですsun
外壁、屋根、ベランダの下など
外部に面する所には発泡ウレタンを
吹付るので、それより前の段階で
配線の仕込みを終えておきますconfident
KIMG0545.jpg
ベランダの手摺り部分
最終的にカッパと呼ばれるアルミの
部材を天板部に被せ真上からの
水の侵入を防ぎます・・・が、しかし
台風の時等激しく吹き降ったりした際の
万が一のケースに備えて、天端には
透湿防水シートを3重に重ねて貼り、その上を
ブチル防水テープ(粘着性の強い)で保護します
confident
八月四日に発泡ウレタンを吹付ますsun

カテゴリ

シート貼り

片岡 大です


茶屋町のI様邸

KIMG0521 (1).jpg
サイディング屋さんが来て
外部に透湿防水シートを貼っていますsun

この上に通気層を設ける為の通気胴縁を
打ち、サイディングパネルを貼って行きます

シートには通気層を設ける為ともし万が一
パネルから内に水が侵入したとしても躯体内部に
入らぬ様、下から上にシートを重ねて貼りますconfident






サッシの際には両面テープを貼って更に
防ぎますconfident


KIMG0520.jpg
これも同様に下から貼って上からかぶせています





台風など激しく吹き降いた時にサッシの際から
漏ってしまったなどというケースの時はここで
最後の食い止めが出来ていなかったのでは
ないかと個人的に感じます・・・





KIMG0522.jpg
下部にはさらに防水シートをかませ
侵入を防いでいますconfident






今日は今年一番の暑さの様に
感じましたsun
炎天下で作業をされる職人さんには
頭が下がりますthink

熱中症を甘く見ず夏を乗り切りませうconfident


















カテゴリ

ベランダ防水

片岡 大です


茶屋町 I様邸

KIMG0511 (1).jpg
ベランダにFRP防水を施工して
いますsun

写真は下地の耐火セメント板のジョイント及び
釘跡等の処理をし、FRPのノリをよくする為の
プライマーを掛けている所ですconfident






いつもお世話になっている施工業者さんですが
丁寧な仕事ぶりにプロとしての
意識の高さを毎回感じさせられますconfident











カテゴリ

上棟の様子

片岡 大です 茶屋町 I様邸 12日の上棟の模様でございますsun


通し柱に差しこめれる所は先に梁と柱を組んでおきますsun

その他の柱は単独で起こして行き
レッカーで吊って来た梁を順に収めて行きますconfident



ある程度固まってきましたsun
1Fリビング 約5メーターの大断面を入れていっています

成の大きな部材はカケヤで叩いて入れるのも大変かと思われるかも
しれませんが、自分自身の重みがかなりあるので両端の仕口さえ
ピッタリ合えば自らするすると収まって行きますconfident

以前はロープで吊っていましたが
はさみ金物が出てきてから作業効率が
アップしましたconfident











一階が無事起き上がり二階の作業ですsun

羽子板ボルトで仕口部分をしっかり締めた状態で
建物のゆがみを直していきますconfident
屋起こし、下げ振りという道具を使って柱を垂直に
起こしていきます


屋根垂木を流し野地板貼りの図sun
KIMG0480 (5).jpg




高所作業もあと少しです




この後瓦屋さんが来てアスファルトルーフィングを
貼って屋根仕舞い及び建て方作業の終了ですconfident


今回も大工さん達や関係業者の皆様方の
おかげで怪我やアクシデントも無く無事に
一日を終える事ができましたconfident


さらに夕方からはお施主様も交えて
上棟式の運びとなりましたsun
I様おめでとうございます

完成まで宜しくお願い致しますsun




















カテゴリ