新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

住宅展示場のご案内

見せるためではなく、住むための住宅展示場

自然素材を使った、和風モダンの展示場です(2008年6月完成)。
ヒノキの4寸柱に、無垢の木、珪藻土(けいそうど)を使っています。
木や土は日本人に合っているのでしょう、来られた方はみなさん「落ち着く」とおっしゃいます。

05-tenjijo_01.jpg

1階のご案内

05-1f-zumen.gif

外観

4zennkei3_ok.JPG

屋根は雨じまいと、将来の太陽光発電を考えて、切妻の6寸勾配。外観は私の好みで、和風がいくぶん強く出たかもしれません。玄関ポーチを通常より広くとり、スロープを続け、上部に下屋根をつけたので、なおさら和風の印象が強まりました。

玄関①

8gennkann4_ok.JPG

洗い出しのスロープに、横にスライドさせる引き違いの玄関扉。娘がいくつになっても住みやすいように考えました。

玄関②

10gennkann6_ok.JPG

玄関は家の顔です。来られた方を迎える最初の場所ですので品格が大切。広くゆったりととりました。一歩足を踏み入れたとき、「木の香りがする」とみなさんがおっしゃいます。

廊下①

12rouka1_ok.JPG

天井には桐をはりました。
また、4寸のヒノキの柱に、珪藻土(けいそうど)を塗るなど、自然素材を使っています。

廊下②

14rouka3_ok.JPG

床にはヒノキ。乾燥しているときには、木と木の間がすき、逆に、梅雨時分などの湿気の多いときには、吸収します。無垢の木は「生きている」と感じさせられます。

リビングダイニング①

19daininngu5_ok.JPG

天井と床、腰板には杉を使いました。こちらも壁に珪藻土(けいそうど)を塗っています。
丸テーブルに座りコーヒーを飲むと「ホッ」と気持ちが落ち着きます。

リビングダイニング②

21daininngu7_ok.JPG

窓の外を眺めながら、のんびり。
いつもよりゆっくりと交わされる、他愛のないおしゃべり。
心和む団欒の場。初めて来られた方も、前から知っているようだとおっしゃいます。

システムキッチン

24kittinn2_ok.JPG

家族と今日あった1日の出来事を話しながら、ご飯の用意。対面式ですが料理をしているときの手元は見えないので、急なお客さんにも慌てることがありません。

脱衣所

29datuijyo3_ok.JPG

壁に、エコカラットという〝呼吸する内装壁材〟をはっています。お風呂からくる湯気もこれで吸収。いつでもさらっとしています。

お風呂

32ohuro3_ok.JPG

1日の疲れを取る、憩いの場所。保温性の高い浴槽は、ご主人の帰りが遅くなっても温かいお湯に浸かることができます。

和室①

35wasitu3_ok.JPG

8畳の和室には、押し入れ下に、明かり取りと通風のための地窓をつけました。開けるとさっと通る風が、リビングダイニングまで涼しくしてくれます。

和室②

37wasitu5_ok.JPG

押し入れ横の襖は、4畳足らずの納戸へとつながっています。収納は大きく、また納戸からは廊下へと続くため、家の中をグルグルと回遊できるようになっています。

階段

05-1f-stair.jpg

踏み幅を少し広めにとり、上がりやすくしています。

「続きを読む」をクリックして、2階へ上がります。

2階のご案内

05-2f-zumen.gif

2階廊下

05-2f-corridor.jpg

階段を上がりきってすぐの部屋は4畳程度の納戸(写真右奥)。その隣にある扉がトイレ。手前2つの扉が子供部屋の入口です(現在、事務所として使用)。将来、間仕切れるように扉だけ2つついています。そして、写真左手にある部屋が寝室です(現在、ミーティングルームとして使用)

トイレ

05-2f-toilet.jpg

クロスの色や貼り分けがなかなか好評なトイレです。真似をされたお客様もいらっしゃいます。娘がコーディネーターの友だちと一生懸命選んでいました。

子ども部屋①

05-2f-child1.jpg

間仕切ると、6畳にクローゼットのついた洋室になります。ごくごく一般的な大きさの子ども部屋です。

子ども部屋②

05-2f-child2.jpg

子ども同士で揉めるだろうなぁと思う9.25畳の子ども部屋です。そのときは「可動棚はあるけど、クローゼットがないから」と言うつもりです。現在、私ガマは、ここでブログを書いて過ごしております。

寝室

05-2f-shinshitsu2.jpg

7畳の寝室です。右手に見える扉はウォークインクローゼット。現在は、もっぱらここで打合せをしています。

施主として

当時、20代半ばの私、片岡千尋が35年の住宅ローンを組み建てました。設計は社長。施主の知らない間に間取りが決まっているという信じられない家です。独身でもあったし、数千万というローンの大きさと、一軒家を建てるというプレッシャーなど、喜びよりも不安の方が大きい家造りでした。そんな不安や悩みを、周りのおじさんたちは(社長も含め)分かってくれていないように感じたことから、奥さまの心に寄り添った家造りをしたい!と強く思うようになりました。建った直後は不満もありましたが、過ごすうちに飽きのこない家だと思えるようになってきた展示場兼事務所兼私の家です。そして、私にとって家造りの原点でもある家です。

※写真は、地鎮祭で鍬入れをする私です。

次はこちらをご覧ください

打ち合わせ

ユーリン・ホームでの打ち合わせは、どのように行われるでしょうか?

建った後

ユーリン・ホームの展示場は2008年に竣工。それから7年後の変化です。