新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

ユーリン・ホームNews 3 - 学ぶ

セミナーの多い月

こんばんは。


今日はタイトな1日だった千です。

が、何とか予定通り終わりました。

これからセミナーです。

今月はセミナーが多いです。

昨日もセミナー、今日もセミナー。
明日は講演会。

聞きっぱなしにするのではなく、
学んだことを、自分の中に
落とし込んでいきたいと思います。

では、いってきます

カテゴリ

蓄電システムについて

こんにちは。


今日はボチボチ事務仕事の千です。

午後から、いつもお世話になっている電気屋さんに
蓄電システムについて教えていただきました。

お客様の中で、蓄電システムについて
ご興味がある方がいらっしゃるので、
いろいろと伺いました。

蓄電システムとは...
簡単に言えば、電気をためられる機械のこと。

停電なんかのときに助かるのはもちろん、
昼間の電気代が高い時間帯に使うと
電気代の節約にもなります。

しかし、いかんせん、まだまだ高い蓄電システム。


電気屋さんも「まだ高いかなぁ」と言ってました。

電気製品の展示会に行っても
隅っこで参考程度に置かれてあります。


1509122.jpg
いろいろと種類はありますが、
この小型タイプで定価100万円。

冷蔵庫、パソコンなど
最大1500wの小さなものに使えるタイプ。

蓄電容量 5kWh。

ただ、補助金があったそうで、でも
もうなくなったそうです。





1509123.jpg
太陽光電池と連携して
停電時は自動で電気を供給してくれる
創蓄連携システムタイプ。


蓄電容量 5.6kWh。

定価167万円也。

電気屋さんの知り合いの電気屋さんは
試しにこちらを入れられて
月々2、3千円電気代が安くなったそうです。




定価なので、もう少し安くなるかと思いますが、
電気工事を入れたら、定価ぐらいになるのでは...とのこと。

3千円安くなったとして、10年間で36万円。

電池なので、だんだんと蓄電できる容量も減ってくるそうで、
(携帯電話の充電器と同じだとお考えください)
保証期間も10年。

元は...、


積極的に売られていない理由がよく分かります。

何が起こるか分からないから停電の時用に、といっても
岡山で考えられる災害は、どちらかというと水害。

電気なので水に浸かると使えない。


外国では、小型タイプが約半分の値段で作れる、
という段階まできているそうで、
蓄電システムの普及は、やっぱりもう少し時間がかかるようです。


カテゴリ

とても優しい大月先生

こんばんは。


筋肉痛がまだこない千です。

図面かいたり、見積書を作ったり、
1日働いていたはずなんですが、
予定外のことばかりしていたので、
仕事をしていた気がしません...。

私の予定は...。

明日に持ち越しかなぁ。

昨日は、夜にリフォームの打合せをして、
その後、商工会のセミナーに参加したのですが、
セミナー後、講師の大月先生が
1時間以上、うちのHPの相談に乗ってくださって、
私は昨日の夜から、今日の午前中まで
ずっと感動していました。
(時間を書くと、感動があまり伝わりませんねぇ)

そして、先生は、一度相談に乗ったんですから、
またいつでも聞いてくださいねって、
お忙しいし、ネット業界では有名な方らしいのですが
なんて、気さくな優しい方なんでしょうね。

私はその感動を胸に、
リフォームの打合せをした方が
終電まで飲んでいるというので、
30分だけ顔を出しに行きました。

夜11時前の倉敷駅商店街を
走った、走った。

はぁはぁと怪しな声を響かせるので
数少ない通行人が、ビックリして見てました。

夜が遅かったせいか、今日は若干疲れ気味。

明日もあるので、今日はこのへんで。

カテゴリ

少しでも安く、少しでも喜びを

こんばんは。


今日は午前中、
リフォームの現場確認や
事務仕事、
ガマさんのお友だちが来られて
おしゃべりしたりしていました。

午後からはセミナー。

上山工務店の山田社長とも
久しぶりにお会いしました。

お互い小さな工務店、
セミナー終わってからも
あ~だ、こ~だとご飯を食べながら
話をしました。

山田社長、ご馳走さまでした。

私たちは
棟数を伸ばしたいわけではないし、
商品化した家を売りたいわけでもない。

ただ、少しでも安くなるように、
少しでも喜んでいただけるように、を
勉強していきたいとは思っています。




それにしても、30代も半ばになると、
毎日があっという間ですね。

風が吹くように過ぎていきます。


丁寧に生きたいなぁと思いながら
がむしゃらに生きている気がします。

カテゴリ

祖父の退院

こんばんは。


今日は午前中仕事をしていた千です。

昨日はイベントに参加したと
書いたのですが、

祖父の退院日でもありました。

仕事なので退院するときに行けないと伝えると
荷物と着替えをすませておいてほしい、と
施設から連絡があり、

朝7時過ぎに病院へ行き、
荷物をまとめ、服を着替えさせました。

寝巻が濡れていて
オシメを替えないと、と思ったけど、
私、赤ちゃんも大人も、
オシメを替えたことがなく、
結局、病院の方に替えていただきました。


次からは...できるかなぁ。

医療従事者の妹なら
テキパキするのになぁと思いました。

30歳を過ぎてもオシメひとつ替えられないのか、という
ちょっとした敗北感と
やっぱり病院で働かれている方は大変だなぁという
尊敬の念を抱いて
病院を後にしたのでありました。


祖父が退院してくれてホッとしました。


そして、汚い話で失礼しました。


祖父や祖母の姿を
これからの新築やリフォームに
役立てたいと思っています。


とってつけたような最後になりましたが、
施設に入っている祖父母の手伝いをすることや
入院退院の手続きやらお見舞いやら
何事も経験だなぁと思っています。

だんだん子ども返りしている老人なので
頭はたいたろか、と思うこともありますが、
最近は、親世代の方との介護話で盛り上がることもあり
やっぱり何事も経験だなぁと思います。

カテゴリ