新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

ユーリン・ホームNews 3 - 家族

息子の誕生日

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

今日は10月の9日です。

mi-taiinn.jpg

「昨日は何の日か?」

朝 奥さんに尋ねました。

「なによ それ?」

「だから昨日は何の日やった?」

「ウ~ン 
ミーちゃんが退院した日」

それに間違いはありません。

西平動物病院で
7日に去勢手術を受け
8日の午前中に
奥さんが迎えに行ってきました。

「10月8日はミーが退院した日
そんなん毎年覚えてられるか?」

「じゃぁ・・・昨日がなによ?」

「昨日は息子の誕生日じゃろうが・・・」

「そうか・・・そうか・・・
10月になったときには覚えていたけど
昨日には忘れてたわ(笑う)・・・
お父さん・・・よく知ってたねェ~」

「昨日ヒロに教えてもろた・・・」

子離れした親はそんなものです。
それに
息子も30歳ですからねェ・・・
どうでもいいでしょうよ。

今朝は『上弦の月』の左上に『金星』が輝いていました。

tukitohosi.jpg

カテゴリ

クセッ!!!!!

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

昨日は2度ばかりうちの奥さんが笑わせてくれました。

ラ・ヴィ木村に靴を買いに行った時
店員さんが尋ねてきました。

「お客様 お名前は・・・?」
「ナ カ イです・・・」
「あのぅ~下の方は・・・?」
イ です・・・」

店員さんは『ハッ』
私は『ヘッ』

「あのぅ~下・・・?」
イ です・・・」

パソコンで苗字を打ち込んだ店員さんと
私が同時に言いました。

「カズコさんですね・・・」
「カズコじゃろ・・・」
「ハイそうです・・・」

夕食のあとで2人でソファーに座っていると
タントが奥さんの足元に寝そべっているミントの
後ろに回ってはお尻の臭いを嗅いでいました。

「キタナイことせんの・・・」

奥さんがタントの頭をコンと敲きました。

タントは
奥さんが遊んでくれると思ったのか
ソファーに駆け上がって来ました。

そして クンクンクンクンと
奥さんの口の辺りを嗅ぎ始めました。

「オマエとタントとおんなじ臭いがするんじゃないの・・・」

思わず言いました。

「キタナイ・・・キタナイ・・・キタナイ・・・」

奥さんはタント顔を押しながら大声を出しました。

タントは遊んでもらってると思ってはしゃぎ始め
むき出しの腕を前足で引っ掻くものですから
奥さんの腕は傷だらけになりました。

奥さんが本気で怒っており
タントが本気で喜んでいるのが
なんとも微笑ましい情景でした。

奥さんが『キタナイ』と言えば言うほど
タントは褒められていると思ったようです。

奥さんとタントとの真剣な顔付がとてもよく似ていました。

kuchikuse.jpg以前
奥さんが
タントをからかって
マスクを着けさせた
写真です。

昨日のタントは
きっと
思っていたに
違いありません


クセッ!!!!!

カテゴリ

茶の相手

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

一昨日
弟の長女から地酒が
送られてきました。

kasiwasake.jpg『かしわ』は千夫婦に・・・。

『純米吟醸』は私たち夫婦に・・・。

よく気が付く姪っ子です。

「おじいちゃんにも
呑ませてあげてよ・・・」と
メールで千に
連絡があったようです。

本当に
よく気の付く姪っ子です。

オヤジのことは
すっかり忘れていました。



うちの奥さんから電話がありました。

「ホシガメ・・・
お湯につけたまま行ったじゃろ・・・
お湯が冷たとうなっとったよ・・・」

「ボクが行く時には
もうちょっと浸かってたいって
カメが言うとったんや・・・」

「そんなことカメが言うもんか・・・
それ以上ボケてもワタシは知らんからな・・・」

今日はこれで二度目の
奥さんの『ボケ』発言です。

最初はお風呂の追い炊きを
二度目にしたときでした。

「さっき追い炊きしたんを忘れたん・・・?
ちょっと・・・いや だいぶおかしいんじゃない
ボケても世話はせんからな・・・」

「どうせボクはオマエに泣かされる運命や・・・
毎年毎年 目のまわりの『泣黒子(なきぼくろ)』が
増えていきよるもんなぁ・・・」

ある都々逸を思い出して言いました。

「それは黒子やないよ・・・シミソバカスよ・・・」

nakibokuro.jpg

シミソバカスかなぁ~


 目の下の
    ほくろ一つは
         お前のために
  泣くとさだめた
         泣黒子


 酒の相手に
       遊びの相手
 苦労しとげて

       茶の相手                       今の私の感謝の心境です。

カテゴリ

お兄ちゃんはライオン?

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

昨日は
姪の千佳がホワイトタイガーの飼育員として出ていたテレビ番組を見ながら
デジカメのシャッターをバシバシ押していました。

今朝見ると酔っていましたので碌な写真がありませんでした。
chikatora1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

chikatora2.jpg       

 

 

 

 

 

 


chikatora3.jpg

 

 

 

 

 

 

 


chikatora4.jpg

 

 

 

 

 

 

 


chikatora5.jpg

 

 

 

 

 

 

 


chikatora6.jpg

 

 

 

 

 

 

 


chikatora7.jpg

 

 

 

 

 

 

 


chikatora8.jpg

 

 

 

 

 

 

 


chikatora9.jpg

 

 

 

 

 

 

 


chikatora10.jpg

 

 

 

 

 

 

 


chikatora11.jpg

見終わった後で
千がメールをして
千佳がたくさん
写っていたことを
知らせると
「『同僚と世話をしているところを撮らせてくれ』って言っていたのに・・・」と
気まずそうでした。


chikatora12.jpg      

カテゴリ

スーパームーン

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

昨日は「『とん平』だけだと呑み足りない」
と奥さんが言うものですから
千が気を利かせて
エトワール倉敷ビル7階の
Anniversary(アニヴァサリー)に
連れて行ってくれました。

このお店は次女が結婚式の
2次会をした場所だと聞かされました。

アニヴァサリー(記念日)とは
離婚した次女には皮肉な名前です。

tukinimurakumo.jpg昨日の
2015年9月28日は
スーパームーン
だそうです。

アニバサリーの
ベランダから
むら雲のかかる
月を見上げて
『私達と大悟たちの
夫婦の幸せ』を
願いました。

yakei1.jpg yakei2.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

yakei3.jpg
ついでに
ベランダから夜景も撮ってみました。

左の写真の左上に
薄っすら写っている建物は
倉敷国際ホテルです。

アニヴァサリーでは
私は高校時代を懐かしみ
ジンフィズを呑んで
帰りました。

 

家に帰ると犬たちは一斉に鳴き始め
私達を迎えてくれましたが
三毛猫のミーはぐっすり眠っていました。

ネコは『寝る子』とはよく言ったものです。
neruko.jpg

カテゴリ

とん平

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

昨日はK原邸のお引渡しが18:00~ということで
お引渡し後に私たち夫婦と大悟と千とで
夕食を食べようとということになりました。

もちろん夕食となるとお酒も入ってきます。

「どこか知っているところ・・・ありますか?」

千が倉敷駅前で尋ねてきましたので
茶屋町に引っ越して以来行っていなかった
お店に顔を出すことにしました。 tonnhei.jpg

23~4年ぶりになるでしょう。

「とん平」です。

昔ながらの看板の灯火(ともしび)が
目に入ってきた時には
嬉しさに早足になりました。

お店の引き戸を開けると
店内は以前より
ずっと広くなっていて
カウンター席だけでなくて
4人掛けの椅子席も2ヶ所あり
私達は椅子席の一つに座りました。

もちろん
私となら2回り年長の
同じ寅年のお母さんは
すでにおられませんが
後を継がれた娘さんが
先代の面影を宿しておられて
懐かしくお酒が飲めました。

私が通っていた頃の「とん平」は
お母さんが1人で切り盛りされていて
お酒や肴を注文しても
なかなか出来てこなかったのですが
お客はそれを良しとして
ゆったりとおだやかに
お酒や肴を待っていました。

時々血気にはやった馬鹿な若造が
「まだデケンのかぁ~」と怒鳴ったりすると
「お金は要らんからアンタ出てってくれる!!!」と
お母さんが怒って若造を追い出すような店でした。

それだけに
お客同士の団結芯は強くて
いつ行っても誰か顔馴染みがいる
というようなお店でもありました。

そんなことを大悟や千や奥さんに話しながら
生中2杯と焼酎のロックを3杯呑んで
ほろ酔い加減になりました。

カテゴリ