新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 2016年10月

積木の部屋 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

この21日(金)くらいから寒さがぶり返してきました。

昨日
奥さんが自分の寝室を掃除していました。

すると
昨晩
イヌとネコを従えて枕片手に
奥さんがベッドに討ち入ってきました。

『オマエはモモタロウか・・・???
オレはオニか・・・???』


そう思いましたが
「モォ~」と
不満を漏らしながら
ベッドを半分ゆずって
奥さんに背中を向けて
一生懸命
眠ろうとしました。

          いつの間にか 君と暮らし始めていた
          西日だけが入る 狭い部屋で二人
          君に出来ることは ボタン付けと掃除
          だけど 満ち足りていた
          やり切れぬ 寂しさも 愚痴も
          お互いの 温もりで消した
          もしもどちらか もっと強い気持ちでいたら 
          愛は 続いていたのか
          リンゴかじりながら 語り明かしたよね
          愛は あれから何処


しかし
眠ったふりをしながら
『積木の部屋(有馬三恵子 作詞・川口真 作曲)』を
静かに静かにハモッていました。

昔のお互いの温もりが
今では熱苦し過ぎて
背中合わせに寝ながら
『く』の字になり
背中を離した寝姿になっていました。

愛はあれから何処?

ただの知り合い(尻合い)という関係に
なってしまったということなのでしょう。

カテゴリ

葛飾北斎とシーボルト 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

今朝10月23日(日)の読売新聞の13版・社会面に
西洋画6点北斎の作 オランダの博物館発表」』の記事。

hokusaisakui.jpg 日本に西洋医学を伝えた
ドイツ人医師、シーボルト
(1796~1866)が持ち帰り、
オランダのライデン国立民族学
博物館が所蔵する作者不明の
絵画6点について、同博物館の
マティ・フォラー・シニア研究員は
22日、「冨嶽三十六景」などの
作品で知られる江戸時代後期の
浮世絵師、葛飾北斎(1760~
1849)の作品と判明したと発表した。
いずれも落款はなく、遠近法や
明暗法が使われており、こうした
西洋技法を用いた北斎の肉筆風景画
の発見は初めてという。

........................................................................................................................................................................

この記事を見て思わず思い出し笑いを漏らしてしまいました。

シーボルトは葛飾北斎に2巻の絵を
150金で注文したと言います。

ところが
北斎が絵を仕上げて持参すると
「75金にして欲しい」と
シーボルトは値切ります。

「最初から75金と言われたら
それなりの材料で絵を画くのに
描いてから値切られるのは嫌だ」

北斎は腹を立てます。

「それなら1巻だけ買う」

シーボルトの言葉にも
北斎は耳を貸さずに
帰ってしまいました。

「この絵は他では売れないのに
半値でも売らないと貧乏が続く」

奥さんはこぼしました。

「貧乏するのは分かっているし
金も欲しいけれど
この絵を半値で打ったら
外国人に
日本人は人を見て
値段を変えるとおもわれる」

北斎は譲らなかったと言います。

葛飾北斎の芸術家としてのプライドです。

北斎に影響を受けた画家としては
ゴッホ・セザンヌ・ドガなどが有名ですが
彼らも
その実力と芸術性の高さと矜持とに
心を揺さぶられたから
北斎に心服したのでしょう。

この度発見された絵は
そのときの2巻ではないでしょうが
シーボルトは葛飾北斎の作品の
収集家だったようです。

そんなことを思い出させてくれた記事でした。

カテゴリ

昨日の棟上げと孫の運動会 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

昨日の児島味野のN村様邸上棟は
無事に済んだようです。

地震のときは事務所にいたのですが
結構強い揺れでデスクから物が落ちるほどでした。

それで慌てて電話を掛けたのですが
現場ではそれほどの揺れでもなかったようです。

daigonorito.jpg

大悟が祝詞奏上を
している写真です。

ルーフィングで
屋根仕舞いするところまでは
終わったようです。



.............................................................................................................................................

今日は孫のミトの運動会がojiisannobaasannmito.jpg
水島のJFE体育館であり
奥さんと行ってきました。

孫からの体の手紙と
ハタダの三笠を貰いました。

孫も来年の4月からは
小学生になります。

私の経験では小学生の間に
それも
低学年の間に読めば良い本は
『なぜだろうなぜかしら』
『少年少女世界文学全集・全50巻』
『少年少女世界ノンフィクション全集・全8巻』
でしょう。

イロイロなことに興味を持ち
それに応えてくれるのが読書です。

すべて我が家にありますから
ミトが入学すれば
息子が家に持って帰ればよいのに・・・
と思っています。

本好きな子に育ってくれれば・・・と願っています。

カテゴリ

2回も行った場所に行くのに・・・迷いました 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

朝の6時40分に家を出て
児島味野4丁目のN村様邸上棟の
現場に奥さんと向かいました。

今日で3回目の現場で
行く自信はあると言うものの
今までは大悟に案内してもらうか
連れて行って貰った現場でしたので
万が一にために事務所からナビを
セッティングしておきました。

私としたら道を稗田から下の町へ南下し
大正橋を右折すれば良いと考えていたのですが
ナビはそのずっと手前の
中井戸橋を右折と指示してきました。

「ここを右に曲がると山の方に行くんよ」

奥さんも知ったようなことを言いました。

『山の方に行くのなら』と
私も奥さんの言を信頼して
躊躇なく車を進めました。

ところが目的地に着きません。

細い道をナビの指示に従って
右に左に折れながら進み
いっこうに自分がどこを進んでいるのか
分かりません。

車が対向できる広い道に出て
地図上で目標に出来る物をさがし
車を留めてその建物の名前を見ると
『味野城集会所』となっていました。

「これはいったん児島駅に出て
再度ナビに住所を入れて
やり直すに如くは無し」と考え
駅前に出ようとして
四つ角で立っている警察官を見つけ
地図を見せて目的地への道を教えてもらいました。

無事8時までに上棟の現場に着き
施主さんの四方の清めと
全員による直会(なおらい・乾杯)には
間に合いましたが
3回も行っているのに
行場所が分からないようではねェ。

自分で自分が怖くなってきます。

「人はいつから運転を止めるといいのでしょうか?」
「自分が一度は行った所に行けなくなった時から・・・」

そんなふうに言われそうです。

それで
ある話を思い出しました。

銭湯に入って行った男の子が番台の小母さんに尋ねました。
「小母さん・・・男の子はいつから女風呂に入ってはいけないの?」

「男の子が女風呂に入りたくなった時から・・・」

カテゴリ

葦川会館・全国シルバー書道展 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

月曜日・火曜日と食事時間以外は
ベットの中で過ごしました。

咳が留まらず腹筋が痛みsatouhannnya.jpg
横になりすぎて腰も痛み
ウツラウツラしながら本を読み
本を読みながらウツラウツラとして
2日間を過ごしていました。

おかげで16日(日)に
『ゆめタウン』で買っていた
5冊(うち新書3冊)の本を
読み切ってしまいました。

昨日の水曜日は
まだ少し熱っぽかったですが
岡山のテンマヤの葦川会館の
全国シルバー書道展に
顔を出してきました。

佐藤圭一(耕石)先生が
般若心経300字の作品を
出典されているからです。

帰りにマルゼンに寄り
新書本を5冊買ってきました。

家に帰って
風呂の出窓に置いてある
メダカのケージを洗っていると
「少し元気になったら
水遊びを始めるんじゃから・・・」と
奥さんからバカにされました。

furosuisou.jpgdarumamedakasuisou.jpg

.....................................................................................................................

汚いよりは
綺麗な方が
湯船に浸かって見ていても
ずっといいでしょうに・・・ねっ。

カテゴリ

10月の予定と季節外れの物 

ユーリン・ホームの建てる家は
断熱材を発泡ウレタン注入にして
長期優良住宅を当り前の標準にしています。

10月も半ばが過ぎて公私にわたって予定が詰まってきました。

◎19日(水)・・・・・・・・・岡山テンマヤ葦川会館で佐藤先生の書の展覧会
◎20日(木)・・・・・・・・・倉敷市粒江の勝部さんの『足もみくらぶ』で施術
◎21日(金)・・・・・・・・・倉敷市児島味野でN村様邸上棟
◎23日(日)・・・・・・・・・岡山市の横井上でK川様邸地鎮祭
◎25日(火)・・・・・・・・・倉敷市高須賀のナツアキ歯科で治療
◎30日(日)・・・・・・・・・倉敷市早高でK木様邸地鎮祭

こうして書いておかないと
絶対に何か
一つ二つは忘れてしまいます。

「お父さん・・・聞こえん?
スズムシがないとるよ・・・???」

奥さんが言ったのは昨夜のことでした。

か細く寂しげに1匹だけ
なき始めていました。

季節外れの鳴き声でした。

「お父さん・・・1個だけパッション・フルーツができよんよ
知っていた・・・???」

これも季節外れといえば季節外れです。

kisetuhazurenosuzu.jpgkisetuhazurenopasshonn.jpg

カテゴリ