新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 2020年8月

「時雨」あれこれ

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

先日ブログに「虫時雨」のことを
書いたのが頭に残っていた為か
K高さんに頂いた
「快気内祝」の中に入っていた
「海苔佃煮」を見たとき
「佃煮」と「時雨煮」とは
どう違うのかフト考えた。

20tukudakik08.jpg

「時雨」というのは
急にパラパラと降っては止み
しばらくすると通り過ぎていく
冬の雨のことだそうだ。

「虫時雨」はたくさんの虫が鳴く様子を
「時雨」が降る音に例えた言葉。

ひとつの場所で
一斉に鳴いたかと思うと
鳴き声が止み
しばらくすると
別の場所から
聞こえてくる様を
「時雨」の雨音に
重ねたところが
日本人らしい感性だ。

鳴き声に「時雨」を使った言葉は
ほかにも「蝉時雨」がある。

「春時雨」は春に降るにわか雨。

「初時雨」はその冬に最初に降る「時雨」。

「露時雨」は露が一面に降りて
「時雨」で濡れたように見える様子だそうだ。

「時雨煮」は「佃煮」の仲間だが
ハマグリなどのむき身に
ショウガの薄切りなどを加えて
砂糖や醤油で煮たもの。

「時雨煮」の名前の由来。

ハマグリを醤油でさっと煮る様子を
「時雨」に例えたという説。

「時雨」の時期が一番ハマグリの
美味しい季節だからという説。

口に入れたときに
様々な美味しさが
「時雨」のように
駆け抜けていくからという説。

いろいろあるようだ。

昨日
タントをあさごえ動物病院
連れて行ったとき
タントが低く唸るもので
人様を噛んではいけないと
口の中に人差し指を
つっかい棒のように
差し込んで置いたら
興奮したタントに
私が噛まれてしまった。

20tanntokamu08.jpg

飼い主も不注意なら
飼い犬も不注意。

人差し指は腫れて曲がらず
箸も持てない。

「またブログのネタ探し?」
と奥さんは笑っている。

タンとは恐れ入って
近づかない。

私はひたすら
ズキズキとする痛みを
こらえている。

馬鹿々々しい限りだ。

何がネタ探しじゃ‼‼‼

反発しながら
早速ブログに書いている
自分の性(さが)が悲しい。

カテゴリ

小人閑居して何やかやあり

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

私は近頃ほぼ閑居状態で
事務所にはブログを書きに
来るぐらいなものだ。

今日も午後11時半頃に
ブログを書きに事務所に来た。

私の机の上に今後の上棟予定の
ダイゴの報告書が置いてあった。

2020・11月中旬...T中様邸
2021・ 1月上旬...H川様邸
2021・ 3月中旬...K岡様邸

ホワイトボードの工程表には
別紙に記入した10件の
リフォーム予定表が貼ってある。

ありがたいことでだ。

しかし
上手に工程を組んでいかないと
お客さんにご迷惑をお掛けする。

ダイゴとチヒロが
うまく連携を組んで工程をこなし
お客さんの信頼を損なわない
仕事をして貰いたいものだ。

我が家では昨夜
散歩を焦ったタントが
階段を降りるときに足を滑らせ
私の目の前で
頭から床に突っ込んでいき
動けなくなってしまった。

20tanntoochiru08.jpg
それが午前2時。

奥さんも起き出してきて
朝までタントの体のあちこちを
押したり摩ったりしたが
強く押したからと言って
そこが痛いと呻く
ようなことはなかった。

ただ 立とうとしても
前足が2本とも
フニャリとして
踏ん張りがきかず
床に大きな頭を
のめりこますような
倒れ方をする。

骨が折れたようではないが
体の左側から落ちたので
左側頭部・左首・左肩を
思いきり床に打ち付け
一瞬 脳震とうを起こした
のではないかとも思う。

開院時間を待って
加須山のあさごえ動物病院
診察を受けに行ったが
怖い顔に合わない小心者で
小便をまき散らして
周りを困らせていた。

お尻に2本痛み止めを打たれ
薬を2錠もらい
明朝10時の診察予約をして
帰ってきた。

「骨に異常はないでしょう」
とのこと。

病院から帰ってきてからは
食べ物につられて居間に来て
足元に寝そべるようになり
ひと安心だが
まだ以前のようには歩けない。

奥さんも2階で寝ると
タントが寂しがるだろうと
今夜から居間のソファーで
寝ることにした。

20mi-nokyuuusokuba08.jpg
そんな騒ぎをよそにミーは
脱衣場のカラーボックスが
気に入ってしまい
その中でひねもす
のたりのたりしていて
時々そばを通る私たちの足に
表情も変えずに爪を立てて
ニャァ~と叫んでいる。

私のような小人は
閑居していても
何やかやとあるものだ。

カテゴリ

私のメガネ

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

私は近頃 茶の間で
一人寝をしている。

昨日は11時半に目が覚め
事務所に行こうと
台所でメガネを探した。

20megane08.jpg
食卓テーブルの上に
メガネは無かった。

隣の居間に入って行き
ソファーの前の机を見たが
その上にもメガネは無かった。

茶の間に戻り
コタツの上も確かめたが
メガネは無かった。

探していたのは
メガネ屋で老眼度を測定した
普段使いのメガネだ。

そのメガネが無いと
辺りの物がぼやけ膨張して
霧がかかったようになり
目がショボショボとする。

ざっと探したが
メガネが無いので
近い所だからと
そのまま事務所に行き
ブログを書いて帰宅した。

再度
台所・居間・茶の間と
メガネを探していると
散歩の時間だと
タントが奥さんの寝室から
階下に降りてきた。

メガネ探しを中断して
散歩に行った。

裸眼で歩くと
一つの街路灯の明かりが
四つにも五つにも分かれて
細かく台形になって光り
足元の道は歪曲して
誠に歩きづらかった。

散歩中は
歩くのに閉口しながらも
どこにメガネを置いたのか
記憶を追い続けていた。

帰宅をし
玄関でタントの
手足を雑巾で拭き
じっくりメガネを探そうと
タントに続いた。

廊下のタントが
二階に戻ろうと
階段を上り始めた。

『まさか』と思った。

『もしかして』と疑った。

『ありうる』と感じた。

タントと一緒に
奥さんの寝室に入った。

サイドテーブルに
懐中電灯を向けた。

私のメガネがあった。

縁の目には霧が降る

縁があって結ばれるもの同士は
お互いに相手の欠点が
霧がかかったように見えず
美点だけが映るという。

「何してるん?」

「何してるん?やなかろうが‼」

『どうして私のメガネを
寝室まで持ってくるのだろう...?』

近頃は欠点しか見えないが
それだけは霧の降るように
なってしまった目に
メガネを掛けて
奥さんの寝室を出ながら
「分らんやっちゃ」
と独りごちた。

カテゴリ

K高さんの快気内祝

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

事務所に来ると机の上に
K高さんの「快気内祝」が
置いてあった。

20ksannkaiki08.jpg
家のお引渡しをしてすぐに
ご主人が心筋梗塞で
緊急入院をされたので
心配をしていた。

少し古いが
2011年の資料では
室内の寒暖差
(ヒートショック)
が原因の入浴中の
死亡事故は約17,000人
だったという。

ユーリン・ホームは
そのような事故を防ぐために
建築費は高くなるが
発泡ウレタン注入断熱を
創業以来の標準仕様にして 
室内の温度差のない
家づくりを目指してきた。

真備で震災に合われ
家は全壊となったが
私となら7歳年上で
まだまだ 
お元気でいて頂かないといけない
Kさんのご主人である。

終の棲家で心地よい
暮らしをしてもらいたい
そのように願いながら
K高さんと一緒に
建てた家なのだ。

春夏秋冬 外は四季折々
変わりゆく景色があり
暑い寒いと嘆く日々もある。

しかし
家の中だけは温度差のない
安心と安全を保障できる
住む人にやさしい空間を
提供できたと自負している。

K高さんご一家には
もっともっと
住まい心地の良さを
堪能して頂かなくては
と思っていたので
これほどもらってうれしい
内祝いはなかった。

K高さんのご主人...
よかったです。

そして
ありがとうございます。

家のことで
何かありましたら
いつでもご連絡を下さい。

すぐにお伺いいたします。

私も近くに行きましたら
また
遊びに参ります。

カテゴリ

備中ひばり氏のゴルフ川柳

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日は水曜日で
事務所に出なかったが
夕方 
チヒロから電話があり
早島の三原さんが来られたが
帰られたと知らせてきた。

20gorusenn08.jpg
備中ひばりこと三原昭男氏の
新著・ゴルフ川柳
シャインマスカットを頂いたという。

「ゴルフは我が人生そのものである」と、
言った人がいた。
 練習しても努力しても、なかなか上手く
ならない。ラウンドすれば、ミスが続いて
大叩きもする。
 ところが、今日はやることなすことうま
くいった。スコアの新記録が出た。と、い
うことがたまにある。
 集中して一生懸命にやれば、なにか不思
議なことが起きるのがゴルフである。その
魅力に取りつかれた人は多いし、私もその
一人である。
 ゴルフ人生、泣いたり、笑ったり......。
それらを川柳にまとめてみましたので、ご
披見ください。
            備中ひばり


三原さんは川柳に随筆に絵にと
多彩な人である。

20pa-408.jpg

20matunigake08.jpg
写真は
岡山ゴルフ倶楽部
帯江コース

(右)H16 パー4
 松笠に 
  打ち込み怨霊
     まだ解けず

(左)H17 パー3
 松に崖
  迷わず打って
     ナイスオン

カテゴリ

虫時雨(むししぐれ)

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

我が家のスズムシのケージは
盆明けにオスどもが死に絶えて
虫の声も聞こえなくなったが
庭では虫時雨が響き始めた。

20musisudaku08.jpg

我が家の庭では
草枯らしや殺虫剤の使用を
一切禁止にしているので
奥さんの手付かずの場所は
草が生え放題で蚊も舞い放題。

夏場は
アマガエルやクマゼミが
うるさいが
秋が深くなると
コウロギやキリギリスが
いたるところで鳴き始め
虫集(すだ)く」「虫時雨」の
しっとりとした秋の風情を
楽しむことができる。

清少納言は「虫という章」で
「虫は鈴虫。ひぐらし。蝶。松虫。
きりぎりす。はたおり。」と
鳴く虫を好ましいと列挙している。

平安貴族の間では
籠に入れた虫の声を
聴いて楽しむのが
風流とされていたという。

ただし
清少納言のころの
キリギリスはコオロギのことで
キリギリスはハタオリと
言われていたらしい。

秋風に ほころびぬらし 藤袴
  つづりさせてふ きりぎりす鳴く

古今和歌集で
ツヅリサセ...ツヅリサセ...と
鳴いているのはコオロギだそうだ。

今夜も出しなに玄関脇の
西洋ハナミズキの葉陰から
チーィ...チーィ...と鳴いていたのは
キリギリスだと思う。

 雨々ふれふれ もっとふれ
 私のいい人 つれてこい
 雨々ふれふれ もっとふれ
 私のいい人 つれてこい

私のいい人連れて来い
と時雨て鳴くのは
虫の場合はオスだけだ。

昨今は人間も同じか...。

カテゴリ