新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 動物

小人閑居して何やかやあり

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

私は近頃ほぼ閑居状態で
事務所にはブログを書きに
来るぐらいなものだ。

今日も午後11時半頃に
ブログを書きに事務所に来た。

私の机の上に今後の上棟予定の
ダイゴの報告書が置いてあった。

2020・11月中旬...T中様邸
2021・ 1月上旬...H川様邸
2021・ 3月中旬...K岡様邸

ホワイトボードの工程表には
別紙に記入した10件の
リフォーム予定表が貼ってある。

ありがたいことでだ。

しかし
上手に工程を組んでいかないと
お客さんにご迷惑をお掛けする。

ダイゴとチヒロが
うまく連携を組んで工程をこなし
お客さんの信頼を損なわない
仕事をして貰いたいものだ。

我が家では昨夜
散歩を焦ったタントが
階段を降りるときに足を滑らせ
私の目の前で
頭から床に突っ込んでいき
動けなくなってしまった。

20tanntoochiru08.jpg
それが午前2時。

奥さんも起き出してきて
朝までタントの体のあちこちを
押したり摩ったりしたが
強く押したからと言って
そこが痛いと呻く
ようなことはなかった。

ただ 立とうとしても
前足が2本とも
フニャリとして
踏ん張りがきかず
床に大きな頭を
のめりこますような
倒れ方をする。

骨が折れたようではないが
体の左側から落ちたので
左側頭部・左首・左肩を
思いきり床に打ち付け
一瞬 脳震とうを起こした
のではないかとも思う。

開院時間を待って
加須山のあさごえ動物病院
診察を受けに行ったが
怖い顔に合わない小心者で
小便をまき散らして
周りを困らせていた。

お尻に2本痛み止めを打たれ
薬を2錠もらい
明朝10時の診察予約をして
帰ってきた。

「骨に異常はないでしょう」
とのこと。

病院から帰ってきてからは
食べ物につられて居間に来て
足元に寝そべるようになり
ひと安心だが
まだ以前のようには歩けない。

奥さんも2階で寝ると
タントが寂しがるだろうと
今夜から居間のソファーで
寝ることにした。

20mi-nokyuuusokuba08.jpg
そんな騒ぎをよそにミーは
脱衣場のカラーボックスが
気に入ってしまい
その中でひねもす
のたりのたりしていて
時々そばを通る私たちの足に
表情も変えずに爪を立てて
ニャァ~と叫んでいる。

私のような小人は
閑居していても
何やかやとあるものだ。

カテゴリ

虫時雨(むししぐれ)

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

我が家のスズムシのケージは
盆明けにオスどもが死に絶えて
虫の声も聞こえなくなったが
庭では虫時雨が響き始めた。

20musisudaku08.jpg

我が家の庭では
草枯らしや殺虫剤の使用を
一切禁止にしているので
奥さんの手付かずの場所は
草が生え放題で蚊も舞い放題。

夏場は
アマガエルやクマゼミが
うるさいが
秋が深くなると
コウロギやキリギリスが
いたるところで鳴き始め
虫集(すだ)く」「虫時雨」の
しっとりとした秋の風情を
楽しむことができる。

清少納言は「虫という章」で
「虫は鈴虫。ひぐらし。蝶。松虫。
きりぎりす。はたおり。」と
鳴く虫を好ましいと列挙している。

平安貴族の間では
籠に入れた虫の声を
聴いて楽しむのが
風流とされていたという。

ただし
清少納言のころの
キリギリスはコオロギのことで
キリギリスはハタオリと
言われていたらしい。

秋風に ほころびぬらし 藤袴
  つづりさせてふ きりぎりす鳴く

古今和歌集で
ツヅリサセ...ツヅリサセ...と
鳴いているのはコオロギだそうだ。

今夜も出しなに玄関脇の
西洋ハナミズキの葉陰から
チーィ...チーィ...と鳴いていたのは
キリギリスだと思う。

 雨々ふれふれ もっとふれ
 私のいい人 つれてこい
 雨々ふれふれ もっとふれ
 私のいい人 つれてこい

私のいい人連れて来い
と時雨て鳴くのは
虫の場合はオスだけだ。

昨今は人間も同じか...。

カテゴリ

タントの病気

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

私が蝿叩きでゴキをたたき
その音の大きさに驚き
居間を飛び出したタントは
その後ウツになったかのように
まったく食欲を失くし
玄関から離れようとしなかった。

そんなタントが
昨日から居間に
入ってくるようになった。

20futetann08.jpg

この2~3日の間
なんで蝿叩きで怒られたのか
原因を探るために
タントはいろんな悪さをした。

奥さんと私の反応を
試していたような気がする。

最初に脱糞
それから小便
食べた物は吐き
飲んだ物も吐き
空ろな目をして
うずくまったまま。

名前を呼んでも
上目遣いでになるだけで
無反応。

私も奥さんも
絶対に病気になったと思い
悪さを叱るどころではなかった。

木曜日には奥さんが
病院で診察を受けさせると
タントを車に乗せて
出かけて行った。

私も即座に3万円を手渡した。

利口なタントは
それでやっと
蝿叩きの音は自分への
叱責ではなかったと
推測したのではなかろうか。

今まで通りの日常生活を
送る気になった。

昨日は朝食時に
私の足元でパンのヘタを
せがむようになり
冷房の効いた居間で
寝そべるようにもなった。

私たちが怒ってないと
見極めたのだ。

それでもまだ
以前のような溌剌さは
感じられない。

私の理不尽な行動に対して
警戒心を100%
解いたわけではないと
全身で訴えかけているようだ。

そのあたりが心配なのだが
病院の結果は...。

「今日は獣医さんは
みんなお休みみたい...」

あくる日の金曜日には
居間に入ってきたタントを見て
奥さんは病院に連れて行く気が
なくなったようだ。

それなのに私は
3人の諭吉さんと再会を
果たせないままなのだ。

20sisikunnsei08.jpg

昨日は
茶屋町で建築中の
I田さんから
猪肉の燻製を頂いた。

珍しいものを
ありがとうございます。

カテゴリ

脱糞

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日のタントは一日中
様子がおかしかった。

散歩から帰り涼しい部屋で
私はパジャマ姿になって
タントは腹ばいになって
寛いでいるとき
床をゴキブリがスルスルと這った。

私は蝿タタキを手に
そのゴキを思いきり叩いた。

床でパシッと大きな音がした。

タントが素早く姿を隠した。

タントは2階の奥さんの寝室に
行ったものだと思い
私はそのまま寝たが
朝起きてくると
奥さんが尋ねてきた。

「お父さん...
タントに何かしたの?
朝から小屋に籠ったままだし
玄関には山盛りの
ウンコをしているし...」

私はとっさには
何の話か分からず
犬小屋の中のタントに
話しかけた。

「タント...どうした?
なんかあったんか?」

タントは後ろ頭に
耳をへばり付かせ
マナコを左右に泳がせながら
私を見上げてきた。

その表情は
悲しいというより
切なくて苦々しいもの
に見えた。

『しかみ像』の
家康の表情に
どこか似ていた。

20sikamizou08.jpg

三方ヶ原合戦で
信玄に打ち破られ
敗走する馬上で
脱糞した時の
家康の表情だ。

『私が急に怒り出した思い
タントはよほど
怖かったに違いない
玄関まで逃げて行って
そこで思わず
脱糞したのだろう』

そのように想像すると
いじらしくなって
ジャーキーを手にして
名前をいくら呼んでも
タントは近寄って来なかった。

今朝もこれから散歩だが
タントは果たして
起きてくるのだろうか?

心配なことだ。

20kouchikechappu08.jpg

昨日リフォームの
見積もりに行った
ダイゴ夫婦が
S木さんから
高知のケチャップを
頂いてきた。

一昨日の土地の契約時に
私の母方の祖父母が
高知出身だと話したから
なのかもしれない。

「小田原の蒲鉾...
美味しいですものねェ~」
で話が通じるほど
物知りなS木さんだから
さもありなんとも考える。

奥さん...いつもありがとうございます。

カテゴリ

観葉植物の植替えがほぼ終了

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日の午後
ストレリチア・オーガスタ
シェフレラ(カポック)の
植替えを済ませた。

一気呵成にとはならず
チンタラチンタラ
ひと月以上もかけての
我が家の観葉植物の
植替えもほぼ終了した。

20o-gasuta08.jpg

写真の
手前がストレリチア・オーガスタ
奥がシュフレラ(カポック)。

鉢も新しいのは買わず
少々傷があっても
古いのを使い回ししたので
赤玉土と腐葉土の費用負担で
済ますことが出来た。

「そんなに鉢物ばかり増やして
それも大きくなる物ばかりで
冬になったらどうするのん‼‼‼」

奥さんには夏なのにすでに
冬越しのことで叱られている。

和室に養生シートを敷き詰め
鉢受皿の深めの物を用意して
水は受皿で補充して
畳を濡らさぬように
一冬をやり過ごすしかない。

八畳間なら15~6鉢は置けるだろう。

20tonarinomi-08.jpg

昨日
空気が陽炎のように霞む
暑い最中を我が家のミー
お隣の屋根に出張していた。

迷惑が掛かってはいけない
と呼び戻すためミーミーミー
名前を連呼しても無視。

ネコの耳は
片方から入った人の声を
もう片方から
すんなりと出すように
出来ているようだ。

馬耳東風ならぬ猫耳東風

ネコは飼うことが出来ても
支配することは出来ないと
つくづく実感した。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

スズムシの飼い方

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

歳をとると何事に付け
大着になるものだ。

スズムシを飼い始めて
五十有余年。

湿度が高いケージの中を
いつも清潔に保つために
ナスやキュウリは
竹串に刺して
空中に浮かし
鰹節の粉などは小皿に入れ
土に触れてカビが生えないように
心掛けてきた。

20suzumusi107.jpg

しかし 今年から
世話をするのが邪魔くさく
長ナスを2つに切り分けて
ブリックの上に掛け渡し
ナスの果肉を皿代わりにして
鰹節の粉を
盛っておくことにした。

すると
それの方が
スズムシたちの
餌食いが進んだ。

昨日も3日振りに
ナスを交換し
鰹節の粉を盛ると
すぐに
スズムシがナスに
這い上がって来て
餌を食べ始めた。

20suzumusi207.jpg

自分が楽するために
大着をすると
スズムシたちにも
楽だったようで
餌食いが良いと知った。

おかげで 今年は
成長するスズムシの
歩留まりも多くて
よく鳴いてくれる。

私も
齢(よわい)七十にして
スズムシの飼い方に
開眼(かいげん)したようだ。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ