新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 動物

白いパンダ

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日5月28日(火曜日)の
読売新聞朝刊の国際蘭の記事。

siropannda5.jpg中国で「白いパンダ」
 四川省 撮影に成功

【上海=吉永亜希子】中国中央テレビは
26日、四川省の臥竜保護区内で、白い
野生のジャイアントパンダが撮影された
と報じた。中国メディアによると、中国
国内では1990年頃から部分的に白化
した数頭が発見されているが、全身が真っ
白なパンダの撮影に成功したのは初めて
という。
 白いパンダは4月中旬、自然保護区管理
局が海抜約2000㍍の山中に設置した赤
外線カメラに、積もった落ち葉の上を歩く
様子が映っていた。目は赤っぽく、1~2歳
と推定されている。
 中央テレビは、遺伝子の異常で白化した
との専門家の見方を紹介した。野生動物と
しての活動や繁殖に影響はないという。

白いパンダシロクマではないでしょうか?

小壺に活けたシダの横に
奥さんの好きなブサカワの
フレンチブルの人形を置きました。
sidatobusakawa35.jpgsida2.jpg

カテゴリ

用水のコガモ(?)

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

最近 我家の西側の
幅一間ばかりの用水に
毎日のように飛んでくる
カモのツガイがいます。

近付いても それほど
動じることもなく
淀んだ水に
クチバシを突っ込んで
餌をあさっています。

我家の西側の用水のtugainokamo4.jpg
その西側の県道の
更に西側の汐入川に
冬 カモたちが姿を
見せ始めたのは
数年前からでしょうか。

今年は我が家の横の用水にまで
進出してきて
「小さなカモだなぁ~」
と思って見ていたのですが
オスの婚姻色で調べますと
マガモではなくて
コガモ(?)だったようです。

居付くようでしたら
パンのヘタでも買って来て
投げ入れてやりましょうかね。

カテゴリ

春よ春よと 踊っていたよ

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

朝の散歩に手袋やネック・ウォーマーを
身に付けずに出かけました。

頬や耳朶にはまだ少し厳しいですが
からだ全体を包む空気感は春でした。

     七色の谷を 越えて
     流れていく 風のリボン
     輪になって 輪になって
       駆けて行ったよ
    春よ春よと 駆けていったよ

     美しい海を 見たよ
     あふれていた 花の街よ
     輪になって 輪になって
       踊っていたよ
    春よ春よと 踊っていたよ

     すみれ色してた 窓で
     泣いていたよ 街の角で
     輪になって 輪になって
       春の夕暮れ
    ひとりさびしく 泣いていたよ

タントと土手道を歩いていると
ごく自然に「花の街」のメロディーが
口の端に浮かんできて
足取りまで軽くなっていきました。

春はすでに身近に来ています。

カテゴリ

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

朝の3時に散歩に出かけようと
玄関から門扉まで歩を進めると
空から冷たい物が降ってきて
「あっ・・・雪だ」と玄関まで
傘を取りに戻りました。

雪は降ってきましたが20192gatuyuki.jpg
タントと雪を踏みしめて歩き
処女雪の上に足あと靴あとを
残しておくという願いは
叶いませんでした。

なのに・・・・・・。

二度寝をして
7時に起きてみると
まだ粉雪は降り続き
散歩をする土手道も
うっすらと雪化粧です。

ざんねん・・・・・・。 

カテゴリ

キジが国鳥になれたのは岡山県のお蔭です

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

kiji.jpgyamadori12.jpg1947年に日本鳥学会で
日本の国鳥を選ぶ時
キジとヤマドリが激しく
その地位を争いました。

条件は日本固有種で
一年中観察できて
優美な姿をしていること。

その条件では両者相譲りませんでした。

最後にキジに軍配が上がったのは
桃太郎伝説にキジが登場していたこと。
.
.
日本の国鳥になったキジは
1984年には一万円札の
図柄にも採用されましたが
現在の日本鳥学会では
キジは日本固有種ではなく
大陸のキジと同種と
分類されてしまいました。

houou12.jpg一万円札の図柄も鳳凰に
取って代わられました。

ヤマドリは今でも
日本固有種ですのにねぇ~。

キジが国鳥になれたのは
岡山県のお蔭ですよ。

カテゴリ

現実はやがて私に追いつくであろう

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日
『岡山イオン』の「未来屋書店』で
本を2冊買ってきました。

『評伝 小室直樹 下・現実はやがて私に追いつくであろう
(村上篤直 著・ミネルヴァ書房)』

第二二章 日本近代化と天皇
空気――295㌻~296㌻
 小室 しかし他方、日本教にもそうした意味の教義はないにもかかわらず、
   機能においては教義の働きをするものがあるように思うのです。(中略)
    日本教に教義と同じ機能をするものはないかと探っていくと、山本さんが
   提起された「空気」につきあたるわけですね。
 山本 そうです。まさに「空気」ですね。つまり、キリスト教が日本に入ってくると、
   その宗教本来の意味が骨抜きになってしまう。この場合、よく言われる"骨を抜く〟
   というのは、こちらの側に排除の原則があるということです。日本に来ると、何でも
   こっちにもっと徹底的な原則があるがゆえに、その原則に反するものは全部骨を
   抜かれてしまう。その原則を私は、「空気」と定義したわけです。

山本七平氏が好きで
氏の本はよく読んでいましたので
小室氏と山本氏の対談の箇所は
本当に興味深く読めました。

もう1冊買った本はkomuroge11.jpg
『トリノトリビア 鳥類学者がこっそり教える野鳥のひみつ
(監修・川上和人マンガ・マツダユカ 東西社)』
【帯】
片桐仁さん推薦!
 この本を読めば、
 道ばたのスズメや

 カラスと
 友達に
 なれます!

スズメにも都会育ちと
田舎育ちがあり
都会では喧騒の中で
育ちますので
さえずる言葉(?)の数が多くて
都会育ちのオスは
田舎モンのオスより
メスに良くもてると
本で読んだことがあります。 

『トリノトリビア』のよると
「スズメはほおの斑点が大きいほどもてる」
らしいです。

 この黒い斑点は鼓隊によって少しずつ大きさが違います。
そしてオスでは、からだに酸素を取り込む能力が高いほど
斑点が大きいことがわかってきました。つまり、体力があって
健康なオスほど大きな黒班をもつということです。

オトコもオスもモテるためには
お喋りで健康であることが大切です。

カテゴリ