新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 植物

残念な月下美人の花

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日はチヒロの運転手をした。

午前中
総社市役所に行き
昼食を取りに
実家に帰ってきたら
奥さんが玄関脇に
佇んでいた。

「どしたん‥‥
そんなとこで?
月下美人の花を
見てたんか?」

20gekkabijinn10.jpg
しお垂れた2輪の
花を発見して
奥さんに言った。

私は花が咲いたことを
初めて知ったのだが
奥さんも同じだったようだ。

私以上に驚いて
声がⅠオクターブ
跳ね上がった。

「嘘じゃろ‼‼‼
昨日の夜に咲いたん‼‼‼
2つも咲いたん‼‼‼
お父さん知ってたん‼‼‼
昨日雨が降ったから
水をやらんかったんよ‼‼‼
蕾がついてたん‼‼‼」

奥さんの嘆くまいことか‥‥。

私は思わず笑ってしまった

月下美人が
秋になって
2輪も咲くとは
思ってもみなかった。

夜に見つけられなかった
残念な月下美人の花だった。

20mikann0930.jpg
秋になると言えば
庭の隅のミカンの木に
たわわに実が付いている。

色付くのが楽しみだ。

カテゴリ

2鉢を1鉢に

オンリーワンの家づくり倉
敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今日は午後から
洗った陶器鉢に
斑入りモンステラと
ウンベラータを
植え替えた。

20unnbe2hachi10.jpg
2鉢のウンベラータを
大きな陶器鉢1鉢に
移植したのだ。

季節的には
褒められないが
根を痛めるような
植え替えではなく
鉢からスポッと抜いて
1株に合わせるような
植え替えなので
紅葉前線と共に
事務所の室内に
取り込めば
冬越しもできるだろう。

鉢は縦長の物を選び
赤玉土7:腐葉土3に
マグアンプkを
まぶして混ぜて
用土を作った。

20uekaeunnbde10.jpg
斑入りモンステラも
2鉢を1鉢にした。


20uekaemonnsu10.jpg

これで大鉢の観葉植物が
セローム・斑入りモンステラ
ウンベラータと3種類になった。

事務所の室内のどこに置こうか
嬉しい悩みが始まった。

20mihachi10.jpg

カテゴリ

今年増やしたビカクシダの鉢

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

日中はまだ
半袖シャツでいられるが
朝夕は長袖でないと
肌寒くなってきた。

後ひと月もすると
紅葉前線の便りが
聞こえるようになり
前線が過ぎ去るころには
観葉植物を室内に
取り込まねばならなくなる。

20nobirusinnme1909.jpg
9月11日(金)に気が付いた
リュウビンタイの新芽が
ほぼ1週間で伸びてきた。

嬉しくなって
デジカメで新芽を
写したついでに
今年になって
増やした
ビカクシダの鉢も
デジカメに
納めておいた。

20bikaihachi209.jpg


20bika2hachi09.jpg


20bikaihachi109.jpg


今年の冬越しは大変だ。年の冬越

20bikasnnme09.jpg

カテゴリ

台風に備え鉢を取りこんだ

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

朝食後すぐに事務所に来た。

台風10号の強風に備え
事務所の玄関スロープの
観葉植物の鉢を
室内に取り込むためだ。

シダを半分は風呂場に移し
その空きに多くの鉢を入れたが
一部は玄関やホールにも
置かねばならなかった。

20ireru309.jpg

20ireru209.jpg

20ireru109.jpg
冬を迎えたときには
どうしよう...???

 

カテゴリ

シダのフィドルヘッド

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日は奥さんが
ウクレレ教室とかで
夕食の準備をして
午後5時に
家を出て行って
しまったもので
タントに練り物の
ドッグフードを
一口づつスプーンで
与えながら
私も寂しく
飲み且つ呑み
ノタリノタリと
食事をして
いささか焼酎を
過ごしすぎた。

一寝入りをし
12時を過ぎた今も
飲んだアルコールは
まだ頭の中から
蒸発していない。

20fidoruheddo08.jpg

写真は
アスプレ二ウス・二ドゥスの
新芽だ。

ゼンマイが代表だが
シダの新芽は
このような形のものが
多い。

バイオリンの
上部分に似ているので
フィドルヘッドと
いうらしい。

昨日 目にして
薄緑色も形状も
いかにも初々しく
デジカメで
撮っておいた。

202shutuika08.jpg

展示場のLDKのシダを
2種類追加した。

晩秋にはこの事務所に
冬越しのため
すべてのシダの鉢を
取り込むことになるのだが
実家に7鉢
事務所のアプローチに5鉢
シダ類の鉢だけでもあるので
しかも大鉢が多く
今から悩ましい。

ジャングルのようになれば
と楽しむ気持ちもあるのだが...。

昨日 昼食をすまし
実家を出ようとすると
携帯電話が鳴った。

瓦屋の越智さんからだった。

「今事務所の駐車場
なんですが...
誰もおられんから...」

「ちょうど
向かっているとこです」

「ブドウを持ってきたんですが
今年はなりが悪くて...」

20ochipio08.jpg

越智さんは毎年
奥さんが作っておられる
ブドウを持参して
下さるのだが
今年は色付きが
悪いのだという。

原因はわからないが
どこともそうらしく
味には影響ないとのこと。

越智さん...
毎年ありがとうございます。

カテゴリ

リュウビンタイ

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋ユーリン・ホーム。

誕生プレゼントのリュウビンタイを
次女が家に持ってきてくれた。

20ryuubinntai08.jpg

根元がゴツゴツとしていて
渦状に伸びる新芽は
ゼンマイのような形で発芽し
成長すると熱帯植物を思わせ
2メートルほどになることもある。

リュウビンタイは以前にも
次女に買ってもらい
それなりに
大きくなっていたのだが
突然
枯れてしまった経験がある。

日本でも
自生しているシダだから
それほど難しい環境で育つシダだ
とは思わないが
今回は
細心の注意を払って
育てていくつもりだ。

20gotugotu08.jpg

リュウビンタイの根元が
ゴツゴツしていると書いたが
この根元を根茎と言って
過去の経験では
芽が一つ出るたびに
根茎も一つ増えていました。

リュウビンタイの
増やし方としては
この根茎を一つ一つ
ばらけさせて
ミズゴケで巻き
発根発芽を
させていくらしい。

話は変わるが
ありがたいことに
監督のダイゴがブログを
書くようになって
ホーム・ページを
見に来る人が多くなった。

11日の
「木オモテ木ウラ」も
面白かった。

やっぱりプロの話は奥深い。

カテゴリ