新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

スタッフブログ - 学ぶ

進化しつづけるリクシル

こんにちは。

この2日間いろいろあった千です。

一昨日は、監督の現場手伝い。

25本の木材を塗装しました。

なかなか大変でしたが、監督がとても褒めてくれたので気分よく仕事ができました。

                                                                                                                                               昨日は午前中、リクシルの方が商品説明に来られました。

1910312.jpg営業さんの目の前に立っているのが、業界初のスマホで開閉ができる玄関ドアのサンプル。

鍵の部分のみなので、玄関ぽくないですが、スマホでボタンを押すと鍵がかかったり、外れたり。

小さなお子さんが家に帰ってきたかどうかも、スマホに通知がくるので、心配な方にはいいかもしれないですね。

また、鍵を忘れた方も、家族に電話して開けてもらえるようになります。

それにしてもハイテクです...。

時代についていけるかしら。

191101.jpgスマートフォンで操作できるという玄関ドアの案内。

誰が出入りしたか、という履歴が残るので、時間が細かく分かると具合の悪い人も出てくるかなぁという話になりました。

一度、お引渡ししてすぐのお客さまで、お子さんが鍵をなくしたけど、大丈夫かなぁというご相談を受けたことがあります。

小さいお子さんに鍵を持たすのが不安だったら、親御さんが操作して家に入る、という手段もありますよね。

アプリが登録できるなら、キッズケイタイでも鍵になるようです。

ほんと、ハイテク。

1910311.jpg写真は、リクシルさんのリフォーム商材を載せた車。

PATT(ぱっと)トリカエル(取り替える)

ということで、トリとカエルのイラスト入り。

目を引く可愛い車です。

おじさんが乗るのに、ちょっと恥ずかしいそうですが。

そんな新しいリフォーム商材の一つ。

今まで古かったり、メーカーがないと対応できなかった浴室の折れ戸。

どんな年代のどんなメーカーの折れ戸にも対応できるものができたそうです。

またご案内できたらと思います。

カテゴリ

怒涛の1週間

こんにちは。

怒涛の1週間だった千です。

火曜日スタートだったので、ただでさえ短かったのに、ご新規のリフォーム見積依頼が18日と19日に入り...。

19日には1階フルリフォームのお見積りを持参する予定で、17日は二級建築士の定期講習で1日潰れたので、本当にバタバタでした。

来週は、屋根の瓦差し替え工事が月曜日にあります。

Mさま、よろしくお願いします。

191019.jpg写真は、17日の定期講習の様子。

おじさん率の高いこと。

職人さんと同じで、建築士も男社会で高齢化が進んでるんだなぁ~としみじみ実感しました。

設計は体力仕事ではないものの、まだまだ女の少ない職種なんでしょうか。

最後にテストがあるので、誰も寝ていませんでした。

が、久しぶりに5時間の座学は疲れました。

後は、テストに合格していることを祈るばかりです。

カテゴリ

大型パネル工法の上棟

こんにちは。

ふくらはぎの痛み継続中の千です。

痛みが右に広がり地味に困ってます...。

それはさておき、今日は朝からプレカットでお世話になっているヤマホンさんが

パネル工法での上棟をされるというので、ガマさんと見学に行ってきました。

1907041.jpg工場で、間柱、柱、断熱材、外壁面材、透湿防水シート、胴縁まで施工して現場に搬入。

写真は、大型パネルが吊り上げられているところです。

何だか、メーカーの家みたい、というのが正直な第一印象でした。

が、大工さんの数の減少や家造りの工期短縮など、これからのことを考えると、主流になっていくのかなぁと思いました。

今日はヤマホンさんにとっても初めてなので、7人の大工さんが入られていましたが、慣れたら5人でできるだろうとのこと。

在来木造を工業化したというこの大型パネルの施工自体、岡山では初めての試みとのことでした。

工場は全国に5か所あり、その内の1か所は岡山にあるのです。

「大阪の工務店が、岡山工場のパネルを搬入しているんだから、岡山の会社がこれを使わない手はない、って思ったんです」と山本社長が語っておられました。

監督は先に来ていて、上棟が始まる朝8時から10時頃まで見て次の現場へ行きました。

1907043.jpg                                                                                                                    上棟した家の図面の申請をした設計事務所の清水社長から

「関係者以外の方はご遠慮ください...」と冗談を言われたガマさん。

太陽光に反応して色が変わるメガネのおかげで、最近流行りの反社会勢力の方のようです。

日中、一緒に外に出るときは、ちょっと離れて歩いた方がいいかもしれません。

ヤマホンさんは、歴史のある会社だとは思っていましたが、今日いただいた資料に、明治40年創業という記事がありました。

今の社長さんで6代目だそうです。

会社が長く続く秘訣は、新しいことを考え、取り入れることでしょうか。

現場は社員さんと職人さんの熱気にあふれていました。

カテゴリ

趣味が首をしめる

こんにちは。

趣味が自分の首をしめている千です。

足圧という、相手の体を踏んで、血行をよくしてあげるものを習っていました。

2016年に初級をとり、2017年に中級を、というところで妊娠・出産があり中断。

先生が「そろそろどんな?」と声をかけてくださり、ちょうどお一人で習われている方がおられたので、2月から一緒に習うことになりました。

2016年の頃の方がよく仕事をしていたにも関わらず、よく練習できていたように思います。

今回は、練習相手もおらず(監督とは生活時間が違うため)、あまり練習できていないまま次の講習にのぞんだりしてました。

普段は、練習ができない~と思いつつすごし、講習では、テキストばかり見て、相手の方にご迷惑をおかけしていました。

まさに人の健康のためにと思った習い事がストレスになり、自分の健康を害しているという状態に。

講習の最後は、初級のコースも中級のコースも含めて、テキストを見ずに1時間かけて相手に施術をするというもの。

この2週間、監督や母親、父親、妹に声をかけまくって、時間をみつけて練習し、今日何とか無事に修了証書をいただくことができました。

190305.jpg今回、私の相手をしてくださった方は、初対面でしたが、褒め上手で「気持ちいい」「すごい上手」とずっと言ってくださっていて、本当に助かりました。

家族からは「痛い」「ほんまに効くんかな」と罵詈雑言のオンパレード。

中でも母親は「痛い、痛い」と叫びまくり、私の足をガンガン蹴ってくるので、そっちの方がよっぽど痛かったです。

とりあえず、何とか形になって良かった。

勝部先生、大変お世話になりました。

相手をしてくださったみなさま、ありがとうございました。

                                                                                                                        

10日にはタロットの今年度最終講座があります。

こちらはトートの集大成で、クロウリーの「トートの書」という超難解なスプレッドをすることになっています。

足圧が終わったので、今日から復習です。

4月から詩吟も再開しようかと思っており、また、飲み会での師範の先生の勢いにおされて、師範代をとる予定です。

大丈夫か、私。

車の中での声出しからしようと思っています...。

                                                                                                                    

カテゴリ

家造りセミナー

こんにちは。

左肩が痛い千です。

今日は午後から家のセミナーでした。

家造りも日々進化しています。

しっかり勉強して、いいものは取り入れていきたいと思います。

カテゴリ

足圧の講習

こんにちは。

今日は半分休みみたいな1日だった千です。

2年前に妊娠して途中やめになっていた足圧の講習を受けています。

今日は午後から受けてきました。

ガマさんも監督も、痛い痛いと言ってなかなかモデルになってくれません。

今日、それを伝えたら、一緒に受けている方も先生も「結構足に力があって、痛いからかなぁ」と言われました。

迷いなく、躊躇なく、ガシガシ踏んでいるそうです。

う~ん、ストレス発散か?

                                                                                                                                          

カテゴリ