現場日記

筋違いと間柱
202008.17

片岡 大です

倉敷市 新築工事 茶屋町 I様邸

KIMG7059fuuiyiy8y98u.png                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        昨年から奈良県にある

「木構造研究所 田原」の

代表・田原先生が主催されておられる

セミナーに月一で参加させて頂いております

少し前の講義で筋違いについて

面白い話を聞いたので

お伝えさせて頂きます

                                                                                                                                                                                                                    筋違いは

                                                    

地震に対して大変重要な部材です

構造計算をしたうえで

建物に対してバランスよく配置するのが

セオリーです^^

建物が揺れると

筋違いには「圧縮」と「引張り」という

2種類の力が加わり

揺れに対抗してくれます^^

圧縮力は筋交いに対して

矢印の方向に作用します

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   Inkedvgkhkhnknljnl_LI.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      極端な圧縮の力が加わると

筋違いは矢印の方向に

反り、最終的にはバキっと折れてしまいますが

                                                                                                                                                                                                                                                                         KIMG7061hvhfygighikh.png                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      筋違いと間柱を

充分な長さの釘で

緊結してやる事で

筋違いの反りが防げ

計算値以上の役割を果たしてくれるという事でした^^

間柱は、建物を構成する

柱や梁、筋違いといった「主要構造部」ではなく

壁の下地など形成する「補助構造部材」に入るので

この話を

聞いた時は

その発想があったのかと

目から鱗状態でした^^

                                                                                                                                                                                                                    色々な気付きと発見がある 

先生の

講義を毎月楽しみにしています^^ 

執筆者:片岡大悟
カテゴリーcategory
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ