現場日記

胴縁と野縁
202103.13

片岡 大です

倉敷市 リフォーム工事 児島通生 S様邸

2421.jpg

昨日からの続きになります

胴縁という材料で組まれた壁下地に

石膏ボードが貼られています^^

石膏ボードは専用のボードビスで固定されます

インパクトドライバーを使って留めていきますが

ボードに対してビスを深く

揉みすぎるとボードを痛めてしまうので

ビスの頭とボードは「ツライチ」か

少しめり込むくらいが理想とされています

建築工事では水平方向に

均等な間隔で取り付けられる

壁下地の事を「胴縁」と呼び

これが

天井下地になった際は「野縁」と呼ばれます

木造の場合は木材を使い

鉄骨造の場合は鋼材を使用しますが

呼び方はどちらも「胴縁」と「野縁」です^^

執筆者:片岡大悟
カテゴリーcategory
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ