現場日記

理にかなった材料
202103.23

片岡 大です

倉敷市 リフォーム工事 児島通生 S様邸

1616493541378 (1).jpg

外壁に焼き板を貼りました。

施工中に追加工事としてご用命を

頂きました。

焼き板とは、文字通り「杉板」の表面を

焼いて炭化させた材料です。

岡山県内では岡山城をはじめ、一般の和風住宅などにも

よく使われています。

日常的によく目にする材料なので、

日本全国に普及しているものかと

思っていましたが、気候風土の関係からか

主に西日本で伝統的に使用されているそうです。

焼き板は

一度表面を焼いて炭にしているので、

火が付きにくくなっています。

また、炭には腐朽菌等が付きにくいので

カビや腐れに対しても

耐久性があります。

焼き板は気候風土に合い

理にかなった古来からある

材料です。

執筆者:片岡大悟
カテゴリーcategory
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ