現場日記

柱状改良
202105.14

片岡 大です

倉敷市 新築工事 茶屋町 ユーリン・ホーム新社屋

KIMG1039 250 300.jpg

昨日から地盤改良工事に着手しております。

地盤改良は場所に応じて適切な工法が

ありますが、今回は柱状改良という方式で

進めております。

柱状改良とは、セメントと水を練り合わせた

柱を地中深くの安定した地盤(支持層)まで

打ち込んで建物を支える工法です。

杭の先端だけでなく、杭全体の摩擦抵抗でも

家を支えてくれます。

写真の機械は一本のドリルで掘削をしながら

セメントを流し込む事が出来る

改良工事専用の重機です。

いよいよ始まりました。

執筆者:片岡大悟
カテゴリーcategory
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ