現場日記

基礎は天端が大事
202106.08

片岡 大です

倉敷市 新築工事 茶屋町 ユーリン・ホーム新社屋

養生期間を経て立ち上がり部分の

型枠を外しました。

型枠に立ち上がりのコンクリートを

流し込み、天端をコテで均したら

レベラーという材料を流し込みます。

レベラーとはセルフレベリング材と

呼ばれるもので、見た目的には水分を

多めにしてサラサラの状態に練った

セメントです。

これを型枠に流し込むと

自ら水平になって固まってくれます。

住宅の基礎は天端の水平が命です。

基礎の時点で水平が正確に出ていないと

後で建具の建付け調整等も難しくなります。

レベラーの登場で、基礎天端の精度は

大幅に向上しました。

執筆者:片岡大悟
カテゴリーcategory
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ