現場日記

隠れてしまうけれど
202107.20

片岡 大です

倉敷市 新築工事 茶屋町

ユーリン・ホーム新社屋

木には「木おもて」と

「木うら」があります。

木材を輪切りにして真上から見た時に

木の樹芯に近い方を「木うら」と呼び

外側に面している方を「木おもて」と言います。

板状に製材された木は、「木おもて」の方に

反る性質があります

モルタルの下地であるラス板を貼る時は

この特性を活かして「木うら」を正面に

向けて、釘で反りを押える様に

留めていきます。

モルタルを塗ったら隠れて見えなくなる所ですが

「割れ」が入りにくい壁を造る為の

重要なポイントです。

今日も暑かったですね。

執筆者:片岡大悟
カテゴリーcategory
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ