社長ブログ

播州赤穂 塩味まんじゅう
201510.23

せかずあわてずコツコツと
絶滅危惧種の家造り。
ユーリン・ホームのガマはガマでも
ワガママのガマです。

昨日姫路でセミナーを受講してきた大悟が
お土産を買って来てくれました。

siomimannjuu.jpg播州赤穂
     塩味まんじゅう

       塩味まんじゅうの由来
潮見堂本店は決して出しゃばる事無く塩味に、さりげなく感じる塩味饅頭、この微妙な風合いこそ和の粋なり

江戸時代より播州赤穂の代名詞とは、「忠臣蔵」。一つ忘れられないのが、古き時代から播州赤穂の街を支えてきた影の功労者とも云える【塩】であり、その歴史は古く江戸時代初期にまでさかのぼり「塩味饅頭」は約三百余年の歴史を誇り、赤穂の塩を使った、まさに潮見堂本店老舗中の老舗銘菓。昔から饅頭は甘いものと、定説があった中〔塩がきいた味〕なんと大胆な製法であろうか、まさにこの塩味饅頭は日本全国を巻き込み、播州赤穂で生ま                                           れべくして生まれた銘菓と言ってもいい生地は寒梅粉と細かく砕いた砂糖、餡は国産小豆を使用し、そこで一番大切なのは【塩】の加減、潮見堂本店は先々代約百年の歴史の中で店主が製法構想を試行錯誤の結果、完成に至り香り豊かな近代的なまんじゅうがうまれ、全国のお客様に愛されるようになりました。                                           店主敬白

                          播州赤穂の銘菓を
                           その名も髙い塩あじの
                           きいた気品のある郷土を
                          代表する銘菓です。 
                          潮見堂本店ならではの
                           風味をお楽しみ下さい。

今まで色々な和菓子屋さんの説明文を
読んで書いてきましたが
このお店ほど言葉遣いのおかしなお菓子屋さんは
なかったように思います。

美味しい饅頭でしたが 私なら 
 『愛されて三百年 甘さ控えめ 塩の味する赤穂のまんじゅう』
ぐらいにしておきますがね。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ