ただの相談役 気まぐれブログ

墓参と『分からない世界』
201903.24

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

bosann20193.jpg今日は24日でしたので
父と祖母の月命日と決めたお墓参りに
奥さんと行ってきました。

春のお彼岸の墓参のために
霊園のお墓の花筒には
色とりどりの花が供えてありました。

先祖に対する日本人の
リスペクトを感じます。

先祖が有って今の自分がある
という当然の感謝です。

私の場合は大工の棟梁であり
工務店の経営者であった祖父が
導いてくれて今日に至ったと思っています。

祖父に恥じるような仕事は厳禁です。
.
今朝も会社の状態を報告して感謝し
今後の守護と指導をお願いしてきました。

墓参後はこれも恒例で
喫茶・バーバリーに顔を出し
モーニングを食べてきました。

今日は日曜日なので
いつも以上にお客さんが多かった。

人が人を呼ぶ所には
良い運気が漂っているものです。

11時になりましたら20190324103944-193c29cc9b808fc62c54008cd7693d62c733b0c0.jpg
奥田電機のマツコサンが
家に来てくださいます。

先般買ったテレビの画面が
変らなくなってしまいました。

午前5時2分にテレビを切って寝室に行き
起きてきてスイッチを入れると
右の写真のような画面が出てきて
リモコンのどこを押しても全く変化せず
凍った様な画面になってしまったのです。

老境が差し込んできている昨今の私には
『分からない世界』が広がってきているようです。

『分からない世界』といいますと
事務の簡素化を測っている
クロネコヤマトの対応もそうです。

昨日 食品を入れた小包を友人に送ろうとして
土曜日でしたので郵便局ではなくて
加須山のクロネコヤマトへ持って行きました。

「メンバー(?)登録されていますか?」と女性受付事務員。

「いいえ}と私。

「今はメンバー(?)でないと受け付けていません

ユーリン・ホームのDMは
クロネコヤマトに依頼していますので
チヒロに電話をしてメンバー(?)かどうかを聞き
「違うが受け付けてくれている」ということで
女性事務員と電話を代わりました。

結局はメンバー(?)であろうがなかろうが受け付けており
配達料金が100円ましになり配達依頼者が画面を操作して
送り状を作成するかどうかの違いでした。

それを「メンバー(?)でないと受け付けない」と
言い切りますかね。

小さな液晶画面に住所氏名を書き入れる送り状に
四苦八苦していると男性事務員が補助をしてくれて
無事作成できましたが
あの女性受付事務員の口のきき方は何なんでしょう。

会社の手続きの簡素化のために
事務処理の仕方が変ったたということと
小包を受け付けないということでは
内容が全く違うでしょう。

あのような対応では
配達の依頼者は減っていくでしょう。

少なくとも私は今後一切
加須山のクロネコヤマトには
小包を持ち込まないと決心しました。

今 奥さんから電話がありました。

「テレビのコンセントを元から抜いて
もう一度差し込んだら直ったよ・・・
今はテレビが賢くなって
最初の入れたことを覚えているんだって・・・
コンセントを抜いて入れたことを
忘れさせた方がいいんだって・・・
分かった???」

分かるか!!!!!

それにしてもマツコサン・・・
日曜日なのにワザワザありがとうございます。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ