社長ブログ

「あげたい」派と「やりたい」派
201906.09

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日は第2土曜日でしたが倉敷南公民館で
佐藤圭一随筆教室がありました。

昨日の参加者は13名で発表者の1人が
総社のサンコー印刷の社長の竹入さんでした。

1級建築士でL&A社長の清水さんと
竹入さんと私の3人は干支が寅です。

竹入さんが昭和49年(1974年)
清水さんが昭和37年(1962年)
私が昭和25年(1950年)の生まれです。

昨日竹入さんが発表された
800字の作品の題名は「ハワイ」。

奥さんへの尽きない愛情と
「いつか」ではなくて
「今」しか考えられない奥さんの心情を
奥さんのハワイ旅行に絡めて
書いておられた秀作でした。

ただ1点
私が気に掛かった個所がありました。

行くからには気持ちよく
行かせてあげたい。

「あげたい」ではなくて
「やりたい」ではないのか。

「ユーミンの名曲『守ってあげたい』
を聞いて育った私には『あげたい』としが
思いつきませんでした」

竹入さんの答えでした。

「いつ頃の歌だった」

「1980年頃ですよ」

正格には1981年6月21日東芝から
リリースされていました。

   You don’t have to worry worry
      守ってあげたい
   あなたを苦しめる全てのことから

   初めて言葉を 交わした日の
     その瞳を 忘れないで
   いいかげんだった 私のこと
     包むように 輝いていた

   遠い夏 息をころし トンボをとった
     もう一度 あんな気持ちで
      夢をつかまえてね

   So、you don’t have to worry worry
      守ってあげたい
    あなたを苦しめる全てのことから
   ’Cause I love you、’Cause I love you、

因みに
『守ってあげたい』の歌がリリースされた年
私は31歳で竹入さんは7歳でした。

昭和37年生まれの清水さんは
19歳で「やりたい」派

19歳になると言語的には
固まっているのでしょう。

それと
どうも清水さんあたりから
肉食男子と草食男子が
別れるのではないでしょうか。

それにしても
ユーミンの歌は
どの歌をとっても
詞も曲も素晴らしい。

とは言え 最近の私は孫と
ムーミンに嵌っています。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ