ただの相談役 気まぐれブログ

浅草新仲見世通り・やげん堀
201910.03

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日
夕食を待ちながらくつろいでいますと
玄関のチャイムが鳴ってタントが吠え
夕食の準備を邪魔された奥さんが
タントを叱りながら玄関先に行きました。

居間に入って来た奥さんは
手に持っている角ばった小袋を
無愛想に渡してきました。

受け取ると風船のように軽かった。

「なんや?」

「開けてみれば…」

「だれからや?」

「送り主を読めば…」

横浜の小林和夫氏からでした。

昨日は絵葉書をくれて
今日は叉何なのかと
首を傾げながら封を開け
オ~ィと台所の奥さんを
大声で呼びました。

「なによ」

「コレ…ステキやがな!!!」

木製の容器に入った粉山椒と七味唐辛子に
詰替え用の粉山椒と七味唐辛子のセット。

小物好きの私の好みにピッタリの艶やかな木製容器。

yagennbori10.jpgやげん堀

今から3百余年前
「寛政二年(1625年)」、
初代からし屋徳右衛門が
江戸両国焼薬研堀において
漢方薬からヒントを得て
七味唐辛子を売り出しました。
その独特の香味とほどよい辛味が
江戸っ子の嗜好に叶い
薬研堀の七味唐辛子として
江戸名物の一つとなり
土地の名がそのまま
唐辛子の代名詞となり
現在に至っております。

       十代目 主人敬白

.
木製容器のお取り扱い
 けやき製の容器で詰替え時の開閉はネジ式です。
 お手入れは水で洗わずに乾拭きでお願いします。

木は良いですねぇ~

温もりがありますねぇ~

小林君…ありがとう。

今日はウナギを買って来て
かば焼きに粉山椒を振り掛けて
舌鼓を打ちたいと思います。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ