社長ブログ

「禅語こよみ」とエッグ・ベーカー
201911.01

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今日から2019年(令和元年)11月です。

karasuzu11.jpg11月の禅語こよみ

柿に烏図
(峨山慈棹自画賛/江戸時代(十八世紀))

鴉 柿を啣えて 師の前に落とす
各 一半を分かつ 甘きこと蜜の如し
       (「祐禅拈柿話」古徳頌)

 ひとつ柿 分けて食らえば 同一味

柿が好きで朝食・夕食で食べ
スーパーへ行くと
必ず籠に一袋入れるが
どちらかというと
買った柿より戴いた柿が良い。

人の手が加わっていなくて
適度な歯ごたえと自然な甘さが
秋を感じさせてくれる。
.
一昨日ビデオで
猫のしっぽ カエルの手
を奥さんと見ていた。

京都大原に住む英国人女性の
ベニシアさんが出雲に行き
布志名焼の湯町窯・窯元の福間秀二を
訪ねるシーンがあった。

出雲の土がイギリスの土に似ているというので
英国人のバーナード・リーチ氏のアドヴァイスを受け
黄釉・飴釉を使用した焼物に仕立てて
布志名焼をイギリスのガレナ焼に似せたという。

eggube-ka-201910.jpg「あっ…これ…ウチにあるよ」

卵を焼く陶器が出て来た時
奥さんが驚いて台所に行き
片手の小鍋を持って帰って来た。

エッグ・ベーカーというらしい。

テレビの中の器より
かなり小ぶりであったが
早速卵を入れて焼いてみた。

.eggube-ka-2019.jpg

.

.

.
.
「これどうしたん?」

「さぁ…前からあったよ」

「和ちゃんが買うたんか?」

「いいや」

「いくつあるんや?」

「これだけ…私もっと欲しいなぁ~」

玉造温泉にでも1泊して
湯町窯を覗いてこようかな。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ