社長ブログ

横浜からの花だより
202004.22

想像と家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

横浜の小林和夫君から
花だよりが届いた。

保土ヶ谷の近所のこども植物園で
散歩がてら映したという。

ミツバツツジ(花後)
三つ葉躑躅 ツツジ科

2020mituba04.jpg

ミツバツツジの
花が終わり、
葉っぱが3枚づつ
立っている姿を見て 
三つ葉の意味が
初めてわかりました。
ちゃんと名前を
付けているのです。

ツルカノコソウ
蔓鹿の子草 スイカズラ科

2020tukukanoko04.jpg

葉が綺麗でいいな
と思った花が
ツルカノコソウだと
分かりました。
花のあと、走出枝をのばして
その先端に新苗をつくります。
走出枝を見て「ツル」で検索し
探しあてました。
「カノコ」は花が
鹿の子模様のようだから。

ハキダメギク
掃溜菊 キク科

2020kidadame04.jpg

気の毒なのが
ハキダメギクです。
東京の世田谷の
はきだめで 初めて
見つかったことにより、
牧野富太郎博士が
命名したとか。
現在は関東地方以西の各地に
広がっているようです。

エイザンスミレ
叡山菫 スミレ科

2020sumire04.jpg

春を告げる野草の
代表であるスミレ
という名前が
どうしてついたか
知っていますか。
牧野富太郎博士によると
横から見た花の形が、
大工が線を引くのに使う
墨入れと似ており
転じてスミレに
なったとか。

2020sumiire04.jpg

もちろん知っている。

写真は大工の棟梁だった
祖父・喜三郎さん愛用の
墨壺だ。

また
日本の植物学の父
牧野富太郎博士は
私の母方の郷土
土佐の生んだ偉人だ。

雑草という草はない
それぞれに名前がある

ある日 昭和天皇に側近が
ここから先は雑草です
と言ったのに対して
牧野博士が天皇に語った言葉。

オオイヌノフグリ
大犬の陰嚢 オオバコ科

2020fuguri04.jpg

野草の名前で強烈なのが、
オオイヌノフグリです。
偶々、テレビでイヌノフグリが
あると知りました。
イヌノフグリは中部地方以西
に広く分布していたが
オオイヌノフグリと
タチイヌノフグリが
日本に入ってきてから
少なくなって
しまったそうです。

ヒレハリソウ
鰭玻璃草 ムラサキ科

2020hirehari-4.jpg

最後に、クレージーキャッツの
「ひれほろひれはり」という
ギャグを覚えていますか。
シャボン玉ホリデーで
谷啓がこのギャグを言って
全員でズッコケるのです。
これに似た音の野草が
ヒレハリソウ(鰭玻璃草)です。
ムラサキ科でヤマルリソウや
ムラサキソウの仲間です。
余白を埋めるために
入れただけで、
野草の名付けとは
関係ありません。

2020koba04.jpg

ひれほろひれはり
では、お元気で。

小林君いつもありがとう。

では、お後が宜しい様で…。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ