社長ブログ

こどもしばい『家なき子』
202103.12

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

引越しの為の片付けをしていると
忘れ果てていた物が
突然目の前に現れてくる。

21kodomokaqmisibai03.jpg

こどもしばい『家なき子』の
紙芝居のセットが出てきた。

エクトル・マロー原作の『家なき子』

フランスの片田舎に住んでいた
レミという少年が
捨子であることを知り
母親を探す旅に出る話だ。

「ちいさかった頃
この子が『読んで』ってせがむし
読んでやると
『つぎはどうなるん?
つぎはどうなるん?』って
泣きながら聞いて来るんが面白うて
よく読んでやったもんや」

幼い頃に読んでもらった記憶はあるが
何度もせがむほど『家なき子』が
好きな話という思いはない。

むしろ『家なき子』には
おどろおどろした暗い話だ
という記憶がある。

私が成人してからも
母はさえずるような天の声で
嬉しそうに楽しそうに
明かるく幼い頃の私との
想い出話を皆に語っていた。

天の声にも変な声もたまにはあるな

福田赳夫氏の気持ちがよく分かる。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ