社長ブログ

ウンベラータの取り木成功
202106.12

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

冬越しが出来たのは良かったが
葉が落ちてしまい
貧相なフィクス・ウンベラータの
鉢植えがあった。

5月12日に
幅1センチ・厚さ1ミリほどで
表皮をクルリと環状に剥いで
ミズゴケを巻いておいた。

取り木のためだった。

ちょうどひと月目の
昨日11日によく見ると
ラップとミズゴケの間を
這うように薄赤い根が
伸びて来ていた。

後はラップを取り去って
ミズゴケの下から切り離し
新しい鉢に植えるだけで
みずみずしい葉の繁った
ウンベラータの鉢物が出来る。

上部を切り取られたウンベラータも
葉が落ちた幹の脇から
新しい芽を出してくれるだろう。

梅雨の蒸し暑い気候も
取り木・挿し木のことを考えると
楽しい季節となるものだ。

早速
フィカス・ウンベラータに似合う鉢を
買ってこなければ‥‥。

一鉢にするか二鉢にするか
思案中である。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ