社長ブログ

ビカクシダの5つの大鉢
202107.07

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

以前から小さな鉢に入れ
全体的に傾いで見えるビカクシダを
物置で見つけた大鉢に
昨日植え替えた。

これで我が家のビカクシダの大鉢は
5つになった。

1つ目の大鉢がそれなのだ。

旧宅の解体の折り
クスノキの枯れた切り株が
掘り起こされた。

天を仰いで分岐した根が
三俣になっていたので
切り取ってミズゴケを詰め
その中にビカクシダを3株
植え込んでおいたものだ。

一番最近に仕立てた大鉢なので
まだ貧弱だ。

2つ目の大鉢は
伸びすぎた柿を切り詰めた時に
面白い枝振りの幹があった。

その先っぽの枝の真ん中に
ビカクシダを着生させたら
次々に柿の幹の周りにも
ビカクシダが芽吹いてきて
大鉢になっていったものだ。

この形になって5~6年になるだろうか。

まだ成長途上だ。

3つ目は大鉢というよりも
備前焼の手水鉢に植え込んだ
ビカクシダだ。

鉢が高価なのだ。

4つ目と5つ目は
株分けをするのを邪魔くさがっていたら
自然に大鉢になってしまった
ビカクシダだ。

以前はこまめに
板に吊るしてみたり
小さな鉢に分けて育てて
貰って頂いたりしていたが
今の老いた自分に
それだけの情熱がない

然(さ)は然(さ)り乍(なが)ら
手元には5つの大鉢以外に
10もの鉢あるのだから
ビカクシダ好きなのは『言うにや及ぶ』

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ