社長ブログ

またまたビカクシダの板付け
202109.21

あなたのための家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今 タントとの
少し早めの散歩から帰ってきた。

一昨日の
シダの置き場の設営と
シダの戸外への搬出で
相当体が痛んでいた。

歩いていると右へ右へと
身体が傾いでいくし
足腰が重くて怠く
すべての関節に鈍痛が走った。

いつもの倍を歩いた気分の
散歩だった。

歳を実感した。


小枝の間に棕櫚皮を敷くと
お椀のような形なる枝に
植えたビカクシダがある。

中央のは成長しているのに
両サイドのビカクシダは
植えた時のままだった。

昨日 取り除いて板付けに
することにした。

下の写真が出来上がりだ。

このようなハンギングが
2個出来上がった。

それぞれ頼りないとはいえ
根を張っていた

その根を痛めないで植え替えた。

成長は早いと思う。

麻紐が腐るころには
薄緑の丸い貯水葉が
紐の上が覆うだろう。

来年の今頃には
しっかりと根付いて
ミズゴケの上に貯水葉が広がり
胞子葉が豊かに伸びた
姿の好い板付けに
なると思う。

昨日のハンギングも併せて
杉皮風板付けの
ビカク三兄弟である。

来年が待ち遠しい。

和室の丸テーブルの
ガラス板の上に
仁丹ほどの大きさの
黒い粒が落ちていた。

沢山のシダを置いていたので
どのシダの物かは分からないが
胞子だと思う。

胞子は板付けで余った
ミズゴケの上に撒いておいた。

「それ‥‥なに?」

「ゴキブリのフンじゃが‥‥
掃除をせんからテーブルの上に
転がっていたんじゃが」

トレーを覗き込んだ奥さんを
えどかしておいた。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ