ただの相談役 気まぐれブログ

ビカクシダ・グランデの板付
202201.27

大切で大事な家の診療所
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

5年ばかり前に
次女がプレゼントをしてくれた
ビカクシダ・グランデがある。

購入してすぐに鉢を替えたら
2年間 全く成長せず
枯れたのかと諦めていた。

去年の春 
急に貯水葉が顔を出し
胞子葉を伸ばし始めた。

しかし 古い貯水葉は
枯れていくだけで
1枚しか出なかった胞子葉も
いつの間にか落ちてしまった。

姿形が整わなかったが
生きていることだけで
満足していた。

ところが昨日 
季節的には最悪なのだが
無性にパーティクル・ボードに
板付をしたくなった。

我慢しきれなくなった。

枯れるのも覚悟で
鉢から抜いて
茶色く枯れた貯水葉を
取り除き板付けを作った。

直後に 1枚だけ残っていた
グリーンの王冠が折れた。

根元はすでに枯れていたのだ。

生長点はしっかりしている。

グランデといいながら王冠を失うと
貧相なものになってしまった。。

2月・3月・4月と
3ヶ月持ってくれれば成功だ。

次女にプレゼントされ
5年も手元に置いて見守ってきた
ビカクシダ・グランデだ。

枯れてもいいと思いつつも
枯らしたくはない。

生きてくれと念じている。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ