ただの相談役 気まぐれブログ

お札の記番号
202203.31

大切で大事な家の診療所
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日の午後3時にコロナの
3回目の接種を受けた。

伊木先生の仰っていたように
3回目は若干痛みが強いようだ。

2回目と違って午前0時現在
左腕の接種点からの
痛みを伴った張りと膨張感が
段々と強まってきている。

昨日は釣り鉢に3種類の
挿し芽の観葉植物を植え替えた。

コマドカズラ。

ポトス。

ポトス・エンジョイ

また
次女が持ってきたハートカズラも
ありあわせの鉢に植え替え
釣れるようにしておいた。

お札には記番号が付いている。

アルファベット1文字か
2文字から始まる頭記号は
から始まりZZで終わる。

その後に6桁の数字の
通し番号が続く。

000001から始まり900000で終わる。

末尾記号はアルファベット1文字で
Aから始まってZで終わる。

お札の記番号
A000001Aが最初で
ZZ900000Zが最後なのだ。

ある占い番組でお札の記番号
通し番号の最後の数字が
末尾記号がZのお札を
財布の中に入れておくと
お金が出て行かないと聞いた。

それからLB211979Zの諭吉さんを
封筒に包んで
1年ばかり財布に入れていた。

昨日その記番号よりも
ZZ900000Zに近いものを見つけた。

PH489389Z記番号だ。

封筒の中の諭吉さんを入れ替えて
財布に収めた。

占いが当たっているかどうかは
実感できないでいる。

但し
封筒の中の諭吉さんが
1年ばかり財布から
出てゆくことは無かった。

少なくとも
LB211979Zの一万円札だけは
いつも財布の中にあった
のは事実だ。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ