ただの相談役 気まぐれブログ

言わぬが花
202204.05

大切で大事な家の診療所
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

三日がかりで
室内のすべての植物を
戸外に出した。

鉢を換えたい植物の
植え替えも始めた。

新事務所の完成祝いに頂いた
ゴムの木2鉢の鉢も交換した。

プラ鉢を一回り大きな
陶器鉢に取り換えたのだ。。

陶器鉢は少々難ありの物を
園芸店の花咲かGGい
格安で譲ってもらったものだが
観葉植物に高級感を与える。

写真右のフランスゴムの木などは
あまり見かけないゴムなのだが
見かけが平凡だから
プラ鉢の時にはただの雑木に見えた。

月下美人は素焼き鉢を
二回り大きなプラ鉢にした。

水遣りの加減を考えたのだ。

今年は幾つの花を
咲かせてくれることだろう。

ハナキリンは2鉢を
ひとつのプランター植えに変えた。

刺のあるハナキリンを生垣のように
育ててみたいという発想からだ。

ある程度の長さに伸びれば
頭を跳ねて同じ高さに
揃えようと考えている。

それぞれのハナキリン
成長の余地がある様に
プランターは大きめにした。

プランターひとつで
赤玉土2袋に
腐葉土2分の1袋と
川砂4分のⅠ袋が
必要だった。

プランターは4個になったので
土代も馬鹿にならないものだ。

土が余ったので
小さな花付きのハナキリン
植え替えておいた。

戸外への鉢出しや
鉢の植替えで
私の背中の中で静電気が走り
少し肩を動かすだけで
ピリピリと痛む。

鉢植えのビカクシダ
ハンギングにしたり
2鉢3鉢をひとつにしたりと
鉢がたくさん余ってしまった。

これからは少しづつ
鉢を洗うという作業に取り掛かる。

土いじりで
まだまだ体が痛みそうだ。

「サロンパスみたいな物は
無いかなぁ~
有ったら肩から背中にかけて
貼ってもらいたいんやけどなぁ~」

「どの場所よ‥‥
はっきり場所を言いね」

はっきり言っている
つもりだったが
奥さん任せでシップを
貼ってもらった。

植物をいじって
生じた痛みだから
『あすこだここだ』と
貼る場所の文句を言って
不貞腐れさすより
言わぬが花だ。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ