ただの相談役 気まぐれブログ

人間の業
202208.23

職人も家を頼みに来る会社
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

チヒロに注文を依頼していた
新書本5冊がとどいた。

『韓国軍はベトナムで何をしたか
(村山康文 著・小学館新書)』

『甲子園と令和の怪物
(柳川悠二 著・小学館新書)』

『秀吉を討て
薩摩・明・家康の密約
(松尾千歳 著・新潮新書)』

『人生はそれでも続く
(読売新聞社会部「あれから」取材班
・新潮新書)』

『人間の業
(百田尚樹 著・新省新書)』

『人間の業』から読み始めた。

『第一章 世に阿保の種は尽きまじ』
の出だしの『ひったくり犯の言い分』
から面白かった。

『立て続けにひったくりに及んだ女が
逮捕されました。(略) 二度あることは
三度あるというとおり今度もまた失敗
した上に「今度こそ」と思って力を
入れすぎたのか、勢い余って自転車ごと
転倒するオマケまでついてしまいました。
なんともどんくさい女で、その場から
そそくさと走り去っていきましたが、
その際の捨て台詞が呆れます。
「傷害で警察に訴えるぞ!」』

吉本新喜劇の世界ですね。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ