ただの相談役 気まぐれブログ

9月の『禅語こよみ』とカメの孵化
202209.01

職人も家を頼みに来る会社
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今日から9月。

9月の『禅語こよみ』。

指月布袋図
(蘇山玄喬自画賛/江戸時代(十九世紀))

心月は弧円にして、光は万象を呑む (盤山宝積語)

  この心 無駄に指さす 布袋かな


今年の7月8日に産み落とされた
ウンキュウガメの卵が
9月9日の孵化予定よりも
1週間以上も早く今日1日に孵化した。

腹には2歳児の小指の先ぐらいの
臍の緒を付け
鼻先には殻を割るための
白くて小さくて固い角を付けていた。

容器を広くするために
100金の虫籠に換え
新しいミズゴケをふっくらと入れた。

3匹を移し替えてやると
すぐにミズゴケの中に潜り込んで
姿を隠した。

自然界では今頃どうしているのだろうか?

子ガメが地上に姿を現すのは
来年の4月の終わりから5月の初めになる。

割れてひしゃげた卵の殻の中で
臍の緒を消化しながら
じっと生き延びてくのだろうか?

我が家の子ガメたちも
時々霧吹きで
籠の中の湿度を保ってやるだけで
臍の緒が無くなるまで
弄らないつもりでいる。

9月早々の奇瑞であった。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ