ただの相談役 気まぐれブログ

私を通り過ぎた女たち
202210.21

1から10まで相談住宅
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

「スズムシ‥‥飼ってみる?」

ほぼひと月前に早島の農協で会った時に
N 村女史に尋ねてみた。

「ウン‥‥飼う飼う‥‥」

「じゃあ~鳴き始めたら持って行きますよ」

そんな約束をしていたスズムシが鳴き始めたので
一昨日早島の家の方にお届けをした。

「どんなです‥‥忙しくされてるの?」

同じサークルで毎月逢っていたのが
サークルが無くなって久しい。

「これでも結構忙しいんよ‥‥
今日もこれから小5と中2のバカ孫たちに
勉強を教えに行くんよ」

「勉強って算数?」

数学ができなかった私は
畏敬の念をいだきながら聞いた。

「ウウン‥‥英数国理社みんな‥‥
脳トレにちょうど好いんよ」

N 村女史は私と同い年で5日年少の生まれだ。

岡山大学を出て付属小学校の教員をしていた。

今の県知事も教え子だったそうな。

お父様は早島の某寺の第18世住職だった。

お兄様がおられ
ご本人は寺を引継ぐつもりがなく
東京物理学校を卒業して
戦時中はロケットを研究されていたと聞いている。

そんなお父様の血を引いて
理数系にも強いN 村女史だった。

「今‥‥どっちに住み?」

「前の展示場‥‥」

「だったらそっちに行けば逢えるんね‥‥」

一昨日の帰り際に言われた。

「お父さん‥‥これN 村さんが持ってこられたから」

チヒロがN 村女史から預かった手提げ袋を
実家に持ってきた。

「家が分からなくて
前を通り過ぎられたらしいですよ」

先日のS 原女史といい
看板を外してからそんな人が多くなった。

特に女性は‥‥。

私を通り過ぎた女たち

また一人増えた。

執筆者:中井勝人
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ