スタッフブログ

大相撲は終わったけれど
202008.04

こんにちは。

暑くてヘトヘトの千です。

今日は朝イチに商工会へ補助金の書類を提出してからは、ほぼ事務仕事でした。

補助金、通りますように。

                                                               仕事とは関係ない話なんですが、先日大相撲が終わり、久しぶりにきちんと相撲を見たなという感想でした。

ガマさんも書いてましたが、番長が朝乃山を応援していたので毎日見てました。

保育園の帰りの車の中から見て、家に着いて見て。

興奮した番長が、紙相撲したり、自分も相撲をとりたいというので相手したりして。

2008041.jpg紙のお相撲さんたちは、本当にもうクタクタなんですけどね。

ブログを振り返ると6月9日にガマさんが作ったと書いていて、そこから毎日毎日、朝と夜、戦わされてきたから当然といえば当然。

それでもいまだに紙相撲をしています。

さらに。

昨日、妹が相撲の絵本を買ってくれて、それにも大興奮。

2008042.jpg昨夜だけで何回読んだか。

どっちが勝つか分かっていても

「どっちがかつかなぁ」と読み始めに言い、「わぁ」と喜んで終わる。

横綱に挑戦する力士は、気分によって名前が変わり「大悟道」だったり「大人山」、あるいは「千尋嶽」。

「大悟道」や「千尋嶽」は普段から呼ばれます。

いずれは「お母さん」て呼ばれなくなる日もくるのかなぁと思っていましたが、こんなに早く「千尋嶽」という四股名で呼ばれるようになるとは。

昨日は絵本の後、お風呂に入るまでひたすら相撲をとり、お風呂から出た後は寝るまでひたすら絵本を読むという夜でした。

お相撲って、子どもの頃、お年寄りの部屋に行くと見るものという印象でしたが、若い人でも好きな人は好きなんですね~。

お相撲の知識ってほとんどないので、これから本を読むなどして増やしたいと思います。

この間も弓取式を見て「これなぁに?」。

力水を見て「なにあげてるの?」。

化粧まわしを見て「なにつけてるの?」

「弓取式」「力水」「化粧まわし」と答えてもそこから「なんの?」「なんで?」と、怒涛の追求が始まるので、しっかり勉強しようと思います。

執筆者:片岡千尋
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ