新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 植物

「茶を濁す」

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

『日本史の中の世界一』を読了しました。

23 日本の「茶道」の世界性』という章に
茶の木は日本に自生していたと書かれていて驚きました。

 これまで日本のお茶といえば、中国からいつ輸入されたか、
ということから話が始まっていた。だが、実を言えば、茶そのものは
日本に自生していたもので、決して輸入されて栽培されたものではない。
このことは江戸時代に来た、ヨーロッパの学者たちがいっており、
ナショナリストたちがいいだしたわけではない。
 ツンベルク=「日本に野生している」(日本紀行)
 ロバート・フォーチュン=「茶は九州各地に限らず、日本中いたる所で
           栽培されじせいしている」(幕末日本探訪記)
 クラスノウ=「茶樹の原産地は、アッサムだけでなく、東部アジアの
      モンスーン地帯の各所に原産しており、その北限は
      日本の南部に及ぶ。四国の山には所々に茶の野生したもの
      がある。しかもその付近には人の住んだ形跡はない」
 谷口熊之助=「ヤマ茶の広範囲の分布と地形、地質などからみて、
       有史以前からわが国に繁茂した固有の植物である」
 柳田國男=「茶樹は関東から九州の端まで山中に入れば何処にも
      生えている。この広大な分布は到底、栂尾や、背振山の
      僅かな親木から出発した気づかいはない」
 平賀源内=「漢土より種子を伝うるの説、大和本草に詳かなり。
      按ずるに、伊予の山中自然のもの多し、最古より
      本邦此の種あれど、人これを知らず、故に漢土より
      伝うと見えたり」

私は「臨済宗妙心寺派」の檀徒で
「京都・栂尾・高山寺」が好きですから
臨済宗の開祖・栄西禅師が
お茶を高山寺から日本に広めたと
信じ込んでいましたので
23章には違和感を持ちました。

ただ
「茶の木」が日本の自生種だと主張することが
ナショナリストになるという書き方は理解できません。

チャノキーWikipedia(ウキペディア)から引用chanoki8.jpg
栽培植物の逸出と日本在来説
 日本では栽培される以外に、、山林で見かけることも多い。
古くから栽培されているため、逸出している例が多く、山里の
人家周辺では、自然林にも多少入り込んでいる例がある。
また、人家が見られないのにチャノキがあった場合、かつて
そこに茶を栽培する集落があった可能性がある。
 九州や四国に、在来の山茶が自生しているという報告がある。
また、日本自生の在来系統を一般的に日本種という言い方をする
説がある。 
 一方、「日本の自生茶とも言われてきたヤマチャについて、(中略)
歴史的にも、植物学的にも、日本に自生茶樹は認められないという
結論に至った」という日本自生の在来種説に否定的な研究がある。

茶樹が在来種なのか帰化植物なのか
「茶の木」の話だけに「茶を濁す」結論でした。

カテゴリ

今年も風蘭(フウラン)が咲きました

家づくり 行こうユーリン 話そう悩み 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

2018fuurann6.jpg
早朝に事務所に行きますと
玄関先が微かに甘やかに
香り立っていました。

風蘭の花の放つ香りでした。

.2018kaorufuu6.jpg

.

.
.

ユースド・ブリックをセメントで貼り合わせて
鉢を作ってから15年は経つでしょうか・・・。

1株を買ってからは20年は経過しています。

風蘭は1年間に出てくる葉っぱが
1本の茎から3枚程度ですから
なかなか成長しない植物です。

この風蘭のブリック鉢を株分けすれば
20個以上の小さな風蘭鉢ができるでしょう。

私は大鉢に仕立てて 毎年毎年
梅雨時期の鬱陶しさを
風蘭の爽やかな花と香りを愛でながら
楽しく打ち払っています。

chikahagaki6.jpg福島県二本松市に住んでいる姪っ子から
福島愛をたっぷり含んだ絵葉書を
もらいました。

昨年の5月に産まれた
姪っ子の赤ちゃん晴人(ハルト)も
元気そうで何よりでした。

近くなら大人(ヒロト)と一緒に
ゴンタができたでしょうに・・・。 

カテゴリ

真っ赤なスモモ

家づくり 行こうユーリン 話そう悩み 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日 居間に居りますと
庭をうろつく次女の姿が
サンルーム越しに見えました。

しばらくするとその次女が
「上の方のを取ったよ」と
金網ザルにいれた
果物を持ってきました。

wagayanosumomo6.jpg李(和名スモモ・英名プラム)でした。

真っ赤な色で ほぼ真ん丸で 
皮が張って 重く 少し香りたっていて
思わず手を伸ばして掴み齧りつきました。

種の辺りには酸味があり
やはり スモモは酢桃。

スモモはバラ科サクラ属
バラ科モモ属のモモとは
スモモもモモもモモのうち』ではなく
早口言葉は間違いでした。

我が家のスモモは
去年 枝を半分払ってから
実成りが倍になりました。

.
.
次女はヒロトを抱き上げてsitababae6.jpg
「お食べ・・・お食べ・・・」と
真っ赤なスモモを口に
含ませようとしていましたが
まだ齧る力はありませんでした。

それでもヒロト 下顎から そっと
白い歯が芽吹き始めました。

李下(りか)に冠(かんむり)を
        正(ただ)さず
瓜田(かでん)に履(くつ)を
        納(い)れず

ヒロトが物心が着く前から
『言葉だけでも教えておかなくては』と
フッと外祖父のことを思い考えました。

鶏口となるも牛後となる勿れ

外祖父に教えられ
意味も分からずに
そらんじていたものです。

ヒロトのことになると
マサトは老生に
なってしまうようです。
moufunohiroto6.jpg

カテゴリ

人形の中沢・赤糸縅大鎧

アナタの隣りの工務店、倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨年末の12月3日に
岡山シンフォニーで開催された
「ギターオーケストラと歌&ダンス」を見に
奥さんと行った帰えりに
岡山駅まで歩いていると
薄暮れの中で
店内から明りの漏れてくる
1軒のお店がありました。

hirotonokabuto4.jpg店内を覗くとお雛人形。

産み月に入ったヒロの
体内の孫が男だと
聞いていましたので
大将人形はあるかなと
店内に足を運びました。

接客をして下さったのが
「人形の中沢」の中澤直人さん

「今の時期はお雛ですので
桃の節句の後に
ご案内を差し上げます」

ご縁をいただいて
3月に買いに再訪し
昨日4月24日(火)に
展示場に搬入して
いただきました。

甲冑作家の
力石 甲人(ちからいし・こうじん)氏の
赤糸縅大鎧(あかいとおどしおおよろい)です。
.
力石甲人の作品の特徴
◎デッサンに基づき、忠実に製作し、芸術性を高めています。
◎忠実な本物志向仕立てです。(飾り鎧甲であっても、本物の防具としての造りです)
◎高度な技術による高級縅(縅とは糸の編み目)です。
◎素材は和紙やプラしチックなどの代用品を使用していません。
◎金物類は全て特殊加工の上24金鍍金してあります。
◎小札板は空気中、水中でも一切の変性を受けない特殊加工技術がされています。
◎全面はもとより、後面、裏面すべての仕事は性格であり、美しく仕上げています。
                (鉢の裏面の刺子や桐の裏張りをみてください)

右の写真の大将人形はwatasinokabuto4.jpg
67年前の私の初節句に
祖父が買って下さったものです。

源義経の胴丸鎧を
写した鎧だと聞いています。

義経は騎馬戦をよく用い
壇ノ浦の戦いの「八艘跳び」のように
行動が活発でしたので
鎧の草摺(くさずり・裾)が
前後左右で八枚に
分かれています。

ちなみに
大鎧の草摺りは前後左右の四枚です。

大悟と千が飾ってくれましたが
茶屋町に来て二度目のことです。

次女のハヤが
実家の整理をしていて
見つけてくれました。

嬉しい節句になりました。

カテゴリ

クンシランとオダマキと

アナタの隣りの工務店、倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

実家の玄関先のクンシランがkunnsirann4.jpg
見事に咲いています。

今は熊本に帰省なさった
N口氏から頂いた花です。

花言葉はN口氏にちなんで
名付けられたようにも思える
『誠実』です。

siroodamaki4.jpg.

.

.

オダマキも花を開き始めました。

オダマキを見つけ
種があると持ち帰り
あちらこちらに
まいているのですが
今年芽を出して咲いた花は
白い八重のオダマキでした。

『あの方が気がかり』

白いオダマキの花言葉ですが
どこでもらった種なのか・・・気がかり。

カテゴリ

ビカクシダ

アナタの隣りの工務店、倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

kannyouwosotonidasu4.jpg桜が散り初めると
何故かムズムズとして
室内の観葉植物を
戸外に出したく
なってしまいます。

出した後で
花冷えの日が
来たりして
室内で何とか
冬越しをしてきた植物を
傷めたことも
何度かありましたが
この気性は直りません。

「待て・・・しばし」のできない
粗忽者なのです。
.
.
上の写真の一番手前の
ビカクシダ(コウモリラン)は
柿の小幹にミズゴケを巻いた上に
シダを着生させたものです。

一株植えたのが6年ぐらい前のことです。kaerunohachitobikakusida4.jpg

その一株から地下茎(根茎)が四方に伸びて
今では柿の幹が見えないほど隙間なく
シダで覆われてしまいました。

昨日戸外に出したついでに
成長が悪くて大きく育ちそうもない場所の
子株を剥がして植え替えてやりました。

これも時期的には1ㇳ月速いのですが
大悟と千にプレゼントされたカエルの鉢が
空いていたものですから
「待て・・・しばし」ができませんでした。

今朝見たら
水を含んだ葉に張りがあり
力強く伸びていましたので
『何とか活着してくれるかな』
という感触です。

ビカクシダは木や岩にくっついて成長する着生植物ですから
花言葉は「信頼」・「助け合い」です。

「魔法」という花言葉もありますが
あちらこちらから葉を出すからでしょうか?

私はビカクシダの自由奔放な姿が好きです。

カテゴリ