新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - その他

難儀な季節

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

最近毎朝 
目覚めから2時間ばかり
鼻水が止まりません。

朝夕と日中の温度差が激しく
華風邪を引いてしまったのか
花粉症が強くくなったのか
いずれにしろ
鬱陶しいことです。

昨日インターネットで
注文していた本が
2冊届きました。

10月になってから
3,000円以下の金額だと
郵送料がかかるように
なったらしいです。

今回はヒロも欲しい本が有り
私の2冊と合わせて
3,200円になったもので
送り料は要らなかったようです。

これからはまとめ買いをするか
近くの書店に注文するか
思案六方です。

『政権奪取・強い野党の作り方
(橋下徹 著・朝日新書)』

『タンゴと日本人(生明俊雄 著・集英社新書)』
【帯】tanngonihonn10.jpg
石原裕次郎も
美空ひばりも
みな「タンゴ」を歌った。
 夜霧よ今夜もありがとう
  みだれ髪
    有楽町で逢いましょう
      別れの一本杉
   上海帰りのリル
     銀座の恋の物語
    与作  柔
       函館の女
  霧子のタンゴ
    夜霧のブルース
 アンコ椿は恋の花
      だんご3兄弟

鼻水ばかりではなくて
涙まで出てきました。

難儀な季節です。

カテゴリ

ミステリーです

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

ある人の住所を調べようと
4~5年前の手紙や葉書の束を手に取って
差出人の名前を繰っていると
ハラハラとメモ紙が落ちてきました。

 ゼイ セイ」 
と書いてあるメモ紙が一枚。

花の色は
  移りにけりな
     いたづらに
 わが身世にふる
     ながめせしまに
と書いてあるメモ紙が一枚。

世の中に
  たえて桜の
     なかりせば
 春のこころは
    のどけからまし
と書いてあるメモ紙が一枚。

ヤキモチは
   遠火で焼けよ
       焼く人の
 胸も焦がさず 
      味わいも良し
と書いてあるメモ紙が一枚。

雨読 是人生 ま
と書いてあるメモ紙が一枚。

忖度 他人の心をおしはかる」
と書いてあるメモ紙が一枚。

何かを決定する時点でも
後から振り返っても
決して論理的とは言えないような
決定をさせてしまう。
日本人を影で
支配している力のことです。
 山本七平 『空気の研究』」
と書いてあるメモ紙が一枚。

合計七枚のメモ紙が出てきました。

いつ書いて
何の為に葉書などの束に
挟んで保存しておいたのか
全く分かりません。

ミステリーです。

カテゴリ

平成30年10月の『禅語こよみ』

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

台風による大風・大雨に2度も見舞われ
心穏やかに過ごす日の無かった9月が終わり
今日から10月(神無月)です。

10月の『禅語こよみ』です。30nennzenngokoyomi10.jpg

夜闌にして飢鼠多く 
      我が藤牀の足を噛む

(石室善玖「竺元和尚の山謠に和す」偈頌)

よるたけなわにしてきそおおく
      わがとうしょうのあしをかむ

愛らしき つぶらなひとみ かがやかせ
              羽かじれども 腹ふくれまい

tennjijoukmisiminami10.jpg




展示場の2階事務所の西の窓から
西南の方向の東陽中のグランドを
写しました。

台風一過の
清々しい秋晴れの空が
広がっていました。

出雲に集まっている神様たちに
「天災は忘れた頃にやってくるように」と
お願いしたいものです。

カテゴリ

躑躅と髑髏

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

【神様の住所(九螺ささら 著・朝日出版社)』の頁を
気楽な気持ちで時々開いています。

今朝この章を読みました。

               41 漢字
 中央分離帯にじっと植わっている躑躅の五十にひとつが髑髏

  躑躅(つつじ)と髑髏(どくろ)は似ている。

  蒲公英(たんぽぽ)と蒲鉾(かまぼこ)も似ている。

  饂飩(うどん)と愚鈍(ぐどん)は兄弟だ。

  匍匐(ほふく)前進は葡萄(ぶどう)に向かって進む。

  鞦韆(しゅうせん)とはブランコのことだが、三橋鷹女の名句、

   鞦韆は漕ぐべし愛は奪うべし
 
 以外での使用例をを見たことがなく、「鞦韆」は一見まるで「靴鞄」である。

  子供の頃、「若干名」を「魚の干物」だと思っていた。

  なぜ大人は干物をそんなに集めようとしているのだろうと、〈若干名募集〉の求人

 広告を見て不思議だった。(後略)

私は幼い頃 ご近所の玄関の標札の上に
「遺族の家」と書いた木札が張ってあるのを見て
我が家がそうでないことをさびしく思いながらも
やはり京都には高貴な家が多いのだと
変に満足していたものでした。

哀しいことに「遺族」と「貴族」の違いが
分からなかったのです。

「扁桃」   = 「アーモンド」
「砂糖天麩羅」= 「ドーナツ」
「香蕉」   = 「バナナ」
「牛酪」   = 「バター」
「乾餅」   = 「ビスケット」
「木精}   = 「メチルアルコール」
「大熊猫」  = 「ジャイアントパンダ」

『神様』の本には
上記のようなことも書いてありました。

  一青窈は「ひととよう」なら、朝日笑を「ごきげんよう」と読んでもいい。

これは感性の違いで
いまだに頭を捻っていますが
軽く読んで 言葉遊びで
面白く頭を使うことのできる本です。

いつも近くに置いてある本です。

カテゴリ

相手の気持ちを見抜く力

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

先日「本屋に行きたい」と
奥さんが言いますので
ツタヤに行ってきました。

aho9.jpg『天災から日本史を読みなおす
   先人に学ぶ防災
(磯田道史 著・中公新書)』

『日本史の論点
邪馬台国から象徴天皇制まで
(中公新書編集部編・中公新書)』

『頭に来てもアホとは戦うな!
人間関係を思い通りにし、
最高のパフォーマンスを実現する方法
(田村耕太郎 著・朝日新聞出版)』
【帯】
怒りこそ最強のパワーに変えろ
●必ず「ダメになる」人には、無駄なプライドがある
●執念を蒸し返して、傷を大きくするな
●臆病なものはなぜ強いのか?
●困っていなくても、困った顔をせよ
●きまずいときこそ、無理にでも離しかけよう
●常に淡々と、楽天的であれ

すぐに読了できる本でした。

共感できる箇所もありました。

(前略)頭のいい人は世の中に掃いて捨てるほどたくさんいるということだ。
頭がいいことはそれなりの価値があるが、絶対的な価値ではない。真の叡智、
他者から抜きん出るための人生最高価値は、単なる頭の回転ではない。
記憶力や発想力だけではないのだ。
 事を成すために、経営者だろうが、学者だろうが、政治家だろうが、
行政官だろうが、必要な能力がある。それは「相手の気持ちを見抜く力」だ。
この能力を持つ人が一番賢い人であり、この力さえあれば、あなたの人生は
「鬼に金棒」である。(後略)

haisidoudou9.jpg昨日 
注文をしていたヒロトの木馬が
送られてきました。

木馬に乗せて
「ヒロト・・・ヒロト・・・」
と呼びかけると
笑顔を向けてくれますが
「ハイシ・・・ドウドウ・・・ハイドウドウ」
と言うほど喜び
はしゃいでは
くれませんでした。

カテゴリ

カラス屋、カラスを食べる 

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム

『カラス屋、カラスを食べる20180922055200-2674aaca7baea9ba6a8c181cc4173cd33055c7c9.jpg
動物行動学者の愛と大ぼうけん
(松原始 著・幻冬舎新書)』

      まえがき
  ~すいません、やや、
看板に偽りがあります~

 最初にまず、お断りしておかなくてはならない。
本書は『カラス屋の大ぼうけん』というタイトルで
企画されていたのだが、最後の最後にタイトルが
変更された。『カラス屋、カラスを食べる』は内容の
一部ではあるが、一冊まるごとカラスを調理して
食っている内容の本ではない。そういう本を
お探しならば、『本当に美味しいカラス料理の本』
(塚原直樹著/SPP出版)あたりが適切であろう。

「まえがき」を読んで
一部ではあっても
カラスを食べる箇所が
有りそうなので
楽しみです。

雑食のカラスだからこそ
ゴミをあさる都会のカラスは
食べて不味く
雑穀や木の実を食べている
田舎のカラスは美味しいと
聞いたことがあります。

著者はその点に
触れておられるのだろうか。

しかし
たいしたものです・・・
カラス屋と言われるような人は
『本当に美味しいカラス料理の本』
というような料理本でも
カラスに纏わる種類の本なら
読んでおられるんですね。

私も買ってみようかな・・・。

カテゴリ