新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - その他

令和

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

新元号が「令和」になりました。

「令」の文字を見たときに
2つの単語を思い浮かべました。

「令子」と「命令」です。

「令子」は幼稚園・小学校・中学校・高校と
同窓だった女の子の名前です。

人形師のお嬢さんで
10年前の同窓会であったときも
清楚なスレンダー美人のままでした。

本当に奇麗であり続ける女性です。

「命令」は「レイはどんな字?」
と聞かれたら「命令の令」と
答えるだろうなと想像して
考え付いた単語です。

「『令和』の『令』は『命令』の『令』で
安倍政権の願望の吐露だ」などと
主張する馬鹿者も出そうだな
と重ねて想像してしまいました。

今後は「レイ子」の「レイ」は
「令和」の「令」だと
説明しやすくなっただけでも
「令子」さんにとっても良かったです。

天皇陛下がお隠れになって
元号が変るより
生前退位で元号が変る方が
新元号を慶び事として迎えられるので
結果的には国民の一体感が
ましたような気がします。

パソコンで「REIWA」を返還させても
まだ「例話」や「零話」などしか出ませんが
「令和」は良い元号ですよ。

カテゴリ

空に三つ廊下

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

春先はいつも天候が不順だとは言いますが
今年ほど朝の散歩時が雨に祟られたことは
最近ではありません。

『やっぱり岡山は晴れの国じゃなぁ~』
と例年ならはありがたく思いながら
散歩をしてきたのですが
今年は3日に一度ぐらいのペースで
雨が降っていたり降って来たりで
散歩を途中止めにして
濡れそぼったタントを連れて
家に帰ってきています。

今朝の天気予報も
夜間には雨が降るかも知れず
雨具の用意をとかなんとか
アナウンサーが言っていました。

空に三つ廊下

照ろうか
降ろうか
雲ろうか

「ろうか」を「廊下」とかけて
いざよう空をそのように言います

カテゴリ

墓参と『分からない世界』

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

bosann20193.jpg今日は24日でしたので
父と祖母の月命日と決めたお墓参りに
奥さんと行ってきました。

春のお彼岸の墓参のために
霊園のお墓の花筒には
色とりどりの花が供えてありました。

先祖に対する日本人の
リスペクトを感じます。

先祖が有って今の自分がある
という当然の感謝です。

私の場合は大工の棟梁であり
工務店の経営者であった祖父が
導いてくれて今日に至ったと思っています。

祖父に恥じるような仕事は厳禁です。
.
今朝も会社の状態を報告して感謝し
今後の守護と指導をお願いしてきました。

墓参後はこれも恒例で
喫茶・バーバリーに顔を出し
モーニングを食べてきました。

今日は日曜日なので
いつも以上にお客さんが多かった。

人が人を呼ぶ所には
良い運気が漂っているものです。

11時になりましたら20190324103944-193c29cc9b808fc62c54008cd7693d62c733b0c0.jpg
奥田電機のマツコサンが
家に来てくださいます。

先般買ったテレビの画面が
変らなくなってしまいました。

午前5時2分にテレビを切って寝室に行き
起きてきてスイッチを入れると
右の写真のような画面が出てきて
リモコンのどこを押しても全く変化せず
凍った様な画面になってしまったのです。

老境が差し込んできている昨今の私には
『分からない世界』が広がってきているようです。

『分からない世界』といいますと
事務の簡素化を測っている
クロネコヤマトの対応もそうです。

昨日 食品を入れた小包を友人に送ろうとして
土曜日でしたので郵便局ではなくて
加須山のクロネコヤマトへ持って行きました。

「メンバー(?)登録されていますか?」と女性受付事務員。

「いいえ}と私。

「今はメンバー(?)でないと受け付けていません

ユーリン・ホームのDMは
クロネコヤマトに依頼していますので
チヒロに電話をしてメンバー(?)かどうかを聞き
「違うが受け付けてくれている」ということで
女性事務員と電話を代わりました。

結局はメンバー(?)であろうがなかろうが受け付けており
配達料金が100円ましになり配達依頼者が画面を操作して
送り状を作成するかどうかの違いでした。

それを「メンバー(?)でないと受け付けない」と
言い切りますかね。

小さな液晶画面に住所氏名を書き入れる送り状に
四苦八苦していると男性事務員が補助をしてくれて
無事作成できましたが
あの女性受付事務員の口のきき方は何なんでしょう。

会社の手続きの簡素化のために
事務処理の仕方が変ったたということと
小包を受け付けないということでは
内容が全く違うでしょう。

あのような対応では
配達の依頼者は減っていくでしょう。

少なくとも私は今後一切
加須山のクロネコヤマトには
小包を持ち込まないと決心しました。

今 奥さんから電話がありました。

「テレビのコンセントを元から抜いて
もう一度差し込んだら直ったよ・・・
今はテレビが賢くなって
最初の入れたことを覚えているんだって・・・
コンセントを抜いて入れたことを
忘れさせた方がいいんだって・・・
分かった???」

分かるか!!!!!

それにしてもマツコサン・・・
日曜日なのにワザワザありがとうございます。

カテゴリ

南部鉄偶

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

SSKクリニックでサライを見て
南部鉄のオイル・ポットを取り寄せたところ
雑誌が自宅に送られてくるようになり
南部鉄偶を目にしたから止まりません。

チヒロに注文してもらったら
昨日送られてきました。

私の好きな安くて小さくて重い鉄偶でした。


南部鉄のオイル・ポットを中央にして
向かって左がビーナス鉄偶で
向かって右が合掌鉄偶です。

doguusetto3.jpgビーナス鉄偶
 長野県茅野市の棚畑遺跡から出土し、
国宝に指定されている土偶、縄文のビーナス
がモチーフになっています。
 妊娠した女性の様子を表わしていて、
安産と子孫繁栄の祈りが込められていると
言われています。

合掌鉄偶
 青森県八戸市の風張遺跡から出土し、
国宝に指定されている土偶、合掌土偶が
モチーフになっています。
 体育座りで胸の前で両手を合わせる
ポーズが特徴です。豊饒や安産を願って
作られたものと考えられています。

.
.
    NANBU TETSUGU
       鉄分補給
溶出する鉄分を利用し、やかんや鍋に入れて
鉄分の補給のほか、貝の砂出し、なす漬けの
色だし、黒豆の色だしなどにお使い頂けます。
安定して直立しますので、置物やオーナメント
としてもお楽しみいただけます。

良い小物の置物が手に入ったと
小者の私が喜んでいます。

昨日hikkosinosakai3.jpg
グローバル・プランニングの行田専務が
イオン倉敷に置いておくユーリン・ホームのチラシを
取りに来られた時に営業の話になりました。

「この『引越のサカイ』のチラシなんだけど
どこの不動産屋に行っても置いてあるんだ・・・
登森千晴(ともりちはる)という女の子が
置かせてもらいに回っているらしいんだ・・・
ユーリン・ホームも毎回の『三ちゃん便り』に
入れているんだけど・・・ヤッパリ『引越のサカイ』で
登森君が売上げナンバーワンらしいよ」

「地道な努力が大切だということでしょうね」

営業の総括をしなければならない行田専務にとって
心を打たれる話だったようです。

ユーリン・ホームも
地道な努力で嘘の無い仕事を重ね
お客さんの信用・信頼を得て行く決意でいます。

カテゴリ

土地を買うなら駅近く

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

zouchikusinnkousha3.jpg出勤途中 左手に 
東陽中学校を見ながら歩いて行き
展示場近くになって振り返ると
増築新校舎の足場を
外し始めていました。

未だにまだ
東洋中学校のある
茶屋町小学区は
人気の学区のようです。

妻をめとらば才長けて
土地を買うなら駅近く
です。
.
・JRなどの鉄道の駅に歩いて行ける平地の土地
・病院や多くの医院のある地区
・スーパーマーケットや市場が近くにある場所

これらの条件の揃った土地が
運転免許返上後の年寄りに
優しい土地になります。

茶屋町はそれらの条件を
満たしていますので
人気が衰えないのでしょう。

倉敷市内で唯一
住民が増えている地区です。

hirototohoikuenn3.jpg孫のヒロトも4月から
創心會の『ぽっ歩保育園』に
通います。

どこへ行っても人見知りせず
ニコニコ笑顔を振りまいていますので
うまく溶け込んでくれるでしょう。

少し癇癪持ちで
思い通りならないと
怒り始めるような性癖が
現われてきました。

うちの奥さんに言わせると
「お爺ちゃんにそっくり・・・」
だそうです。

困ったものです。


gamuchoko3.jpgユーリン・ホームの外壁のサイディングを
貼りに来てくれている職人さんのT田さんが
家族でグアムに遊びに行ってきたからと
お土産をくださったようです。

監督をしている婿の大悟の
人柄を信頼してもらって
自宅のリフォームもさせて
もらってきました。

T田さん・・・いつもありがとう。

カテゴリ

形容詞が多い

アナタの隣りの工務店 倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

『「戦後」 美空ひばりとその時代』
『疵 花形敬とその時代』

この2冊はハードカバーで読んでおり
本棚のどこかに収まっているはずです。

そのハードカバーの著者・本田靖春氏の
文章に対してのアドヴァイス。

お前さんさんの書くものは
平均点以上だ。
ただ形容詞が多い。
まずは名詞と動詞だけで書くことを
心がけてみたらどうか。
心温まる話があったとすれば、
『心温まる』とは書かずに
その事実だけを取り出して書いてみる。
そうすれば、読者もまた
本当に心温まる話だよなと
思ってくれるもんだ

カテゴリ