新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

施工事例 - 二世帯住宅

U・B据え付け

片岡 大です


鶴新田K様邸

KIMG0271 (1).jpg
木工事は入口枠や手摺り壁の笠木等
の取り付けが進んでいますsun











KIMG0270.jpg

U・Bも予定通り搬入され施工が
始まっていますsun

これは朝一の様子です








KIMG0272.jpg
三時頃にもう一度、覗いてみると
殆ど大方組みあがっていましたsun

通常U・B据え付け業者さんは二人一組で
動かれるケースが多いのですがこの職人さんは
一人でされているそうです。

しかしながら施工のスピードはさほど変わらないと
思いますconfident

手慣れたもんでありますsun








明日はインナーガレージ部
シャッターの取り付けですconfident

























カテゴリ

触れ止め

片岡 大です


鶴新田のk様邸

KIMG0266.jpg
二階のフローリングの施工中ですsun










KIMG0269.jpg

小屋束の足元を間柱で連結しています

触れ止めといって梁から上の揺れに
有効ですsun

基準法等では特に入れておく義務は
ありませんが建物全体の強度バランスを
感じて入れてくれたのだと思いますconfident


ありがたやconfident

明日はユニットバスの施工日ですsun
















カテゴリ

アポロⅡ

片岡 大です


鶴新田のk様邸

KIMG0250.jpg
終了まであと少しの屋根工事
sun

あとは棟の押さえをするだけとなりましたがこの光景

屋根の仕上がりと太陽光パネルがツライチで揃い実にすっきりとしていますsun

まだ他社でこの施工をしている所を見た事が有りません

恐らく県内だとウチが一番か
二番だと思われますconfident

よき施工実績を頂きましたsun
ありがとうございますconfident


明後日からはいよいよウレタン吹付です


















カテゴリ

アポロ

片岡 大です


鶴新田K様邸

KIMG0239.jpg
ガルバニウム鋼板横葺き
何故かアポロ葺きと呼ばれていますsun

ハゼという引っ掛けの部分を野地板に
ビス止めし次の材料をそれに引っ掛けて
いきます

従来は吊子という金具を打ち
それにブリキ板を引っ掛けて
いましたが(一文字と呼ばれる葺き方)
それを省略したのがこのアポロ葺きと
思われますsun

和、洋問わず色々なデザインの建物に使用されて
います



10メートルの一枚物
搬入車両が曲がって来れるかと心配でしたが
何とかなりましたconfident





KIMG0238.jpg

棟の部分の収まりを思案するN板金氏sun

まかせて安心と思わせてくれる人で
有りますconfident


屋根の上は心地良い風が吹いておりまするsun






























カテゴリ

太陽光パネル

片岡 大です


鶴新田のK様邸

太陽光パネルの施工作業風景sun

KIMG0229 (1).jpg
従来は出来上がった屋根の上に載せるというのが定番でしたが

今回のはパネルが先行しますsun

専用のルーフィングを敷きアルミ製の
波板、支持金具を設置していきますconfident





KIMG0230.jpg
パネルを設置し終わった所sun

合板の部分はガルバニウム鋼板を葺いて
仕上げます

パネルと屋根がフラットになりシュッとして
見えるのが特徴ですsun





KIMG0231.jpg
この状態で見てもスマートでイケている
屋根だと思いますsun


新しい素材、工法が次々と
開発されます、施工サイドは常に
勉強の連続でありますconfident


まあ、そこが面白みでもあるのですが・・・sun


木工事は現在サッシの取り付け中ですsun


















カテゴリ

金物

片岡 大です



鶴新田のK様邸


今日は生憎の雨模様で太陽光パネルの工事は
安全面、雨漏りの危険性を考慮し明日に延期しましたconfident



KIMG0216.jpg
今回、通し柱には金物工法を
採用しました

建て方作業の効率化と
従来は柱に穴を掘りそこに梁、桁を差し込んで
いましたが金物を使うことでお互いの材料の欠損が最小限になるというのがこれのメリットですthink




KIMG0215.jpg


溝に金物を差し込み
横からピンで固定します








KIMG0227.jpg


ピンを打ち、収まった所

集成材を使用することで梁成をいくらでも
増やすことが出来るので、公共の建物等
で大空間が必要な所ではよく使われています


伝統工法は日本の気候風土や構造的にも
大変、理に適った工法だと身に染みて思いますが
ケースバイケースで新しい物をバランスよく取り入れて
行く事もやはり大事かと思われますconfident

KIMG0226.jpg
大工工事は金物仕舞いが
着々と進行中ですsun


明日は冷えるとの事
皆様も体調管理にはお気を付け下さいconfident









































カテゴリ