新築注文住宅ならユーリンホーム。
住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

ユーリン・ホームNews 3 - よんだ本

エイジハラスメント

こんにちは。

元気な千です。
昨日は、突然筋肉痛なおったと書かれても
意味が分からないだろうなぁと思いながら
事務所をでました。
昨日は、スキマ時間がちょこちょことあったので
本でも読もうかと手にしたら、
仕事終わって一気に読んでしまいました。
150729.jpg
内館牧子さんの
「エイジハラスメント」
今ドラマをしているみたいですね。
本とドラマは内容が違うように
感じましたが。
本の方は
何不自由ない生活を送る
34歳の主婦大沢蜜が
パート先でのオバサン扱いや
夫に若い娘と浮気をされ、
美容整形を決意。
果たして蜜に幸せは取り戻せるのか...、
といった紹介文がついていました。
個人的に先日、
夫の車に女用の日よけ手袋があり、
ハッとしたので(後で義母のだと判明)
同じ年で、夫に浮気される主人公に
親近感がわき、即買。
内容としては、日本の、若い女にしか
価値をおかない文化に対する問題提起が
根っこにある小説で、さすが内館さん
とっても面白い小説でした。
私自身は、早く女を降りたかった人間なので、
おばさんと言われることや、
若い女の子に対する対抗心や嫉妬心なんてのはなく、
すべてに共感した訳じゃないんですが。
小さい頃は憧れた高校球児のお兄さんたちが
いつの間にか年下になり、子供っぽくみえて
自分が年をとったのを実感した、という会話などに
(わかる、わかる)と相槌をうってました。
生物として考えたら
男が若い女を好むのは
理屈としてよく分かる話なので、
エイジハラスメント自体に
そこまで腹は立たないですね。
ただ、家庭が一番という主人公の旦那が
あっさり若い女と浮気し、
短い期間だし、
家庭は捨てる気ないし、
もう済んだこと、なんて考えているのを
読んだときは、勝手に怒り狂ってました。
旦那さんを信じきっているのに
それはないだろう、と。
本を読みながら、
怒って、しんみりして、
忙しい1日でした。

カテゴリ

深淵

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

1-1jimushonohimesuirenn.jpg午前中 千と一緒に
お客さんの
購入希望の土地を
調査に行き
「ろうぎんローンセンター」
「トマトローンセンター」と
借入のことで巡り
「来古本店」で
冷やし中華を食べて
帰社しました。

「来古本店」の冷麺は
倉敷で一番美味しいと
私は思っています。 
                                                           帰社すると事務所の
プラ船の姫スイレンが
咲いて待っていてくれました。

この花は今年初めての開花です。

5月23日(土)に

1-1beddonohonn.jpg
岡山の啓文社で買った
新書本4刷。

「里山資本主義(藻谷浩介 著・
角川ONEテーマ21)」

「「週刊現代」編集長戦記
(元木昌彦 著・イースト新書)」

「英雄とワルの世界史
(祝田秀全 著・青春新書)」

「嫌韓道
(山野車輪 著・ベスト新書)」

「嫌韓道」の最後に
書いてありました。

        

 

          怪物と戦うものは、自らも怪物とならぬように心せよ
         汝が久しく深淵を見入るとき、深淵もまた汝を見入るのである

ニーチェの言葉だそうです。

「嫌韓道」での主張は
韓国との付き合いにおいて
同じ土俵に乗らないこと。

日本ははあくまでも
客観的事実を説明し
嘘をついたり誇張をしたり
希望を事実のように語ったり
感情論に走ったりせずに
歴史を資料により
裏付けのあるストーリーとして
韓国に対峙していくことが
重要だということです。

今現在の韓国の基準まで
日本の考え方や立場を貶めて
日本まで怪物となってしまっては
深淵に見入られることになる。

私は

1-1ieyasu.jpg
三方ヶ原の負け戦ののち
馬で逃げる途中 恐怖で
鞍にクソを漏らした
己の自画像を描かせ
それを生涯の戒めとした
徳川家康のように
どのような過去であれ
正直に見詰め
その中から学ぶものは学び
それを礎石としなければ
将来の発展はないと考えます。

その態度は
個人であっても
国であっても
同じでしょう。

カテゴリ

ガマさんのブログと「岳物語」

こんにちは。


今日は事務仕事メインの千です。

事務所の風車はグルングルン
元気よく回っています。

昨日の夜、午後9時半近く
事務所にいたら妹からラインがきました。

父のブログに私の写真や名前が載っているんだけど...。

そう。

妹はブログに登場するのを
とても嫌がっているのに、
東京のことは、とってもオープンに
さらけ出されていたので、
東京で了解を得てきたのかな?ぐらいに思っていました

が、

またしても、何の了解も得てはなかったようです。

ある意味さすが。




それはさておき

ガマさんがこんな風に
子どものことを勝手にブログに
アップするたびに思い出す本があります。


gakumonogatari.jpg

椎名誠さんの私小説
「岳物語」

いつ読んだのかなぁ。

小学生の高学年か
中学生の頃だったと思いますが、
小説家でもあり冒険家でもある
椎名誠さんのご長男
岳さんのことを書いた本です。

父の散髪を嫌がる話とか
父のそばで息子も工作を
してみる話とか

少年の日常生活を
父親の目から描いているものですが、
強烈に覚えている文章があるのです。


岳は大飯食いで、食ったらすぐに糞をする

だから1日に3回は糞をする


というようなもの。


なぜ私がこの文章を強烈に
覚えているかというと
同じ子どもとして「岳くん、大丈夫かなぁ!?」と
思ったからなのです。

作家である父に、息子は毎食後、糞をするのだ、
と書かれて、恥ずかしくない子どもがいるだろうか、と。


そして、作家の子どもは大変だなぁ、と...


思っていたのが、今やネットで
誰もが自己発信できる時代になり、
ガマさんみたいにオープンな性格の人は
自分に関わる全てのことをアップしていくので
関わっているこちらは、本当に大変です。


考えて載せているらしいですけどね。

知り合いの方から
書かれて困ると言われ、慌てて
消したこともありますけどね。


ガマさんのブログで
オープン過ぎて
こちらがビックリすることが
あるたびに、椎名さんのことを
思い出していたものですから、


新聞下の広告に
椎名誠さんの名前や写真を拝見したときには
ビックリしましたよ。


「孫物語」の書籍発売のお知らせ。


椎名さん、今度は孫のことを書いているんだなぁ、
岳さんはきっとグレもせず立派な大人になったに
違いないなぁと思ったのでありました。



何にせよ
表現の自由と
プライバシーの問題は
なかなか難しいです。


最近は仔猫のミーの
成長記録を書いているようなので、
ミーがゆっくり成長してくれたらなぁと
思っています。






カテゴリ

学年ビリのギャルが...慶応大学に現役合格した話

こんばんは。

人生初のハリを受け
体がポカポカする千です。
体調がとても悪かったので
本を読んで寝ようと思いながら読み始めると...。
一気に読み終えてしまいました。
体調悪いのもすっかり忘れて
没頭しました。
ダウンロード.jpg
面白かった。
後半はポロポロ泣いていました。
普段、本を読まない母が
珍しく買った本。
塾の先生である坪田さんは
主人公の素直さが
合格を引き寄せた、と書いていました。
素直じゃない私、
見習います。
ガマさんはやっぱり
親だから親目線ですね。
私は、合格したときに
それまで仲の悪かったパパと
主人公が抱きしめあったという記述を読み
げろげろ~ と思っていました。
頑張るって、本当に
大変だし、辛いこと多いけど、
気持ちが良いですよね。
本を読んで、同じ気持ちに
ひたるだけじゃなく、
自分もまた体験したいです。

カテゴリ

ビリギャル

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

昨日テレビに坪田信貴さんが出ておられ
「ビリギャル」のお母さんとご本人の
お写真も画面に写っていました。

1-1birigyaru.jpg

 

そうなれば
奥さんから「読まれ・・・」と
渡されていた本
「学年ビリのギャルが
1年で偏差値を40上げて
慶應大学に現役合格した話
(坪田信貴 著・角川文庫)」
を読了しなければ
気が済まなくなって
3時間で読み終わりました。

泣けました。

 

「あの子には、学校しか、寝る場所がないんです」

「お宅の娘さんは相変わらず授業をまったく聞かず、熟睡しています。どうなっているんですか」
「先生、さやかは、本気なんです。どうか許してもらえないでしょうか?」
「お母さん、何を言っているんですか。授業中に起きているのは当たり前のことです」
「先生、ご存じだと思いますが、さやかは今、目標を見つけて、必死なんです」
「ええ、知っていますよ。慶應でしょう〈笑〉。そういうバカげたことをいまだに言い張っていますが、到底、行けるわけがありません」
「ええ、でも、みなさんが絶対に無理だと思っていることを、さやかは成し遂げようとしているんです。ですから、塾でも何時間も勉強し、家でも朝までずっと寝ずに勉強しています。だったら、あの子は、いつ寝ればいいんですか?
 あの子には、学校しか寝る場所がないんです。先生は、さやかを慶應に導こうとしてくださっていない。無理だと言って、笑っておられる。でも、塾の先生は、"行ける"とおっしゃる。だったら、さやかにとって信じるべきは塾の先生じゃないですか。
 学校の授業はさやかには意味がないんです。大学Xへの推薦は要りません。ですので、どうか寝かせておいてください。無茶はわかっていますが、今だけ、あと何日かだけでも、見逃してやっていただけませんか」

抜粋しました。

最後まで子供を信じてやれるのは
親しかいないのかもしれません。

親バカでいいのでしょうね。

是非この本を読んでください。

カテゴリ

神田祭

こんにちは
発泡ウレタン注入断熱だけには拘り
アナタの心に寄り添った家造りをする
倉敷の工務店ユーリン・ホームの
ガマはガマでもワガママのガマです。

5月の神田は「神田祭」でにぎわっていました。

kanndamaturi.jpg神田祭と神田明神を
知るための本

平成27年はご遷座四百年
奉祝大祭の年

天平2年(730)ご創建ののち、
ご遷座400年、
奉祝の年に行われる
見なければ損!
の天下の神田際

この本も
無料で頂きました。

神田明神にも行き
神輿や山車の巡行の
一部を見ることが
出来ました。

kannda1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 


kannda2.jpg        

 

 

 

 

 

 

 

 

kannda3.jpgこれら3枚の写真は
江戸東京博物館の
江戸のジオラメですが
神田祭の雰囲気を
良く表しています。

実際の巡行は
もっともっと
団子状態です。

チンタラ神輿が
進んでいると
いった感じでした。



神田明神は、天平2年、今の大手町・将門塚周辺に創建され、お祀りされました。
    その後、徳川家康公が江戸幕府を開き、江戸城の拡張を始めるにあたり
  まず慶長8年(1603)駿河台の地に仮遷座され、さらに元和2年(1616)4月、
     表鬼門守護の地となる、現在の外神田へ鎮座の地が選ばれました。
これ以降、当社は「江戸総鎮守」として、将軍はじめ江戸の庶民たちが
崇敬する神社となりました。
     当社では平成27年の神田際を、ご遷座400年奉祝大祭として
     行うことといたします。

カテゴリ