新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 2020年5月

母と子の書簡集(一部・二部)

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

応接間の作り付け本棚の
前後二重に納めている
本の中から
ある本を探していたら
大学時代の母と私の
手紙の遣り取りを
父が原稿用紙に書き写し
綴っておいて
母と子の書簡集
と銘打った製本が出てきた。
2020shokaqnn05.jpg

  はじめに
 この母と子の書簡集は、
昭和四十五年から昭和四十九年
二月まで、中大法科遊学中の
息子と母との情感溢れる書簡集
(抜粋)である。
 その数凡そ二百十通、その一通
一通に母の愛情と不安と激励が
込められ、子からは親元を離れて
初めて異郷に暮らす不安と希望
とを綴りながら、適当に遊び
金をねだり、青春の放恣の日々
を書き送ってきた。(後略)

我ながら愛情深く
期待も大きく
育てられてきたと思う。

その分大学卒業後の息子に
両親の落胆も激しいもの
があったことだろう。

孫のヒロトが自分の祖父や
曾祖父母のひととなりを
知る縁(よすが)と
なってくれれば
亡き父も喜んでくれると思う。  

では皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

歴史的仮名遣い

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

受け取っていたのは
5月11日の5時前だったが
気づいたのは3日後。

私の携帯電話が
青くピコピコしていて
『何かな』と開くと
奥さんからメールが
届いていた。
2020keitai05.jpg

(写真は充電中の私の携帯電話)

11日の昼前に
「昼食はどうする?」
と尋ねる電話をしたのだが
繋がらなかった。

その不在通知に対して
用事の内容を
確かめるメールだった。

やうじかな

歴史的仮名遣いだ。
2020yauji05.jpg

こんな天然のところが
和ちゃんの可愛いさだ。

笑みが広がりそうになって
昔のことを思い出した。

ブログに使ったのだと思う。

デズニーランドと書いたのを
山梨の義妹が見つけて
『デズニーはお爺さんの使い方
デズニーではなくディズニーです』
と笑いながら電話で教えてくれた。

デズニーランド
歴史的仮名遣いなのかなぁ~

2020houraisida051.jpg

去年の5月の中旬に
ビカクシダの鉢の
ミズゴケの中から
ひょろりと1本
芽を出していた
シダ(?)らしきもの。

プリンを食べた後の
陶器の瓢箪型の器に
ミズゴケ植えをした。

1年たってひょろりが
ひょろりひょろりと
長くなって渦を巻き
おのれの茎に
絡みつき始めた。


2020sida05.jpg

このシダ(?)は何という名の
シダなのだろう?

葉っぱや茎の形状は
どこかアジアンタム類に
似ているような気がする。

とすると
ホウライシダの仲間なのか?

教えて...横浜の保土ヶ谷で
サンデー毎日の小林君......。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

憤りの日

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日は中国銀行での
中古マンションの決済に
リフォーム会社の者として
買主側の立場で立ち会った。

売主は分譲マンション業者のA社。

A社は分譲マンションの
購入者が手放すときに買い戻して
A社の物件として再販をしている。

昨日は応接室に仲介業者に
A社の社員BとA社指定の
司法書士と買主と私が集った。

まずは司法書士が
マンション譲渡の書類の説明をし
買主が促されて署名押印をした。

後は支払いの段になったが
話が進まない。

A社のBが何も切り出さないのだ。

「買主さんにお引き出し用紙に
仲介料と司法書士の先生の手数料の
金額を記入してもらいましょうか?」

仲介業者が誘い水をむけたが
Bは『まだ書いていないのか』
というふうに眉根に皺をよせた。

業を煮やした仲介業者がBに尋ねた。

「A社さんの残代金は
どこへ振込めばいいんですか?」

Bは驚き
携帯電話で振込先を
誰かに聞いていた。

『へっ‼⁇』とこの時
私のBへの不信感は
決定な不信になった。

購入中古マンションが
ローン控除の対象になるかどうか
弊社もA社も付き合いのあるJIOに
検査をしてもらおうとしたとき
「A社はJIOと付き合いがないから
ダメだ」とBは言い放った。

「JIOは『A社と付き合いがある』
と言っている」と私は主張した。

その後「付き合いがあったから」
とBは許可してきた。

契約前に
司法書士はいつもお願いしている
永田事務所にしたいと言った。

「A社専任の事務所でないとダメだ」
とBは言い張っていた。

契約日には
「どちらの事務所でもよいですよ」
どうされます」
と上司が確認をしてきた。

今更「永田事務所」とも言えず
不承不承Bの言うように認めたが
案の定手数料は高かった。

さらに決済日の昨日のBは
契約時と違う話をしていた。

「マンションの共益費は
どこの銀行から落としますか?」

「トマト銀行から落とすから
共益費用の通帳を作くってくれ」
と契約時にBは買主に
ほゞ強制的に頼んでいた。

「せっかく作ったのだから...」
と買主はトマトから
引き落とすことにしていた。

銀行からの引き落としは
毎月のことであるから
給料振り込みをしている
中国銀行のほうが
買主にとって楽である。

私はあきれ果てて
Bに挨拶をする気もうせて
さっさと中国銀行を後にした。

A社のような
大きな会社だから
「A社にも馬鹿は
いるもんだ」で済み
Bのような社員でも
飼っておけるのだ。

小さな会社だと
Bのような社員がいると
「あの会社は馬鹿だ」と
会社全体の評判を
落としてしまうだろう。

昨日は憤りの日だった。

では皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

観葉植物・クルシア

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

ー昨日
ホームセンターに行った時に
聞いたこともない名前の
観葉植物を見つけた。

ゴムの木に似たような雰囲気も
一見漂わせていた。

光沢のあるフカミドリの
丸みを帯びた葉っぱが
みっしりと茂っている。

しかし ゴムの木のような
樹木らしい硬さが無かった。

クルシアという名前だった。
2020gurusia05.jpg

基本情報
〇学 名:Clusia rosea
〇原産地:西インド諸島
〇科 名:オトギリソウ科
〇属 名:クルシア属

育てる環境や水やり
〇 光 :明るい場所を好む植物
〇温 度:10℃以上の場所が望ましい
〇 水 :土の表面が乾いてから
     たっぷり与えてください

よく観察すると
木というより草っぽくて
初めて見た植物だったので
ついつい買ってしまった。

昨日はそいつを
大きな鉢に植え替えてやった。

どのように成長するのか
興味津々である。
2020barasaita05.jpg

奥さんにRSKバラ園で
プレゼントをした伊豆の踊子
黄色い大きな一輪のバラの花を
咲かせてくれた。

奥さんも写メで映して
知り合いに写真を送っていた。

喜んでくれているようだ。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

規格外の家づくり

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

"新型コロナ"日本の食に異変あり⁉
―NHK・クローズアップ現在―

この番組を見ていて
一番唖然とさせられたのは
真鯛の養殖業者の話だった。

飲食店が休業状態なので
生簀で養殖をしている
真鯛の買い手がない。

買い手がいなくても
殺すわけにはいかないので
餌はやる。

その餌代が月に1,000万円。

餌をやるから
真鯛は大きくなる。

すると大きくなった
真鯛は規格外となり
売り物ではなくなる。

その数が35,000匹。

「このままだと
育てた真鯛を
海に放すしかない」

生産者の悲痛な言葉は
痛々しいが
真鯛の規格外にされる
第一理由が馬鹿馬鹿しい。

真鯛が大きくなると
輸送の箱に入らなくなり
流通に乗せるのに不便だ
からだという。

規格は流通者や販売者が
楽をするだけで
生産者にも消費者にも
役立ってはいない。

家の場合の規格は
流通者や販売者
だけではなく
生産者も楽をするために
あるのだが
消費者の役には
全く立っていない。

―クローズアップ現在―
を見て考えた。

ユーリン・ホームは今まで通り
規格外の家づくりに取り組んでいこう。

そして
建て主の個性が異なるように
一軒一軒異なる家を作っていこう。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

美術展の不都合な真実

想像と家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日注文をしておいた
親書本が4冊届いた。
2020sin4satu05.jpg

『田中角栄と安倍晋三
昭和史でわかる
「劣化ニッポン」の正体
(保坂正康 著・朝日新書)』

『バカの国(百田尚樹 著
・新潮新書)』

『断薬記 私がうつ病の
薬をやめた理由
(上原善広 著・新潮新書)』

『美術展の不都合な真実
(古賀太 著・新潮新書)』
【帯】
◆入場者の多い展覧会トップ10
◆なぜ新聞社が展覧会をやるのか
◆最新フェルメール展の成績
◆個展と「〇〇美術館展」はこう違う
◆〝頂点〟に立つ国立美術館・博物館
◆入場料1700円の予算構造
◆「常設展もご覧いただけます」
◆朝日新聞企画部の名物列伝
◆国立新美術館の時代
◆姿の見えない学芸員
◆近代美術館の登場
◆「画壇」のパワー
◆足を運ぶべき美術館は......

まずは「美術展」から
読んでいくかな?

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ