新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 会社

三ちゃん便りVol.138と女正月

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日の15日に
三ちゃん便りVol.138の
製作・発送が予定通り
無事に終わった。

sannchanndayori138.jpg一言 無常迅速(むじょう じんそく) 人生はあっという間。
                   怠惰に過ごさない。
                   時間は待ってくれませんよ。

今月のトピックス

◎ ガマのひとりごと   ...... M様邸の完成見学会 の話
◎ 大工の大さん     ...... 内装工事の打ち合わせ
◎ 「ワン」「ニャン」「ケロ
  にぎやか動物日記   ...... アンパンマン
◎ 千の夢        ...... 2020年の目標

Vol.138ということは
「三ちゃん便り」の制作・発送を
歳月に置き換えると
会社創設以来11年と6ヶ月も
継続してきたこととなる。
.
これは少しは
自慢しても良い社歴かな
と思っている。

11年6ヶ月も会社が続けられてきたのも
家をお建て頂いた方ばかりではなく
色々の方のご支援があったからだ。

重い「三ちゃん便りVol.138」であった。

昨日の昼はチヒロがかえででうどんを
私と和ちゃんにおごってくれた。

1月15日というと小正月
京都では女正月ともいわれ
女性が家事一切から
解放される日でもある。

昼食は作らなくてもよかったので
夕食はスーパーの総菜で
済ますことにした。

私がカートに入れたカゴに
次々と総菜のパックを
入れていくのを
後ろから見ていた
小母さんがいたらしい。

「あの奥さん...
じっとカゴの中を覗いていたよ」

レジの横で和ちゃんが話しかけてきた

「そりゃぁ~
『あそこのご主人はいつも
スーパーのオカズを
食べさされてるんや』
と同情したはったんやろ」

私は笑いながら答えた。

「大きな声でそんなこと言われな......
ふうが悪い‼‼‼‼‼‼」

和ちゃんは怒って
レジを離れていった。

『怒ることかいなぁ~』

時として私と奥さんの間では
腹の立て方に齟齬が生じる。

カテゴリ

感謝・感謝の一日

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今朝は目が覚めたら2時半。

ベットであわてて飛び起き
宮の上のペットボトルを手に取ると
午後の紅茶。

毎週月曜日は断食日

昨日
奥さんに宣言されたことを思い出し
台所で水を飲んで服を着替え
玄関でそわそわと待つタントを連れて
散歩に行ってきた。

2020sasiire01.jpg昨日といえば
M好邸の見学会は
昨日も大盛況。

人柄の良い人には
良い人柄の人が集うのだろう
来場者のほとんどがM好夫婦の友人知人で
笑顔に満ち溢れた見学会だった。

わざわざ
赤飯と粕汁と筑前煮を来場前に作り
準備してきたコンロで温め直して
お昼を振舞って下さった
M好さんの奥さんの
お友達ご夫婦までいた。

.
東日本大震災の時には
バスで22時間掛けて行き
10日間のボランティア活動を
なさって来たというご夫婦で
今回の震災ではM好さん夫婦も
幾度も励まされたという。

本当に損得なしに
人様に尽くせる方たちなのだ
と心の中で手を合わせながら
お腹一杯食べさせて頂いた。

昨日は2020tekkusutete01.jpg
見学会に顔を覗かせてくれた
有井のH井さんご夫婦から
半月遅れのクリスマスプレゼントを
もらった。

プレゼントが入っていた手提げには
Texteteと名前が記されていた。

テトテテと読むらしい。

手提げを開ける前にうちの奥さんが
このリボン飾りは高いよ
と驚いたように話しており
プレゼントを手渡されるときに
H井さんの奥さんから
リボンのほうが高くて重いくらいの
プレゼントだから2020nakaqmairi01.jpg
と聞かされたことと
符合していて面白かった。

プレゼントは開運のお守りを手にした
カエルの置物だった。

うれしかった。

展示場の玄関の
仲間たちの中に参加させ
早速記念撮影をした。

58歳で建築会社を立ち上げて
優しくて思い遣りの溢れる
多くの人たちと巡り合ってきた。

昨日もそうだった。

H井さんご夫婦・M好さんご夫婦
M好さんご夫婦の友人知人の方たち
改めて感謝・感謝の一日だった。

Texteteには近々奥さんと行く予定だ。

カテゴリ

千客万来の見学会

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日の真備の箭田のM好邸見学会は20200112085734-11284d5e103fbb225be0f47aa498d038fedb97c5.jpg
午前中が新築の家のご近所さんへのお披露目で
午後はM好氏の同窓会の会場になっていた。

建て主のM好氏の人柄なのだろう
来られる人来られる人皆さんが
「ユキちゃん...ユキちゃん...」とM好氏を囲み
家のことより世間話に花を咲かせていた。

「ユキオさんがいるよ」と
ご両親と車で来た女の子が
家の中を覗き込んで
クスッと笑いながら言った時には
「えらい親しげじゃねぇ~?」と
目を見張る思いで
女の子にと問うという訳ではなくて
独り言ちていた。

「孫の同級生でよく遊びに来ていて
昔から可愛がっていたんですわ」

そのようにM好氏に聞いて納得もしたが
それでもどのような事情から
『ユキオさん』の呼称になったのか。

同級生のお父さんなら
『おじさん』なのだが
同級生のお祖父さんなら
『おじいちゃん』で
『おじいちゃん』と呼ぶには
M好氏が若すぎて
『ユキオさん』となったのか。

想像をたくましくした。

と同時に
私と同い年なのに
二十歳そこそこの可愛い女の子に
『ユキオさん』と呼ばれている
M好氏が羨ましくもあった。

今日は建て主の奥さんも会場におられ
友人知人・親戚の方が来られるという。

千客万来
建て主の人柄がよくわかる見学会である。

カテゴリ

夜中で深夜で未明の散歩と真備の箭田の見学会

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

「お父さん...お米を買って」

昨日は奥さんが朝になって言うもので
昼から総社の農マル園芸に行ってきた。

その前に昼食。

昼食は奥さんが好きで
総社の行きがけにあるラーメン店
倉敷平田のずんどう屋にした。

私はずんどう屋高菜が好きなので
「持って帰るから2パック用意しといて」
と前もって女店員に話しておいた。

帰宅してからずんどう屋の領収書を見ると
明太子入り高菜が思っていたより高かった。

20200fukusann01.jpg「和ちゃん...高菜意外と高かったわ」

「なんでお父さんは値段も聞かずに
それもいつも2つ頼むんかなぁ~
黒豆の時もそうだったじゃん」

奥さんが以前のことまで持ち出して
愚痴った。

『おかめ...おかめ...おかめ...』

私は腹の中で呟きながら
饅頭を食べた後のおかめの包装紙を
指ではじいていた。

女性の顔には
般若顔(狐顔)とおかめ顔(狸顔)とがあり
私はおかめ顔のほうが好みだが
時々腹の立つこともある。

2020年1月11日の4:22の月は202001manngetu.jpg
令和2年の最初の満月だ。

満月の時は夜道が本当に明るい。

黒の体毛のタントの姿も
クッキリと見える夜の散歩であった。

夜の分け方は
NHKの調査によると
夜中:午後11時台~午前2時台
深夜:午前0時台~午前2時台
未明:午前2時台~午前4時台
だそうで
天気予報や報道での未明は
午前0時頃~午前3時頃
だそうだ。

いづれにしろ
午前2時に家を出る
私とタントは毎日
夜中で深夜で未明の散歩を
していることになる。

今日1月11日(土)と
明日1月12日(火)は
真備の箭田のM好様邸の
完成見学会だ。

結果報告はまた後日。

カテゴリ

契約直後のお客さんの気持ち

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨夕
鴨鍋をつつきながら焼酎のロックを飲み
すっかり出来上がっている頃に
H井さんの奥さんから電話を頂いた。

「K高さんから電話があって
ユーリンさんと契約をしたって
本当に喜んでおられたよ」

「僕は途中で退席させてもらったけど
ダイゴたちの接客態度が良かったんじゃろうね」

「2人の娘もユーリンさんに行って
安心してくれたって言われてたわよ」

契約直後のお客さんの気持ちなどは
中々知ることのできないことだから
H井さんの電話はありがたかった。

H井さんの引き渡した住いも
寒さ知らずで心地よく快適。

先日遊びに来た同僚が
「すごい...すごい...」と
羨ましがっていたと聞かされて
酔眼をなお一層トロリとさせて
二ヤつきながらうなずいていた。

家を作りながら喜ばれ
陰徳を積んで晩生を送りたい。

今の私の大願である。

カテゴリ

令和2年・新春初契約

アナタの隣りの工務店 
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

2020reiwakeiyaku01.jpgH井さんご夫婦にご紹介を戴いた
K高さんの新築請負契約の締結は
今日1月8日(水)だ。

しかし 新春早々で
仕事始めが6日(月)の会社が多く
年末から見積依頼をしていたものの
一昨日アバウトな見積が
出たばかりだった。

それでも 昨日何とか見積りを集計し
諸経費を含んだ資金計画と共にK高邸に持参し
チヒロが契約内容の説明と確認をして了承を得た。
.
.

昨日中に契約書作成とまでは行かず
今朝 タントとの散歩を済ますと
事務所に来て工事請負書を2部作成した。

令和2年の新春早々の初契約だ。

まだ寿ぎの期間で小正月も来ず
松も取れない間のご契約とは
嬉しいことである。

H井さんのご主人の強力なご推薦も
K高さんご夫婦の気持を
動かしたようであった。

住宅会社には建て主からの紹介は
家の建築中に貰えと言う不文律がある。

建築中だと建て主にも良い家を
建ててもらいたいという願望があり
不満も顕在化していないので
知り合いを紹介しやすい。

家の引渡後だと
住宅会社の接客姿勢や
家そのものへの不平不満が
積もり積もっていて
お客さんの紹介どころでは
なくなるからだ。

その点
ユーリン・ホームは建て主が
家にお住いになってから
建てる方を紹介して下さる。

ありがたいことである。

K高さんの家も
強く推薦して下さったH井さんの
メンツをつぶさないように
キッチリとした施工をし
長期優良住宅に適う
住い心地の良い家にしなければならない
と契約書を作成しながら
自分に気合を入れていた。

カテゴリ