新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - 家族

7月の「禅語こよみ」

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

20207gatu06.jpg
梧桐図
(中林梧竹筆/明治四十一年(1908)
/「寒山詩および梧桐図」二幅の内一)

鳳凰の性 梧桐に非ざれば棲まず
竹実に非ざれば食らわず(鄭玄『毛詩箋』)

 鳳凰の 飛び来たり棲む 梧桐の庭

社長...
やっぱり少し
おかしいですよ
大きな病院で
診察を受けられたら
どうですか?」

事務所の階段を
上がり降りして
息を弾ませ
覚束無い呂律で
何を話しているのか
分かりづらい私に
チヒロが言った。

もう家に帰られたら
どうですか?」

咳き込むと背中全体に
痛みがさざ波のように広がり
飲み込む息が頭の中の映像を
言語にするのを妨げる。

そうさしてもらうわ...
下のモンを家に持って帰るから
あれに〇を付けとけくれ

「モン」は「京漬物」で
「あれ」は「リスト」
が出てこない

ハア~?」

そやから下のモンを......
もうエエは...持って帰るぞ

頭の中に浮かぶ二つの映像が
言葉となって口の端に出てこない。

歳のせいか...熱のせいか...。

何にしても
お寒い7月の
船出である。

2020chiyohiroto06.jpg

紙のお相撲さん作りも
下手は下手なりに
指先の鍛錬のために
孫が私に与えてくれた
良い機会なのかもしれない。

今日作ったのは
千代大人(チヨヒロト)。

全てのお相撲さんの
顔と名前とを
ヒロトは記憶しているという。

孫は「三で神童」のようだ。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

体調不良で孫を考える

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日のブログで
チヒロが私のことを
「お花屋さんに行けるぐらい、
元気」と書いていた。

一昼夜の中で
お昼前後の体温は
35℃ぐらい。

最も私の本来の体温に近い。

「お花屋さんに出かけ
シダ植物に没頭」しなければ
気分が紛れないほどの
鈍痛が続いている。

但し
ある友人には体調を聞かれ
「見舞いに来るほど
重篤ではない」
と返事をしておいた。

それでも見舞いたいと言うなら
お見舞いは軽いものが良い
と念押しもしておいた。

先日は花屋で==を買った。

2020nagi06.jpg

 ー幸せを呼ぶナギ
「海が凪ぐ」とか「苦難を
薙ぎ倒す」などの「なぐ」
という言葉は、この「なぎ」
の木に語源があると言われ
ています。世界遺産熊野の
速玉大社熊野神社のご神木
や伊勢神宮のお参りする道中
の加護を願って、ナギの木の
葉っぱをお守りにしたという。

歳と共に湿気を
無くしていく次女に
幸せを呼べ
と買ってやった。

お祖父ちゃんは
もう...お相撲さんを
作ってくれないの?」

ヒロトがひつっこく
しかも寂しそうに
娘に尋ねて来るという。
2020hirotmine.jpg
そんな様子を聞くと
もったいぶることでもなし
満更でもない気持ちで
早速「大人峰(ヒロトミネ)」
を作った。

昔 我が子のことで
ジョークを言ったものだ。

「子供が生まれたとき...
本当に食べてしまいたいほど
可愛いかったものだ。
あれから15年...
今は思う...
あの時どうして...
実行しておかなかったのか?」

200620.jpg
爺さんの体調不良で気付いたこと。

息子・娘と違い孫の
無条件の可愛さは
孫の記憶に残るか残らぬかの
果敢(はか)無い交わりの中で
爺さんが良い印象だけを
孫に残しておきたいからだ。

長命な爺婆がいて
三世帯・四世帯が
いつも笑顔で集まれるのなら
爺婆は人格者だと思う。

孫の土俵入りの
この写真がある限り
紙のお相撲さんと
縁が切れそうにもない。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

趣味に生きる

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

我が女房殿ながら
偉いものだ
台所の章卓の上に広げられた
ウクレレの教本を見て思う。
2020ukurerekyousitu06.jpg

65才の手習いですか......?

私にはとってもできない。

かんたんウクレレ教室
とは書いてあっても
弦を爪ぶくのは
簡単では無いと考える。

挑戦しようとするだけ
大したものだ。

私はシコシコ
シダ類でも鉢植えにして
日々の成長を
楽しもうと思う。

そのために実家から
事務所に6鉢のシダ植物を
持って来て ラタンの
フラワースタンドに
飾ってみた。
2020sidarui06.jpg

上部右より
○ビカクシダ
○シシバタニワタリ
○アスプレニウム ハリケーン
カブ右より
○プテリス
○アスプレニウム ビクトリア
○プテリマ

アスプレニウムは
タニワタリの仲間。

シダは集めだすと
切が無いくらい
たくさんの種類がある。

今悩んでいるのは
ビカクシダの森の王冠
再度挑戦するかどうかだ。

それはそれとして
奥さんも私も
お互いに干渉せずに
好きな趣味に生き
月に1~2度は夜に
呑みに行けたらよい。

来年は旅行に行くからねぇ~

奥さんが庭の花たちに
水を遣りながらおらんでいた。

馬耳東風。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

ヒロトの心の声

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

何を言ってやんでぇ
何が今更ヒロトだ
何が倅でぇ
俺にゃ
おっ母はいねえんでぇ
おっ母さんは
俺の心の底に居るんだ
上と下との瞼を合せりゃ
逢わねえ昔の
やさしいおっ母の
面影が浮かんでくらぁ
逢いたくなったら
逢いたくなったら
俺ァ瞼をつむるんだ
200620.jpg

一本刀土俵入りをする
ヒロトの心の声だった。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

ウクレレと自遊人

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

うの奥さんが
21日の日曜日から
「ウクレレを習い始める」
と言うので買いに
2人で行ってきた。

いつまで続けるのか
分からないので
1万円以下の
安いウクレレにした。
2020ukurere06.jpg

最近の奥さんは
私の知らない間に
交際の幅を広げている。

「お父さん...誘われたら
旅行に行ってもいいかな?
だって...行きたいところが
たくさんあるんだよねぇ~」

「そりゃあ...行きゃあええが...
問題は誰がお金を出すかじゃが...」

「お父さんじゃが...
私はお金持ちよらんもん」

私は牡蠣のように寡黙になった

高校生の頃使っていた
山貞の『新々英文解釈』の
最初に出てくる例文が
He is an oyster of a man.
(彼は牡蠣のように寡黙な人だ)
だった。

その時のインパクトの強さに
私は未だに黙りこくることを
牡蠣のように寡黙
という言い回しをしてしまう。

それはさておき
最近 自遊人であることを
満喫している私は
奥さんも
自遊人であって欲しい。

交際の輪を広げるのに
反対はしない。

ただし
私のごくわずかな小遣いを
あてにするのは
私の死後にしてもらいたい。

「だって...
お父さんの方が
長生きするかも...
しれないじゃん
私が先に死んだら
どうするの?」

しょせん人生 長半博打ですよ。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

梅雨に入った途端

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

2020madoshashou06.jpg
梅雨に入った途端
午前2時半に目覚める
朝型の生活になったようだ。

タントとの散歩も
ザーザー振りではないが
小雨模様の中なので
汐入川の土手筋を歩き
高橋でUターンをするという
短縮したものになっている。

梅雨は人間には鬱陶しいが
観葉植物には最適の季節だ。

ゴムの木。

葉を1枚だけ残し
枝先を切ったものと
葉を1枚も残さず
枝を切ったもの。
2020gomua106.jpg

最初を
全ての葉を切ると
ゴムの木が
息を出来なくなり
枯れるのではないかと
1枚だけ葉を残した。

すると
葉を残した
ゴムの木は
葉腋から新芽を
伸ばしてきた。

この際
一鉢ぐらい
枯れてもいいわと
葉を残さなかった
ゴムの木は
幹からも
芽吹いてきていた。



2020gomume06.jpg
ゴムの木の
生命力の強さよ。

これからは
勇気をもって
枝も幹も
切りすぼめられる。

あとは
新芽を伸ばしきったたときの
姿の美しさだと考える。

昨日は私用で
午後から奥さんと
倉敷美観地区に
行ってきた。

閑散と一言でいうより
閑であり且つ散でもあった。

土産物屋や
倉敷帆布
備前焼の店は
開店をしていたが
飲食店は軒並み
閉店だった。

店を開け
スタッフや店員を集め
食べ物の用意をして
1組~2組の客を待つより
私でも店を閉じておく。

この状態が
いつまで続くことやら。

昨朝
事務所に来るなり
勝人竜がめげたので
ヒロトが作ってほしいと
言っていましたよ」と
ヒロが話しかけてきた。

何時までもお相撲で遊ぶので
取り上げようとすると
お相撲さんの手を持って
振り回したらもげたらしい。

それが勝人竜だった。

そこで
二代目・勝人龍
千早古(チハヤフル)を
作っておいた。
2020masahaya06.jpg
それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ