新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - その他

腹も身の内

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今朝は幸運だった。

2時半からタントと
いつもの道順で散歩をし
家に戻ってきて
玄関でタントの手足を
濡れタオルで拭っていると
雨が降り出した。

ラッキー」と
思わずタントの顔に
頬ずりをした。

昨日の朝の散歩は
目覚めた時が4時前で
慌ててタントに胴輪を付け
駆け出すように家を出たが
歩いていても変に浮遊感があり
そのうち胸がむかついてきた。

『おかしいな...』と
散歩コースの途中で
引き返した。

昨日の夕方
お父さん...お酒ないよ」と
奥さんが突然言うものだから
ウソじゃろう」と
Y崎さんにいただいた
赤兎馬のビンを傾けると
720ミリリットルが空。

奥さん曰く
一昨日の夕食時
一人で飲み干したという。
2020donndonn03.jpg

どうりで昨日のお昼に
加須山のどんどん亭
奥さんとチヒロと3人で
焼き肉を食べに行った時
食欲がなかったはずだ。

チヒロもあまり食べず
仕方なく一人半を
食べた奥さんが
「今日も晩御飯は作らんぞ」と
威張るものだから
私はまた
茶屋町のマルナカ
おかずを買って
酒の肴にした。

さすがに昨夕に
飲んだ焼酎のロックは
2杯だけだった

腹も身の内...ですよね。

カテゴリ

三月三十日

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

 30日 (月) 9:00~

昨日
ミーティングをするというメモが
デスクの上に置いてあったので
三十日は今日だったよな
と思いながら散歩をしていたら
フランシーヌの場合は...と
ごく自然に口ずさんでいた。

  フランシーヌの場合は
  あまりにもお馬鹿さん
  フランシーヌの場合は
  あまりにもさみしい
  三月三十日の日曜日
  パリの朝に燃えた命ひとつ
  フランシーヌ

  ほんとのことを言ったら
  お利口になれない
  ほんとのことを言ったら
  あまりにもかなしい
  三月三十日の日曜日
  パリの朝に燃えた命ひとつ
  フランシーヌ

  フランシーヌの場合は
  わたしにも分かるわ
  フランシーヌの場合は
  あまりにもさみしい
  三月三十日の日曜日
  パリの朝に燃えた命ひとつ
  フランシーヌ

新谷紀子さんが
焼身自殺をしたフランシーヌを歌い
1969年に大ヒットした反戦歌だった。

1969年というと立命館大学の
高野悦子さんが自殺。

遺稿の『二十歳の原点

読みながら
私も悩み涙した。

私の青春時代の死は
スランシーヌと高野悦子と
大宅歩と樺美智子だった。

大宅歩氏は評論家の
大宅壮一氏のご子息。

麹町中学・日比谷高校と
ラグビーをされていて
脳に障害を受けて
生き急ぐように
三十歳半ばで亡くなった。

遺作の『死と反逆と詩』は
私の青時代のバイブルであった。

樺美智子さんは60年安保の時に
反安保闘争の学生デモで
国会議事堂前で
圧死をされた東大生。

国家権力による虐殺だ
70年安保世代の私たちにとっては
反戦・反国家の象徴だった。

70年安保の時
私は中央大学に在籍していたが
美知子さんの父・俊雄氏が一時期
中大の教授をされていた。

不思議なご縁だと
勝手に思っていた。

青春とは
若芽が芽吹き伸びる
さわやかで明るい時期だ
と想像しがちだが
人生で一番親し気に
死が忍び寄ってくる
暗く陰湿な時期でもある。

死神が京都太秦の広隆寺の
弥勒菩薩半跏思惟像のように
たおやかで甘美に感じられ
いつも身近だったことを思い出す。

三月三十日で思い出した
ことごとである。

カテゴリ

「神は語尾に宿る」

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

我が家のネコのミーが体調不良で
あちこちでゲロをはいて困っている。

「捨てに行くぞ‼‼‼
国によっては
ヘビと一緒に煮込まれて
竜虎料理』にされるぞ」
と憎まれ口を聞きながら
日本も明治の頃は
ネコを食う種族がいたと
吾輩は猫である』に
書いてあったことを
思いだしていた。

 吾輩は猫である。名前はまだない。
 どこで生まれたか頓と見当がつかぬ。
何でも薄暗いじめじめした所で
ニャーニャー泣いていた事だけは
記憶している。吾輩はここで始めて
人間というものを見た。しかも
あとで聞くとそれは書生という
人間中で一番獰悪な種族であったそうだ。
この書生というのは時々我々を捕まえて
煮て食うという話である。

話はそれる。

ここまで『吾輩』を書き
声を出して読んでみると
文章にリズムがあることが
よく分かる。

また話はそれる。

阿川佐和子さんの
強父論』の中に
父が娘に文章指導する箇所が
書かれている。

それからここ。
だった、だった、だった。
だったが三回も続いている。
安機関銃じゃあるまいし
ほお......」
あと、に、に、に、に、
『に』を四回も続けて、
ニイニイゼミじゃない。
こういうところに
神経の届かない文章は
ダメだ
はい......」

センテンスごとに
語尾に変化をもたせること。

同じ語尾を続けないこと。 

文章においては
神は語尾に宿る
そうな。

我が家のネコのゲロから
話が飛んでしまった。   

カテゴリ

明珠在掌(めいしゅたなごころにあり)

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

いつ読んだのか忘れてしまったが
内容は覚えている中國の寓話がある。

居酒屋に毎晩現れ酒を飲み
金を払わずに帰る老人がいた。

店主もそれを咎めない。

ある日その老人が店主に話しかけた。

「長い間お世話になったのう...お礼じゃ」

老人はそう言うと2粒の薬を袋から取り出し
井戸に投げ入れて去っていった。

翌日からその井戸には
酒が湧き出るようになり
味が絶品だと評判になり
居酒屋は大繁盛をした。

歳月が流れた。

居酒屋に老人がひょっこり現れ
店主に尋ねた。

「商売は繁盛しているかのう」

「井戸から湧く酒なので
酒粕が出来ずに不自由しています」

老人がため息をついて井戸に近付くと
2粒の薬が井戸から飛び出してきた。

老人はその薬を袋に納めて
去っていった。

井戸はただの井戸に戻った。

明珠在掌

明珠とは
計り切れないほど価値ある宝。

その宝が手の中にあるのに
まだ分からないのか。

事務所に来て椅子に座ったら
机の上の鏡に眉間に皺を寄せた
うずないい表情の男が映っていた。

何が不満なのだ

自問した。

カテゴリ

男はつらいよ

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今日の深夜の0時過ぎに
喉の渇きで目覚めて台所に行き
ポットの湯をマグカップに注ぎ
居間に入ってテレビを点けると
NHK-プロフェッショナル仕事の流儀
「~コメディアン萩本欽一~」
が始まるところだった。

テレビに見入った。

萩本欽一氏が情熱をもって
無名の芸人や俳優に笑いのツボを教え
時として脱水症状で動けなくなっても
水を飲んだり酸素吸入をして休み休み
老いと闘いながら笑いを追い求める姿を
画面では映し続けていた。

あと8年すれば萩本欽一氏と
同じ78歳になるのだが
その頃の私が彼のように
新しいことを生み出そうと
情熱的になれるものだろうかと
感動しながら思いつつも
何となく役者やコメディアンで
名を成した人の性(さが)を感じていた。

 ボクサーはいいよなァ、
 タオルを投げてくれる人がいるからね。
 役者は自分でタオルを投げなきゃならないから。

渥美清氏の言葉である。

最後の方では
香具師の寅さんが
持っている旅行鞄は
発泡スチロールで
軽くなるように作っていた
と聞いたことがある。

ロケで泊った宿の女将が
差し出す色紙に渥美清氏は
ペンを持とうとしなかった。

癌に冒されて体力と気力が
消尽していたのだという。

引き際を自分で判断をし
わが身にわが手でタオルを投げることの
難しさを教えてくれるエピソードだった。

まさしく「男はつらいよ」なのだ。

カテゴリ

太宰治のある作品

アナタの隣りの工務店
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

出勤前
テレビにマスクの量産を政府が促した
というニュースが流れていた。

ネットオークションでマスクを
出品していた某県議のことが
頭をよぎった。

「悪いことはしていない」

某県議の言である。

確かに罪の有無から言えば無罪である。

.

2020Y03.jpg



昔読んだ太宰治のある作品を思い出した。

うろ覚えだが書いてみる。

酒好きで容貌魁偉なのだが
人の好い貧乏浪人がいた。

その浪人が年の瀬に
小判十枚を手にした。

浪人は浪人仲間六人と
貧乏医者一人を
酒宴に招待して
小判十枚のお披露目もした。

それぞれが小判を手にし一回りして
浪人の手元に戻って来た時には
小判は十枚に一枚足りなかった。

それを客の一人が見とがめた。

「小判が一枚足りませんな」

「酒屋の支払いに一枚使い申した」

浪人がまごつきながら
客たちを気遣かって言い訳したが
客たちは確かに小判は十枚だったと
順番に裸になり己の無実を証明し始めた。

一人医者だけは険しい表情をして
「私の懐には一両ある。
薬代をもらったと
申し開きをするのも女々しい
思いもよらぬ災難と
愚痴をこぼすのも武士の恥辱
ここで命を」と脇差に手を掛けた。

皆が止めに入って右往左往していると
行燈の下に一枚の小判が光っていた。

あゝここに落としていたのかと
皆の騒動が収まった時
奥の間から女房の「あれ~」という声。

膳の底に小判が一枚引っ付いていた。

酒宴が終わり一人一人の客を送り出しながら
浪人は暗闇にそれとなく一枚の小判を
置いておくのを忘れなかった。

貧の意地』という題だったと思う。

某県議の意地汚いことよ。

昨日一昨日の児島下津井での
Y崎様邸の完成見学会は
いつになく来場された方の
滞在時間の長い見学会だった。

ユーリン・ホームで
新築を検討されているお客さんも
2組来て下さり
ありがたいことだと
感謝感謝の見学会であった。

カテゴリ