新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - その他

現況と変革と

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

22日の月曜日以来
午前中は35℃前後
午後からは37℃前後
夜間には37,5℃前後で
体温が循環する日々が
続いている。

午前中は読書で過ごし
午後は誰かを昼食に誘い
花屋に付き合せて
シダ植物を物色し
夕食中は酒も飲まず
ロキソニンを1錠飲むと
寝室に籠もる。

ロキソニンの服用は一日3錠。

ロキソニン1錠では
6時間ぐらいの痛み留め
にしかならず
午前6時の朝食時に1錠服用
午後の昼食時に1錠服用
この1錠で痛みを知らぬまま
夕食まで過ごせるので
午睡時に少しは活発に
動き回ることが出来る。

夕食後も1錠服用するが
深夜になると関節が痛み出し
ここでロキソニンを飲むと
一日に4錠飲むことになる。

一日に4錠はお勧めしない
と五十嵐先生は
おっしゃっていた。

朝食時の服用まで
オキソリンを断とうと
事務所に来て
ブログを書いたり
ユーチューブ見たりしている
今日この頃だ。

如何に痛みを紛らわせるか
日常的思考の中心が
そのことばかりに
なってしまった。
2020morinooukannn06.jpg

昨日は
コウモリラン・グランデ
(森の王冠)を買って来て
グランデの似合いそうな
鉢に植え替えた。

体調不良が続いたとき。

今回のシダ植物のように
一つの物に執着し
没頭したりするとき。

私の今までの人生では
現況への未練と
変革への羨望とが
鬩ぎ合っているときだった。

そして私は常に
変革を選択をしてきた。

社長交代が変革だと
思っていたのだが......。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

紙針ホッチキス・ピーキス

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

紙針ホッチキス P-KISS(ピーキス)
PAPER STAPLE HOTCHKISS
2020kamibarihocchi06.jpg

5月17日のテレビ番組
「所さんのお届けモノです」
で紹介されていたピーキス

翌日すぐにウサギや
買いに行ったのだが
女店員さえ存在を知らず
店頭にはなくて
取り寄せになった。

届いたのは28日だった。

写真の黒枠内に
映っているのが
紙束を留めた紙の針だ。

①異物混入
  紙の針で、しっかりとじる
②分別廃棄

  紙の針だから、そのまま廃棄
③安心安全

  紙の針だから、触れても安心

私がピーキスに飛びついたのは
ホッチキスで留めた書類を渡し
金針で指先を傷つけたお子さんを
知っていたからだ。

それ以来 
ホッチキスで留めたときは
金針を平たく叩き潰す癖が
私についてしまっていた。

先日 チヒロから
どうしてピーキスのことを
ブログに
書かないのですか?
と尋ねられた。

ピーキスを使って
たくさんの書類を
心ゆくまで留めて
私の幼稚な部分が
満足できるまで
ブログに書くのを
止めていたからだ。

昨日 
75部ばかりの書類を
紙針で綴じることができ
やっと
ブログに書く気になった。

何よりも
安全であることが
確認できて安心した。

難点P-KISS専用紙針が
1袋/900本で税込・880円と
高くつくことだ。

では皆さん
Buying from an artisan.
See you later.  

カテゴリ

にわか〈京都人〉宣言

規格外の家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

新書本が3冊届いた。
2020panndemikku06.jpg

『にわか〈京都人〉宣言
 東京者の京都暮らし
(校條剛 著・イースト新書)』

『世界史を変えたパンデミック
(小長谷正明 著・幻冬舎新書)』

『ベストセラー伝説
(本橋信宏 著・新潮新書)』

にわか』の著作者の
校條氏は「めんじょう」と
お読みするのだそうだ。

【帯】
「京都は深く、そして
裏がある。
それが書かれてしまった。
----磯田道史さん 推薦

2020shuga-bainn06.jpg

最近 作った吊り鉢。

パーセノ シッサス
 シュガーバイン

科名:ブドウ科 常緑多年草

    特性
つる性植物でオランダにて
育種選別された品種。性質
は強健で通常の明るい室内
であれば、1年を通じて非常
に育てやすい。比較的耐寒力
もあり、霜のあたらない場所
であれば0℃以上で越冬する。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

美術展の不都合な真実

想像と家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日注文をしておいた
親書本が4冊届いた。
2020sin4satu05.jpg

『田中角栄と安倍晋三
昭和史でわかる
「劣化ニッポン」の正体
(保坂正康 著・朝日新書)』

『バカの国(百田尚樹 著
・新潮新書)』

『断薬記 私がうつ病の
薬をやめた理由
(上原善広 著・新潮新書)』

『美術展の不都合な真実
(古賀太 著・新潮新書)』
【帯】
◆入場者の多い展覧会トップ10
◆なぜ新聞社が展覧会をやるのか
◆最新フェルメール展の成績
◆個展と「〇〇美術館展」はこう違う
◆〝頂点〟に立つ国立美術館・博物館
◆入場料1700円の予算構造
◆「常設展もご覧いただけます」
◆朝日新聞企画部の名物列伝
◆国立新美術館の時代
◆姿の見えない学芸員
◆近代美術館の登場
◆「画壇」のパワー
◆足を運ぶべき美術館は......

まずは「美術展」から
読んでいくかな?

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

卑怯者

想像と家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

今朝1時過ぎに目が覚め
2時にタントと散歩に行き
眠れぬままに本を読み
5時過ぎに読売新聞で
「テハラ」木村さん
自宅に遺書』の記事を見て
朝から嫌な気分になった。
2020twraha05.jpg

11時に奥さんと歯科医院。

その後チヒロも誘って
金福園で昼食をとった。

金福園の向かいの
べトコンラーメンは
新聞記事のように
燃えていた。

昼食後は
余りの眠気で
2時から5時まで
寝室に籠もった。

5時半に目が覚めて
6時過ぎに夕食に
階下に降りていった。

ステーキだった。

好きでもないこともあり
半分も食べられなかった。

そりゃ~あれだけ寝れば
腹も減りませんわなぁ~。

それでも
ピーナッツを当てに
焼酎のロックの4杯目を
飲んでいると
テレビに木村花さんの
ニュースが流れた。

SNSの書き込みに
傷ついて自殺したという。

22才だった。

いたたまれぬ気持ちになり
事務所に来てしまった。

SNSの書き込みって
匿名だろうが...‼‼‼

自分の顔も住所・氏名も
公に出来ない卑怯者の
卑怯な戯言だろうが...‼‼‼

昔 私のブログを読んだ者が
「この社長は右翼だ。
私はこの社長の会社で
家は絶対に建てない」
などと匿名のメールを
送ってきたことがあった。

メールで返事を送った。

「私は自分のすべてを
さらけ出して
ブログを書き
お客さんのための
家を建てている。
それを自分勝手な
思い込みの思想云々で
非難中傷するなら
オマエも自分のことを
名乗ってから
主義主張をしろ」

そのように書いたら
メールは来なくなった。

もちろんメールの主は
自分のことは明かさなかった。

SNSのことは知らない。

しかし匿名で
書き込みをする程度の者は
みんな卑怯者である。

まともに取り合って
悩むことはなかったのに...。

まして自ら命を絶つなんて...。
2020taishou05.jpg

昨日
S原さんご夫婦が
外壁塗装のことで
事務所に相談に来られた。

帰られるときに
同年輩の気安さで
孫に買ってやった
大将人形を披露した。

「隣りの大将人形は
70年前に私の外祖父が
買ってくれたんですよ」

ついでに古い人形の
来歴も説明した。

「ウワァ~すごい...」
と返されて
「ワタシ...
ええとこのボン
に見えるでしょう~」

「見える...見える...」

S原さんの奥さんが
大笑いをしながら
賛同してくれた。

犯罪者でもない限り
過ぎ去ってしまえば
過去などは笑い話なのだ。

お酒を飲んでも寝付けず
テレビでニュースを見て
憤りのまま事務所に来て
ブロブを書いてしまった。

若さゆえの
真剣な思い込み
が悔しい。

では皆さん
Buying from an artisan.
See you later.

カテゴリ

自由と民主主義の国

想像と家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

相変わらず
好きなことをさせてもらっている。

昨日は終日
和ちゃんと行動を共にした。

朝は墓参に行き
バーバリーでモーニングを食べ
昼はRSKバラ園に遊び
園内の松吟庵で蕎麦を啜り
夜は桜ケ丘でお酒を飲んだ。

首都圏や京阪神では
遠慮で
とてもできない
生活であろうが
今のところ
コロナの罹患者が
25名で止まり
死亡者が0名の
岡山という
地方にある安全性を
満喫させて
もらっている。

桜ケ丘は4月7日以来だった。

キープした焼酎・二階堂
店主が忘れずに
出しておいてくれた。

桜ケ丘では
SSK 茶屋町クリニック
五十嵐先生と
偶然お逢いし
〆の寿司では
盛りを一人半
と注文し
異なる種類の
寿司9貫を
食べて
帰ってきた。

日本は
自由と民主主義の国である。

コロナ禍が
終息したとき
世界の国々は
国民を
罪人扱いしなかった国は
日本だけであったことを
改めて
認識するだろう。

日本だけは
国民の移動の自由を
政府による強制力で
抑え付けなかった。

日本と日本の国民は
この事実を誇るべきだと
私は思っている。

新型コロナウイルスによる
世界的な
パンデミックであっても
自分たちを罪人扱いして
拘束し監視しする権力を
国民はいつ
国家に与えたのか。

コロナ禍の終息後
その権力の源泉が
多くの国で問われる
のではないだろうか。

2020watari05.jpg

シダ類の鉢を増やした。

明るい日影が
シダ類の生育には良いので
実が赤く熟し始めた
山桜桃梅(ゆすらうめ)の
木陰に置いてみよう
と考えている。

山桜桃梅は面白い樹木だ。

花は梅
実は枝の無いサクランボ。

実の味は甘さよりも
酸っぱさがまさり
美味くはないが
私は毎日摘まんで
食べている。
2020bibi05.jpg

ホームセンターに行った時
スズムシの卵が売っていた。

ケージに土を入れて湿らせ
卵を撒いておいた。

今年は何故だか
日常生活に変化を
求めてしまう。

20~25℃での室温で
30~50日程度で
孵化します。

袋にはそのように
案内されていたが
はてさて
上手く孵化
してくれるものか。

それでは皆さん
Buying from an artisan.
See you later .

2020suzutama05.jpg

カテゴリ