新築注文住宅ならユーリンホーム。住宅展示場もご用意しております。

ユーリン・ホーム

社長ブログ - その他

不思議すぎる日本語

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

ある月刊誌の書評に
外資系社長が出会った
不思議すぎる日本語
という本が取り上げられていた。

著者はデビット・ベネット
出版社はKADOKAWA

20shohyou11.jpg

外国人にとって
日本語が難解なのは
規則性がないからだ

「酒のみ」は「人」
「湯のみ」は「物」
「茶のみ友達」の「茶のみ」や
「一気のみ」は「行為」

「一階」は「いっかい
「二階」は「にかい
「三階」になると「さんがい
「四階」でまた「よんかい

パン屋のパン
「ジャムパン」は中に「ジャム」
「アンパン」は中に「アン」
「ウグイスパン」は中に「?」

馬券や宝くじ
購入時には「一枚・二枚」
当たり券は「一本・二本」

パンツは
畳まれている時は「一枚・二枚」
穿いている時は「一丁・二丁」

日本の助数詞の多様性はモノや
生物に対する感覚の問題なのでは
ないかと思います。ウサギは生き物
だから一個とは数えない。紙は薄い
から一枚、髪の毛は細長いから一本

興味深い本だったが
多くの本を手放したばかりの今
買ってまで読もうとは考えない。

言葉といえと
私は見かけによらず繊細で
言葉使いが気にかかる。

10歳になる孫娘が
八日」のことを
はちにち」といった時には
「『ようか』だろ」と
さり気無く注意した。

同じ様な間違いを
うちの奥さんがしても
なかなか注意は出来ない。

男と女の力関係は
表面に見えている関係の
逆のことが多い。

男の表面的な強さなど
女のしたたかな弱さより
よほど脆いものなのだ。

「細かい男」

女のその一言が男を殺す。
20takagaki11.jpg
一昨日
次女はT橋君の実家に
お邪魔をしたようで
昨日
2人は事務所に立ち寄り
T橋君から金光の
み加げ饅頭』をもらい
ご両親からは猪肉野菜
お母さんの手作りの
大根漬を頂いた。

私は柿が大好きで
毎朝欠かさずに
奥さんに向いてもらい
朝食時のデザートに
しているのだが
T橋家のご親戚の柿ほど
見事な出来栄えの柿は
めったに見られる物ではなかった。

お母さんの大根漬けも
美味しい物だった。
11gatuyasai.jpg

いただいた猪肉野菜
その日の夕餉に猪鍋となって
奥さんと楽しく突き合った。

T橋のお父さんお母さん
ありがとうございます。

カテゴリ

一掬(いっきく)の涙が宿る

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

20tumiagetahako111.jpg

今日27日(金)の午後に
真備図書館のF井女史が
最後に残っっている
2階の寝室の本を
取りに来るという。

25日(水)の昼からは
2階の本箱の本を
段ボールに詰め込んだ。

寝室と2階ホールに
段ボールを積み上げたが
途中で数えるのが嫌になった。

みんなで60数箱あったと思う。

20tumiagetahako211.jpg1冊1冊確認しながら
段ボールに入れて
いくのではなく
ザッバザッバと
数冊を纏めて横にして
入れていったのだが
たまたまその一番上で
表紙があらわになった本が
読んで感銘を受けたり
何度か読み返したものだった時
『あゝこの本ともお別れなのだ』と
惜別感も一汐だった。

2階の寝室の本は
シリーズで購入したのではなく
書店で気に入り
読みたくなったて買った本が
大半を占めていた。

『本には精神性のある』と
つくづく思い知らされた。

20nokositasinnsho 11.jpg

全ての本を
寄贈すると言っても
新書本の千数十冊は
残しておいた。

今後は新書本に特化して
読書しようと考えている。

新書本は残しておき
リストを作っておかないと
同じ本を買ってしまう
恐れがあるからだ。

20karabako11.jpg
箱詰めが終わって
本箱を寝室の隅に集めた。

寝室は広くなり
ところどころに
綿埃(わたぼこり)が
たゆたっていた。

私が一番最初に買った本は
岩波文庫の『次郎物語(全5巻)』だ。

小学校の6年生だった。

空になった本箱を見て
瞼(まぶた)の辺(あた)りに
一掬の涙が宿るのを覚えた。

20nozakitakahasi11.jpg

昨日は
『ウッデイーワールドのざき』の
M 原氏が社を代表して
祝いを下さった。

次女の友達のT橋君からも
祝いを頂いていた。

カズトに成り代わりまして
ありがとうございます。

また
外構工事を紹介している
川崎さんから
土佐銘酒『司牡丹』を
お土産にもらった。

旅行先でもユーリン・ホームを
思い出していただき
『何かを買ってやろう』
というお気遣いが嬉しい。

川崎さん‥‥ありがとう。

20tukasabotann11.jpg

カテゴリ

よはひかたぶきし身(年を取った者)

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

20oosetumakara11.jpg
一昨日の19日(木)は午後から
真備図書館のF井女史が来て
1階応接間の書棚の本を
全て持って帰った。

空いた書棚を見るのは
やはり辛かった。

しくじったと思ったのは
残そうと考えていた
新書本以前の渡部昇一氏の本
『知的生活の方法』が
見つからなくなって
しまったことだ。

高校生の時に読んだその本で
本は自腹で買うもので
買った本は手元に
置いておかなければいけない
と信仰のように信じた。

大学教授が蔵書を手放し
知性が痩せ細っていった
という挿話に
強く影響を受けたものだ。

『寂しいな~』と思いつつ
一昨日の夜 新潮新書の
人間の器量(福田和也 著)』
を開いた。

 新井白石の自伝、『折りたく柴の紀』
の冒頭、父正済(まさなり)傷寒(チフス)
に罹った時、薬を贖うことを禁じて、
従容と死を迎えようとする場面があります。
(略)正済は、若い頃傾き者のような暮らし
をしたり、(略)かなり客気の強い人で、(略)
その父にして寿命と弁えれば、医師の手を
煩わせずに死んでいこうとする。家族も
また、悲しみつつそれを見守っている。

 年わかき人はいかにもありなむ。
よはひ
かたぶきし身の、いのちの
限りある事をも
しらで、薬のために
いきぐるしきさまして
終わりぬるは
わろし。あひかまえて心せよ。

上記が正済の言葉だ。

若い人ならば仕方がないが
70歳にもなった今の私の心境を
代弁してくれる正済の言葉だった。

生きる為に見苦しい様子を
見せたくないと思っている私が
何をいまさら本の1冊や2冊の
『見付からざるを悔いんや』
の境地に少しは近づけた読書だった。

カテゴリ

新聞記事2点

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

20toa11.jpg
2020年11月15日 日曜日
山陽新聞朝刊のスポーツ欄を
チヒロがコピーしてくれた。

 玉島 3年連続花園へ
堅い防御さえ渡り終始先行

 生命線の堅い防御がさえ渡った。
出足の早いタックルから攻撃に転じ、
終始先行した玉島が創志学園に快勝。
年初の全国高校選抜県予選、秋の
県高校選手権で連敗を喫したライバル
に雪辱し「ボールを動かされる前に
つぶしてくれた」。内容の伴う3連覇
に松本監督は手放しでフィフティーン
をたたえた。(略)    (松原悠)

その15人のナンバー5(ロック)の位置に
M原のトア君の名前があった。

20daigousirosugata11.jpg

婿のダイゴが木材新聞を手渡してきた。

桧ムク梁床組み公開実験
 4㍍中目活用し梁2本継に
   岡山の木構造勉強会が主催

 岡山県や周辺の建築士、工務店、
木材業者の有志が木造の構造知識の
向上のために始めた「岡山の木構造
勉強会」は1日、木造床組みの載荷
する公開実験を行った。同会セミナー
の一環で、桧ムク梁材と合板で構成
する床組みに荷重を載せてたわみを
測定した。実験は共催者に岡山県
建築士会(洗井健一会長)が名を連ね、
洗井会長が社長を務める洗井建設の
駐車場を会場に行われた。


私の知らないところで婿のダイゴが
色々と参加をして学んでいるのだと
感心するとともに安心もした。

新聞の写真の中央の後ろ姿が
ダイゴだという。

11月18日の午後6時からの
NHK の「もぎたて」で5分程度
放映される予定だそうだ。

ダイゴに運があれば
テレビにも姿が映るようだ。

私は番組予約をしますが
皆さんも時間があれば
もぎたて」を
見てやってください。

カテゴリ

恐ろしい実態

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

昨日は10月の墓参に行ってきた。

20bosann10.jpg
墓参の後はいつも通り
バーバリー』でモーニング。

そこで恐ろしい実態を見た。

バーバリー』の
小さな4人掛けのテーブルの中央には
これもまた
小さな透明のアクリル板が立ててあり
一応
向かいあう者の鼻から下を
防御していた。

コロナ対策だ。

私と奥さんが座った席から
離れること4メートル。

私から望める右斜め奥側の席には
女性二人が男性一人と相対して
賑やかに世間話に花を咲かせていた。

三人ともマスクはつけていなかった。

食器類は空で
食事はすでに終わったようだったが
特に女性二人の声が大きいので
聞くともなしに耳は会話を追い
時々
私は目線をおこして三人の方を見た。

すると突然
フロアー側の女性が手を伸ばし
甲でアクリル板の水滴を拭った。

アクリル板は三人の熱弁で
濡れそぼっていたのだった。

私の全身に寒いぼが出た。

コロナ対策のアクリル板が無ければ
喫茶店での楽しい会話で
おぞましくも不潔な飛沫が
三人の全身に降り注いでいる実態を
知るすべもなかっただろう。

20kamonn10.jpg
昨日
墓地で見た家紋は『丸に抱き茗荷(みょうが)』

仏教の逸話では
釈迦の弟子の週梨槃特(しゅりはんとく)は
物忘れがひどくて忘備のために
自分の名札を首にかけていた。

彼の死後
名を荷(にな)って生きてきた
彼の墓に生えた草を人々は
彼に因んで『茗荷』と名付けた。

茗荷』紋は『冥加』に相通ずる
めでたい家紋だとされている。

カテゴリ

太宰治の『満願』

オンリーワンの家づくり
倉敷茶屋町ユーリン・ホーム。

20ainouraomote10.jpg

中学生までに
読んでおきたい哲学』の
巻1『愛のうらおもて』は
19人の著者の
短編や随筆で
半日で読了した。

太宰治の文章が
一番馴染みがあり
スケッチ風の小説も
読みやすかった。

満願』は主人公が
親しくなった
医者の家での見聞を
描いたものだ。

20manngann10.jpg

 お医者の家では、
(略)その時刻に、
薬を取りに来る
若い女のひとがあった。
簡単服に下駄をはき、
清潔な感じのひとで、
よくお医者と診察室で
笑いあっていて、
ときたまお医者が、
玄関までそのひとを見送り
「奥さま、もう少しの
ご辛抱ですよ」と
大声で叱咤することがある。
 お医者の奥さんが、
あるとき私に、
そのわけを語って聞かせた。
小学校の先生
の奥さまで、
先生は、
三年前に肺をわるくし、
このごろずんずんよくなった。
(略)
 八月のおわり、
私は美しいものを見た。
朝、お医者の家の縁側で
新聞を読んでいると、
私の傍に横坐りに
座っていた奥さんが、
「ああ、うれしそうね。」
と小声でそっと囁いた。
 ふと顔をあげると、
すぐ眼の前の小道を、
簡単服を着た清潔な姿が、
さっさっと飛ぶようにして
歩いていった。
白いパラソルを
くるくるっとまわした。

やはり私は
太宰の文章が好きだ。

女性を心を描かせれば
ピカ一のうまさだと思う。

しかし 私なら
中学3年生にならないと
この『満願』を読んでも
『簡単服の奥さま』の
辛抱強さや苦しさ
切なさや恥ずかしさ
白いパラソルを
くるくるっとまわす喜びは
分からなかっただろう。

中学生までに読んでおいても
分かるかなぁ~。

カテゴリ