現場日記

水中養生
202106.02

片岡 大です

倉敷市 新築工事 茶屋町 ユーリン・ホーム新社屋

今日は土間コンクリートを打設しました。

写真は打設した土間コンクリートの上に

まんべんなく水を浸しています。

何故、わざわざ水をかけるのでしょうか?

コンクリートの材料であるセメントは

水と混ぜ合わせられると、自ら熱を

発生して固まっていきます。

コンクリートは時間をかけてゆっくりと

固まった方が強度が出るので

あえて水をかけて硬化する

時間を遅らせています。

(気温の高い時期に急速に固まると

表面にヒビ等が入りやすくなります)

水をかけてコンクリートを保護する

やり方を「水中養生」といいます。

執筆者:片岡大悟
カテゴリーcategory
アーカイブarchive

お問い合わせ

土地探し相談も受付中!

電話でお問い合わせ

086-429-1255

受付時間 9:00~18:00

WEBでお問い合わせ

来場予約 資料請求・お問い合わせ
来場予約
資料請求・お問い合わせ